BRAND

  • Lightning
  • 2nd(セカンド)
  • CLUTCH Magazine
  • EVEN
  • BiCYCLE CLUB
  • RUNNING style
  • NALU
  • BLADES(ブレード)
  • RIDERS CLUB
  • CLUB HARLEY
  • DUCATI Magazine
  • flick!
  • じゆけんTV
  • 湘南スタイルmagazine
  • ハワイスタイル
  • buono
  • eBikeLife
  • ランドネ
  • PEAKS
  • フィールドライフ
  • SALT WORLD
  • Kyoto in Tokyo

オフショアジギングに必要なラインの結び方って?

オフショアゲームではPEラインを使用するためリーダーへの結束が必要不可欠。また、ジグのアイやリング等にリーダーを結束させる方法など、種類も様々なものがあり奥が深い。簡単に結べるクリンチノットや強い結束力のTNノットなど、基本をおさえてどんなものでも自身でしっかりと結べるようになっておくことが必要だ。

PRノット(PEライン×リーダーを結ぶ)

PEラインとリーダーの結束するラインシステム。ジギングに使用するPEラインは、擦れに弱いため先端にフロロカーボンを結ぶラインシステムを組むことが必要となる。その結び方にはさまざまなものがあるが、魚の強烈な引きに対応するために、強度のある結びで結束しなくてはならない。その結束方法の中でオススメなのがPRノットだ。ここでは数あるPRノッターの中から、MCワークスのPRボビンを使用した方法をお伝えしたい

PRノットの結び方

01 ホルダーにボビンをセットし、ホルダーの先端からPEラインを通し、ボビンのゴムに挟んで固定する。

02 ボビンを回し、ラインを巻く。PE2号以下の場合は10回ほど巻く。

03 ボビンを外し、ホルダーのシャフトにラインを4 ~ 5回巻きつける。巻きつけることで、ライン放出の負荷が掛かるようになる。

04 ボビンを再びセットし、リーダーを30㎝ほど出し、ボビンから出たPEラインと合わせる。ちなみに右にリールのスプール、左にリーダーのスプールがある。

05 右手の中指、薬指にリーダーとPEラインを巻きつけ保持する。次に右手同様、左手にリーダーを巻きつけ保持する。

06 右手の親指、人差し指を巻きつけ開始の部分に添える。この時、先端のノズルがリーダーに接している状態にすること。ノズルは巻き終るまで接した状態を維持する。

07 左側にボビンを回転させ4~5回巻きつける。6の右手の指があることで、右側には巻かれないようになる。

08 左手の親指と人差し指を巻き終りのところに添え、ボビンを回転させる。左手の指を添えていることで、右側へと巻かれる。

09 ラインを張った状態にしながら、ボビンを回転させ巻きつけていく。巻きつけの目安は、2号以下は2~ 4㎝。

10 巻き終りを左手で保持しながら、右手に巻きつけ固定していたラインを外し、ボビンを引き抜く。ラインが長く残っている場合には、約30㎝残してカットする。

11 ボビンを外した部分のPEラインで、リーダーとPEラインを束ねるようにハーフヒッチで巻き止める。このとき回転させた方向と同一方向で巻き止めること。

12 メインラインを張った状態にし、逆側のハーフヒッチでしっかりと巻き止める。11と12の作業を5回(ハーフヒッチ10回)繰り返し、編み込んでいく。

13 リーダーを3㎜ほど残しカットする。

14 ライターの火で、リーダーの残りを炙る。この時、PEラインにライターの熱が伝わらないように注意すること。

15 リーダーとPEラインを束ねるハーフヒッチで、リーダーの焼き終えた部分まで交互に編みこんでいく。

16 メインライン部分に、PEラインをハーフヒッチで編み込んでいく。交互のハーフヒッチで5 ~ 6回編み込む。

17 PEラインの残りを少し残してカットする。そのラインの残りをライターで炙る。メインラインに熱が伝わらないように注意すること。

18 完成。

クリンチノット(リーダー×リングを結ぶ)

クリンチノットは、ジグのアイやリング類にリーダーを装着する際に、最も簡単といえるノットのひとつ。ルアーゲームの基本となるノットである。ライトなターゲットを狙うときに使用したい。

クリンチノットの結び方

01 結びたいルアーアイやリングにリーダーを通す。

02 本線に3~4回、リーダーの先端部分を巻く。

03 リーダーの先端を、アイやリング側にできた輪に通す。

04 通すことで新たにできた輪に、リーダーの先端を通す。

05 通したリーダーの先端が抜けないようしながら、ここまで作業した部分を唾などで湿らせ、ゆっくりと締め込む。しっかりと締め込まれたら、余分をカットして完成。

TNノット※トリプルニットノット(リーダー×ルアーを結ぶ)

リーダーとルアーの結束時に強く結べることで、多くのエキスパートアングラーが採用しているノット。リーダーに編み込みを施すことで、より強い結束を実現。太いリーダーでもしっかりと結束できる。(写真はプラグに結んでいますが、結び方はジグでも同じです)

TNノット(トリプルニットノット)の結び方

01 リングにリーダーの先端を通す。

02 リーダーの先端をリングにもう一度通す。

03 さらにもう一度リーダーをリングに通し、2重の輪を作る。

04 リーダーを引っ張り、3重に整ったラセンを確認。

05 リーダーを少しだけゆるめ、ラセン部分に隙間を作る。

06 リーダーの先端を本線に絡ませてから、05で作った隙間に通す。

07 通したら、そのままゆっくり締め込む。

08 リーダーの先端を本線の下側から通し、できた輪に先端を通す、ハーフヒッチで結ぶ。

09 今度は本線の上側にリーダーを沿わせ、ハーフヒッチで結ぶ。

10 08、09を繰り返し、編み込んでいく。6回~8回ほど。

11 最後に余分をカットして完成。

出典

SHARE

PROFILE

SALT WORLD 編集部

SALT WORLD 編集部

近海から夢の遠征まで、初心者からベテランまで楽しめるソルトルアーフィッシングの専門誌。ジギングやキャスティング、ライトゲームなどを中心に、全国各地の魅力あるソルトゲームを紹介しています。

SALT WORLD 編集部の記事一覧

近海から夢の遠征まで、初心者からベテランまで楽しめるソルトルアーフィッシングの専門誌。ジギングやキャスティング、ライトゲームなどを中心に、全国各地の魅力あるソルトゲームを紹介しています。

SALT WORLD 編集部の記事一覧

No more pages to load