PEラインに装着する リーダーの太さの目安って?

ラインシステムを組む理由

すでに海のルアーフィッシングをやっている人なら理解していると思うが、海のルアーフィッシングではメインラインに細く引っ張り強度があるPEラインを使用するのが現在は一般的となっている。海では、より細いラインを使うことで多くのメリットがある。

まずジギングのような沈める釣りでは、細いことで潮の影響を受けにくく、より素早く、狙ったポイントにジグを落とすことができる。潮の影響を受けにくい細いラインで、より軽いジグを使用できれば、それを動かすアングラーの負担も少ない。キャスティングゲームの場合も、細いことでロッドガイドとの摩擦がすくなく、より飛距離を出せる。

しかしPEラインは、擦れに弱いという弱点がある。それは細い繊維を編み込んだ構造だからだ。そこでPEラインの先に、擦れに強いナイロンやフロロカーボンのリーダーを結束することになる。結束により、根ズレ、魚の歯による擦れ、ファイト中の魚体が触れることにより擦れでのラインブレイクを、少しでも少なくなるようにするのだ。

結束法として、オススメであり、一般的なのは、ジギングやタイラバならPRノット、キャスティングならFGノットだ。ぜひマスターしたい。これらの結び方は、次の機会に説明したいと思う。

メインラインとリーダーの結束には、様々な方法がある。キャスティング、ジギングと用途に応じて結束方法を変えることもある。結束強度が高いノットを選び、それを完璧にマスターするまで練習することが大切だ。

釣りスタイルに応じたリーダーの種類と長さ

では、リーダーはどのくらいの太さが適正なのか? これは多くの人が基準にしているのが使用PEライン号数×10×2倍。1号なら、10×2で20。この数値をlbに置き換えるというもの。または、使用PEラインの×5の号数としている人もいる。1号なら5号のリーダーだ。ちなみにこれらはひとつの基準であり、歯の鋭い魚を狙う場合は少し太くしたりすることもある。

また素材については、キャスティングではナイロンリーダー、ジギングやタイラバではフロロカーボンリーダーというのが一般的。キャスティングでは、キャストする時に柔軟な素材でトラブルの少ないナイロンをセレクトする。一方、ジギングやタイラバでは、ロングキャストすることが少ないので、より擦れに強いフロロカーボンリーダーを使用することが多い。

長さは、キャスティングの場合は、キャスティング時にガイドがらみなどのトラブルを少なくするために、竿先から少しだけリーダーを出したキャストポジションの状態の時に、リーダーとPEラインの結び目がリールスプールに巻かれない長さが良い。

一方、ジギングの場合は、特に決まりはないが、3ヒロ~4ヒロほどが一般的。この長さは、船べりまで魚を寄せて魚が暴れたときに、リーダーがスプールに収まることで、リーダーとメインラインの結束部のラインブレイクの可能性を下げるということ。魚を抜き上げを多用する場合も、リーダーがスプールに収まっていれば、より安心だ。

ではさらに長くすれば良いと考えがちだが、長くすれば、それだけ水中での抵抗が増し、ジグの動きに影響が出てクイックに動かせなくなることもある。そういったことから丁度良い長さが3ヒロ~4ヒロと考えられている。ちなみに、あえて長くしたり、リーダーを太くしたりして、リーダーの水中抵抗でジグを浮遊させて攻略する裏技的なセレクトをしている人もいる。

キャスティングでは、キャストポジション(トップガイドからリーダーを少し出した状態)の状態のときに、スプールに結び目が入らないのがベストとなる。結び目がスプールに入っていると、キャスト時にガイド絡みなどのトラブルが起こりやすい。
ジギングでは、3~4ヒロ(1ヒロは、両手を広げた長さ)にしている人が多い。ランディング時にリールにリーダーが入り、さらに水中では潮流の影響を極力受けないということを考慮した長さだ。

 

SHARE

PROFILE

SALT WORLD 編集部

SALT WORLD 編集部

近海から夢の遠征まで、初心者からベテランまで楽しめるソルトルアーフィッシングの専門誌。ジギングやキャスティング、ライトゲームなどを中心に、全国各地の魅力あるソルトゲームを紹介しています。

SALT WORLD 編集部の記事一覧

近海から夢の遠征まで、初心者からベテランまで楽しめるソルトルアーフィッシングの専門誌。ジギングやキャスティング、ライトゲームなどを中心に、全国各地の魅力あるソルトゲームを紹介しています。

SALT WORLD 編集部の記事一覧

SALT WORLD TOPへ

No more pages to load