BRAND

  • Lightning
  • 2nd(セカンド)
  • CLUTCH Magazine
  • EVEN
  • BiCYCLE CLUB
  • RUNNING style
  • NALU
  • BLADES(ブレード)
  • RIDERS CLUB
  • CLUB HARLEY
  • DUCATI Magazine
  • flick!
  • じゆけんTV
  • 湘南スタイルmagazine
  • ハワイスタイル
  • buono
  • ランドネ
  • PEAKS
  • フィールドライフ
  • SALT WORLD
  • Kyoto in Tokyo

【SALTWORLD Field Report】ポッパーのチカラでビッグバイトを引き出せ! 津軽海峡で狙うクロマグロ

オフショアのビッグゲーマーなら誰もが憧れ、標的と定める津軽海峡のクロマグロ。砲弾型の巨体が宙を舞いながらボイルする様は迫力満点である。そんなクロマグロの聖地・青森から好調の知らせが届き、居ても立ってもいられず現地へ向かった。

2年ぶりに聖地・小泊へ

青森県小泊といえば、クロマグロを狙うアングラーならば知らない人がいない聖地である。その小泊沖に2年ぶりに挑戦してきた。8月に入り大型キャッチの情報を次々と目にするようになり、急遽参戦を計画したのだが、今年は小泊への釣行予定は組んでいなかったため、今まで知り合った方々にお力添えいただき、船の手配や宿泊先などご紹介いただき、あらためて人とのつながりに感謝する釣行となった。

釣行初日は小泊港からではなく、北金ケ沢漁港から出船する喜代丸さんで海に出た。ポイントとなる海峡まではかなり距離があるのだが、マグロを探しながら釣り場へと向かった。

初日にお世話になった北金ケ沢漁港の喜代丸さん。

 

津軽海峡の景色。遠くには北海道の松前小島も見える。

事前の情報はポッパー・潮目・誘い出し

2時間ほどで目指すポイントに着くが、気配もなく船もまばらな感じである。しかし事前情報では潮目の誘い出しで釣果が出ていると聞いていたので、魚探の反応を見ながら誘い出しをおこなう。今年はポッパーでの誘い出しで結果が多く出ており、弊社のサーチポップでも100kgオーバーをはじめ、ユーザー様に多数の釣果を出していただいている。

周りの船ではポツポツ釣果が聞かれたが、我々はマグロからの反応は得られずノーバイト。初日なので様子見と明日に気持ちを切り替えた。

初日、周りの船はポツポツとヒットを得ていた。

サーチポップにダブルヒット!

二日目最終日、この日は小泊港の裕丸さんで出船。前日に釣果を出した情報から早めの時間帯が良いとのことで、船長のご厚意により少し早めで出船していただいた。前日の釣果が出たエリアより手前で魚探に反応があり、誘い出しを始めると少し遠目でマグロが跳ね、鳥が旋回していたので移動し誘い出しをするとマグロがバイト、しかしフッキングまでいかなかった。諦めず、同じような状況で誘い出しをおこなうがフッキングまでいかないバイトが続き、午前中は3人で5バイトであった。しかし他船から船長に入ってくる情報もあまりよくなく、我慢の時間が続いた。

午後を過ぎたころ、遠くにマグロが跳ねだしたのを見つけて向かっていると見る見るナブラが大きくなり、水面が真っ白になった。「洗濯機ナブラ」と呼ばれる状態だ。船足を上げて向かうとすでにファイト中の船もあったが、我々は一歩間に合わなかった。しかし諦めずにサーチポップをキャストし誘い出すと中澤テスターにビッグバイトがあり、その直後に自分のサーチポップにもヒット。ダブルヒットとなった。

サーチポップでキャストを繰り返すとついにヒット。最初に中澤テスター、続いて私とダブルで掛けた。

途中、お互いのラインが絡み少しひやひやする場面もあったが、二人ともPE10号を使用していたため落ち着いてやり過ごし、先に自分がランディング。中澤テスターもドラグを増し締めし、勝負をかけ浮かすと自分のサイズより一回り大きなサイズが浮き、無事ランディング、皆で喜んだ。

午後から風が吹く予報のなか、松舘船長のギリギリの読みと粘りのおかげで上々の結果を出せたことを感謝している。

まずは私がランディングに成功。ファイトタイムは5分ほどだった。
続いて中澤テスターもグッドサイズをキャッチ。

お世話になった裕丸と松館船長。

クロマグロゲームを楽しむために

キハダキャスティングゲームやヒラマサキャスティングゲームからクロマグロへと、レベルアップを考えているアングラーも多いと思われるが、釣れているからとキャスティングゲーム初心者が手を出すには少々荷が重いのが小泊沖のクロマグロである。挑戦するからには十分知識のあるショップさんやベテランアングラーから指導していただき、ラインシステム、ロッド、リール、金具まで、強度不足などないよう準備万端で挑んでほしい。

また、ここ数年の資源保護の影響からか回復傾向にあると思われるクロマグロであるが、必要以上の魚はキープせず可能な限りリリースしていただければと思う。すべてのアングラーに賛同していただけるとは思わないが、気持ちのどこかに置いていただき、数年先の未来を見据え、余裕を持った釣りを楽しんでいただけたらと思います。

使用タックル

ロッド/プロトロッド 8.7ft 7.7ft 7ft
FC84H、FC83MH
ルアー/サーチポップ200
フラップベイト26cm(秋発売)、30cm(プロト)
PEライン/YGK社 Xブレイド フルドラグ10号、12号
※リールはステラ20000PG、18000HGを使用

今回の釣行で使用したルアー。上からフラップベイト30cm、26cm(プロト)、サーチポップ200の順。
メロン屋工房

(ホームページリニューアル予定)
http://www.melon-ya.net

SHARE

PROFILE

SALT WORLD 編集部

SALT WORLD 編集部

近海から夢の遠征まで、初心者からベテランまで楽しめるソルトルアーフィッシングの専門誌。ジギングやキャスティング、ライトゲームなどを中心に、全国各地の魅力あるソルトゲームを紹介しています。

SALT WORLD 編集部の記事一覧

近海から夢の遠征まで、初心者からベテランまで楽しめるソルトルアーフィッシングの専門誌。ジギングやキャスティング、ライトゲームなどを中心に、全国各地の魅力あるソルトゲームを紹介しています。

SALT WORLD 編集部の記事一覧

No more pages to load