BRAND

  • Lightning
  • 2nd(セカンド)
  • CLUTCH Magazine
  • EVEN
  • BiCYCLE CLUB
  • RUNNING style
  • NALU
  • BLADES(ブレード)
  • RIDERS CLUB
  • CLUB HARLEY
  • DUCATI Magazine
  • flick!
  • じゆけんTV
  • 湘南スタイルmagazine
  • ハワイスタイル
  • buono
  • ランドネ
  • PEAKS
  • フィールドライフ
  • SALT WORLD
  • Kyoto in Tokyo

絶対間違わない! もう迷わない!! ランニングシューズの選びかた

長く、楽しく走り続けるために、もっとも重要なのが、足にぴっり合ったランニングシューズを履くこと。しかし、自分の足と相性抜群のシューズと出会うことは至難の業! ビギナーランナーなら、なおさらだ。そこで、ランニングシューズの賢い選びかたを紹介。覚えておけば、ウォーキングシューズ、普段履き選びにも役立つはずだ。

ランニングシューズの選びかた、5つのルール

ランニングをスタートさせるうえでまず最初に用意すべきは、ランニングシューズ。ただし、普段の靴と同じ感覚で選んでしまうと、靴擦れやマメのほか、フォームの崩れにつながることもあるからだ。正しく、安全に走るためにも、正しいシューズ選びを把握しておこう。

RULE1 正しい足のサイズを知っておこう

ランニングシューズを購入する際には、“正しい” サイズを知っておくことが大切だ。カカトからつま先までの足の長さだけではなく、足の幅もチェックしよう。ランニングのプロショップでは、これらを詳細に計測してくれるので、ショップスタッフに足のサイズを測ってもらうのが、おすすめ。

RULE2 シューズ選びは午前中に

ランニングシューズを購入するなら、足がニュートラルな状態の“午前中”が理想。午後は、足がむくみやすく、長時間の立ち仕事や、歩くことが多かった場合には、アーチ(土踏まずの部分)が崩れている可能性も。こうした状態でシューズのフィッティングをすると、本来よりも大きなサイズを選んでしまいやすく、いざ走るときに、ぶかぶかだったりすることもあるので注意しよう。

RULE3 着地のクセを把握しよう

体が走ることに慣れていないうちは、着地時に足が内側または外側に大きく倒れ込んだりと、なんらかのクセがあるものだ。ランニングのプロショップでは、この着地のクセも計測もできるので、シューズを購入する前にチェックしてもらうと、より足にフィットしたシューズを選べる。

RULE4 複数メーカーのシューズを試す

ランニングシューズの場合、スタイルより機能とサイズを優先するのが基本。自分のレベルや、サイズなどにフィットしていないと、ケガや故障のリスクが高まるからだ。まずは機能からセレクトし、そのなかで好みのデザインを見つけよう。

RULE5 フィッティング時は薄手のソックスで

シューズの試履きのときは、ランニング専用のソックスを履いくのがおすすめ。できるだけ、走っているときに近い状況で試履きすると、よりフィットするモデルが発見できる。また、薄手のソックスを履いての試履きもしてみるとより安心。足裏のグリップ感や、アーチ部分のフィット感を感じやすくなるからだ。

走りのレベルに合わせてシューズを選ぼう

ランニングシューズは、デザインや好きなブランドで選んでしまいがちだが、まずは自分に見合ったレベルのシューズを選ぶようにしたい。ランニングシューズは、初心者向け、中級者向け、上級者向けの3タイプに大別できるが、自分で判断ができないようなら、ショップの店員に相談しよう。

ランニングシューズの3タイプ

B

(出典:『ランニングスタートブック 最新版』)
(エイサイト編集部 楠田)

SHARE

PROFILE

FUNQ

趣味の時代に読むメディア

FUNQ

趣味の専門誌を届けてきた私たちが世界中の人に向けて、趣味の世界への入り口をつくりました。彩りに満ちた人生の新たな1ページが、ここから始まります。

FUNQの記事一覧

趣味の専門誌を届けてきた私たちが世界中の人に向けて、趣味の世界への入り口をつくりました。彩りに満ちた人生の新たな1ページが、ここから始まります。

FUNQの記事一覧

No more pages to load