【ランニングビギナーのための お助けQ&A】低糖質食ダイエットをしています。ランニングを続けるうえで問題はありますか?

Question

低糖質食ダイエットをしています。ランニングを続けるうえで問題はありますか?

Answer

糖質は、走るためのエネルギー源となるものです。たとえば、フルマラソンの後半で脚が動かなくなったりする原因のひとつが、糖質不足によるエネルギー切れです。また、トレーニングで消耗したグリコーゲンを回復させるためにも、糖質は必要不可欠。したがって、糖質の摂取を極端に減らすことは、ランナーにはおすすめできません。

ただし、糖質を摂りすぎるのも問題です。レース前にグリコーゲンローディングを行ったところ、体重が増えてしまったという話もよく聞きます。エネルギー不足は問題ですが、摂取した糖質をグリコーゲンとして体内に蓄えられる量には限りがありますので、1日におにぎりを5個~6個も食べるような方法は、市民ランナーレベルの場合には過剰となります。レースの2日~3日前のみ、主食の量を心もち増やすくらいが適切でしょう。たとえば、普段はご飯を茶碗1膳のところ、1膳半に増やすくらいのイメージです。

しっかり食べてしっかり運動するのが基本!エネルギー不足では、疲れも回復しません。

profile

頼れるお悩みバスター!!内山雅博先生

「ビギナーランニング教室」の講師も務める内山先生がランナーの悩みにズバリ答える。ビギナーからベテランまで幅広くランナーのレベルアップをサポート。

他のQ&Aを見る

SHARE

PROFILE

FUNQ

FUNQ

趣味の専門誌を届けてきた私たちが世界中の人に向けて、趣味の世界への入り口をつくりました。彩りに満ちた人生の新たな1ページが、ここから始まります。

RUNNING style TOPへ

No more pages to load