足裏ツボ押しケアで、不調をスッキリ改善!

「第二の心臓」、足裏を押して体調を整えよう

どの病院を受診しても、痛みがとれない、不調が続く……。そんな悩みを抱える人に試してほしいのが、東洋医学。とくにおすすめしたいのは、足裏のツボへの刺激だ。

体の土台である足裏は、東洋医学でも「第二の心臓」と呼ばれるほど重要な部位とされている。そのため、足裏には数え切れないほどのツボがある。

足裏のツボの特長は、一つのツボを刺激するだけで、自律神経や内臓の調子を整えたりと、さまざまな健康効果が期待できる点。また、ツボを押すことで、自然治癒も促せる。注意してほしいのは、痛みが強いとき。そんなときは、市販の灸をすえよう。

押さえておくべき、足裏のツボ

ここで紹介するツボは、体のさまざまな不調をスッキリ改善できるものばかり。「ちょっと疲れたな」と、感じたときにも効果的だ。足裏ツボ押しを一度試してみよう!

(1)冷えを改善し、自律神経を整える
大衝(たいしょう)

足の甲側足の第一趾から延びる骨と第二趾から延びる骨との合流点にあるツボ。肝臓に関わるツボといわれていて、肝疲労による体調不良や二日酔いに効果がある。冷え改善、自律神経の整え効果がある。

(2)捻挫の痛み緩和、早期回復に!
臨泣(りんきゅう)

足の甲側で、第四趾から伸びる骨と第五趾から伸びる骨が合流するところにあるツボ。足の捻挫の症状緩和のほか、月経痛、月経不順、子宮疾患などの婦人科疾患の改善にも効果を発揮する。めまいや、偏頭痛の改善にも。

(3)疲れで弱った胃腸のケアにも
公孫(こうそん)

土踏まずのアーチの中央付近にあるツボ。足裏の痛みの緩和のほかに、消化器に深く関わるツボで、弱った消化器機能を回復させる効果をもつといわれている。消化不良、食欲不振、軟便などに悩む人にもおすすめ。

(4)肩こり、腰痛……。痛み改善の特効ツボ
京骨(けいこつ)

足の甲のヘリの部分、第五趾の付け根とカカトのちょうど真ん中あたりにあるツボ。上半身の症状改善にも効果があるといわれ。とくに肩こり、腰痛に効果を発揮する。鼻づまりの緩和やめまいの改善も期待できる。

(5)足首の痛み緩和。頻尿も改善できる
太谿(たいけい)

内くるぶしとアキレス腱の間にあるくぼみに位置するツボ。腎機能に深く関わるといわれていて、排尿機能の調整効果もあるため、体外の老廃物の排泄を促進したい人におすすめ。トレイが近いという悩みを抱えている人にも!

(6)むくみを改善し、筋疲労の回復促進
崑崙(こんろん)

外くるぶしとアキレス腱の間のくぼみにあるツボ。脚の血行をよくすることで、脚の筋疲労回復やむくみを改善にも効果あり。美脚効果の高いツボとしても知られている。首のコリの改善にも!

(7)足底腱膜炎の特効ツボ筋疲労の回復にも!
水泉(すいせん)

内くるぶしとカカトの中間あたりにあるツボ。腎機能を整え、むくみの改善に役立つ。脚にたまった老廃物の排出も促すので、筋疲労の回復にも効果的だ。さらに胃腸の調子を整える効果も。生理不順や子宮出血などの婦人科系の症状の緩和にも効果あり! 足底腱膜炎の治療によく用いられる。

(8)足底腱膜炎の特効ツボ。広範囲にわたる痛みに効果あり!
僕参(ぼくしん)

外くるぶしの斜め下で、アキレス腱横のくぼみに位置するツボ。足から腰、背中までの痛みの緩和にも効果的。足底腱膜炎の治療によく用いられる。

(9)疲労回復促進、免疫力アップに!
湧泉(ゆうせん)

足趾をグッと内側に曲げたときにできる足裏の中央付近のくぼみ部分にあるツボ。腎機能に関わるツボで、疲労回復促進効果も高い。免疫力を高める効果もあるため、追い込み時期の体調管理に最適のツボだ。

ツボ1

ツボ2

(出典:『Running style 11月号 ヒザ&足裏トラブル完全克服!!』
(エイサイト編集部 楠田)

SHARE

PROFILE

RUNNING style 編集部

RUNNING style 編集部

ランニング初心者から、サブ4を目指す中級者まで楽しめるランニング専門マガジン。トレーニングやアイテムの紹介、トレイルラン、イベントまでさまざまな情報をお届けする。

RUNNING style 編集部の記事一覧

ランニング初心者から、サブ4を目指す中級者まで楽しめるランニング専門マガジン。トレーニングやアイテムの紹介、トレイルラン、イベントまでさまざまな情報をお届けする。

RUNNING style 編集部の記事一覧

RUNNING style TOPへ

No more pages to load