BRAND

  • Lightning
  • 2nd(セカンド)
  • CLUTCH Magazine
  • EVEN
  • BiCYCLE CLUB
  • RUNNING style
  • NALU
  • BLADES(ブレード)
  • RIDERS CLUB
  • CLUB HARLEY
  • DUCATI Magazine
  • flick!
  • じゆけんTV
  • 湘南スタイルmagazine
  • ハワイスタイル
  • buono
  • eBikeLife
  • ランドネ
  • PEAKS
  • フィールドライフ
  • SALT WORLD
  • Kyoto in Tokyo

スーパーライトジギングって何が釣れるの?|オフショアジギング初心者講座

小型ジグに、0・8号といった細いPEラインをメインに使用し繊細で柔軟なスーパーライトなロッドで手軽に楽しむことができるジギング。しかも軽くライトなタックルの使用により、初心者でもチャレンジしやすい。しかし、より多くの釣果を得ようとするとテクニックを駆使しなくてはならず奥深さも併せ持つ。だから、エキスパートであってもハマってしまう釣りでもある。そんな魅力あるスタイルについて、まずは基本をおさえよう。

いろいろな魚が釣れればやっぱり楽しい!

今やどんどん広がりをみせているスーパーライトジギング。釣果が得られやすく、しかも釣れる魚種も豊富! では、どんな魚がジグで釣れるのか? まずはその釣果を披露したい。きっとやりたくなるはず!

イサキ

この釣りが広がったのは、このようなイサキを狙えることが分かったから。今まで、エサ釣りメインのターゲットであったが、条件次第でジグで釣れることが分かったのだ。スーパーライトのメインターゲットといえる魚だ。

マダイ

スーパーライトジギングがここまで広がる前から、マダイは一部地域で小型ジグで狙われていた魚。しかしスーパーライトのスタイルの確立により、今まで以上にジグで狙われるようになったと感じる。イサキに続き、メインと言えるターゲットだろう。

ロックフィッシュ

ライトジグで探れる水深に生息する、小魚を捕食しているロックフィッシュは全てターゲットと言える。マハタ、キジハタ、アカハタ、アオハタ、オオモンハタ、カサゴ系、メバル、ソイ系、アイナメなど、その数は数えられないほど。しかも美味しい魚たちだ。ただ釣りすぎると、その海域からいなくなってしまうこともあるため、キャッチの尾数を決め、リリースしながら楽しみたい。

青物

青物の回遊があれば、小さいシルエットのジグに思わず口を使ってしまう。ブリ系、ヒラマサ、カンパチ、サワラ、カツオ系などとともに、今までのジギングではターゲットにならなかったアジも小型ジグなら釣れる。想像しただけで、あれもこれも釣れそうだと魚種が浮かぶ。まだまだ、これからターゲットは増えるだろう。

底物系×砂物系×その他

シーバス、ヒラメ、コチ、ホウボウ、などもよくヒットする魚。釣れると嬉しい魚でもある。南へ行けば、ヤガラやフエフキなども釣れる。こちらもターゲットになる魚はまだまだある。

今までメインターゲットにならなかったイサキ、そしてマダイやロックフィッシュ、青物など
様々な魚がヒットしてくるスーパーライトジギング。きっとそのスタイルに魅了されるに違いない。

出典

SHARE

PROFILE

SALT WORLD 編集部

SALT WORLD 編集部

近海から夢の遠征まで、初心者からベテランまで楽しめるソルトルアーフィッシングの専門誌。ジギングやキャスティング、ライトゲームなどを中心に、全国各地の魅力あるソルトゲームを紹介しています。

SALT WORLD 編集部の記事一覧

近海から夢の遠征まで、初心者からベテランまで楽しめるソルトルアーフィッシングの専門誌。ジギングやキャスティング、ライトゲームなどを中心に、全国各地の魅力あるソルトゲームを紹介しています。

SALT WORLD 編集部の記事一覧

No more pages to load