BRAND

  • Lightning
  • 2nd(セカンド)
  • CLUTCH Magazine
  • EVEN
  • BiCYCLE CLUB
  • RUNNING style
  • NALU
  • BLADES(ブレード)
  • RIDERS CLUB
  • CLUB HARLEY
  • DUCATI Magazine
  • flick!
  • じゆけんTV
  • 湘南スタイルmagazine
  • ハワイスタイル
  • buono
  • eBikeLife
  • ランドネ
  • PEAKS
  • フィールドライフ
  • SALT WORLD
  • Kyoto in Tokyo

シャローライトキャスティングゲーム【PART3】

さまざまなターゲットと多彩なゲームスタイルを楽しむことができる、近海のシャローゲーム。前回の「甑島エリア」から場所を変え、今回は「天草エリア」に移動しての実釣の様子をお届けする。

さらにゲームを広げる

その後もスジアラ狙いを続けたが、残念ながら連続ヒットは遠く、甑島エリアはタイムアップとなり、次は天草エリアへと移動することになった。そういえば本命ターゲットの一つであるオオモンハタがまだヒットしていないと思い、牛深沖の根周りをスイミングテンヤで狙うと、狙い通りのオオモンハタをキャッチすることができた。

▲ロッドは2022年春に発売となるアーリー68Mフォーボート。しっかり曲げ込んだ時のパワーはMクラス以上にあり、ワームの繊細な誘いからプラッギングまで幅広く対応する。

▲天草沿岸域でオオモンハタを狙うと、あっさりと釣れてくれた。ロッドは同じくアーリー68Mフォーボート。

操船してくれたスタッフ藤川のおかげではあるが、やはりオオモンハタはスイミングアピールが強い。基本的な点で言えば、アカハタは岩礁帯、オオモンハタは岩礁混じりの砂地を好み、岩に寄り添うアカハタに対してオオモンハタは少し浮いていることが多い。同じハタ類でも習性が異なるのは、メソッドを切り替える必要があり、ロックフィッシュ狙いの面白い部分だ。

▲ルアーはスイミングテンヤとミノー系ワームBALTのセット。オオモンハタは少し浮いてベイトを捕食していることが多く、スイミング系の誘いが有効。

そして、いよいよラストの夕マヅメが近づき、最後の締めは天草内海のワンドをランガンしてのシーバス狙いだ。ワンドに入っているベイトの量に大きく影響されるゲームだが、夕マヅメを前に魚は動いているようで、岸際にはイワシが確認できる。ボイルは見えないので、シーバスが居るかどうかはキャストしてみないと分からない。

しばらくキャストを繰り返しながら、徐々に岸際に近づいていくとスタッフ藤川がトレースしていたバイブレーションにヒット!!

激しく水面を割るシーバスに、狙い通りの魚がヒットした満足感が広がる。

今回はこの後、さらにシーバスを追加して終了したが、アカハタ、スジアラ、オオモンハタにシーバスと、シャローエリアのキャスティングゲームで数種類のターゲットをキャッチすることができた。ロッドはアーリー・フォーボートの68M・610MH/Bの2本で通した。

▲なんとかキャッチできた3kgほどのスジアラ。強烈なパワーとトルクフルなファイトは最高のルアーターゲットと言える。

▲スジアラの口の中には大量のキビナゴが詰まっていた。

メインとなったのはアーリー68Mフォーボートだが、やはり際だった性能は汎用性能だ。もちろん、元となる軽快なキャストフィールとルアー操作性を持っているからこそなのだが、スムーズな曲がりと懐の深い復元力によるパワーからくる安心感も大きな魅力になっている。ヤマガブランクスの大きなコンセプトである「曲がりと反発力」でパワーを引き出すという性能をダイレクトに実感できる機種であり、それによって得られる幅広いルアー使用範囲や遠投性能は、ライト~ミドルクラスのボートゲームでは大きな力となってくれるだろう。この遠投性能はシャローゲームだけでなく、サワラ、ヤズなどの小~中型回遊魚を視野に入れたゲームにもベストマッチだ。

ヒラマサやマグロ、GTといったヘビーなボートキャスティングゲームと違い、近海のボートキャスティングゲームは多彩な魚種を探しながらテクニックを駆使して狙うという大きな魅力がある。そういったゲームを楽しめる遊漁船も全国で増えているし、マイボートやカヤックユーザーも増えている。入門者だけでなく、ベテランアングラーにも大きな魅力をもったゲームであるのは間違いない。

近海のボートキャスティングゲームにおいては、釣れているという情報よりも、目の前のポイントの状況を見ながら様々なルアーを試し、レンジを刻み、魚を探していくことのほうが重要となる。そうして積み重ねた経験を持ったアングラーは、やはり強い。そこに憧れるし、自分でもその積み重ねを実感できたとき、本当に近海のボートゲームは面白いと思えるのだ。

▲最後は帰港途中のワンドでシーバス狙い。スタッフ藤川がすぐにヒットに持ち込んだ。

【この記事は2021年7月現在の情報です】

シャローライトキャスティングゲーム【PART1】はこちら>>>

シャローライトキャスティングゲーム【PART1】

シャローライトキャスティングゲーム【PART1】

2021年09月01日

シャローライトキャスティングゲーム【PART2】はこちら>>>
シャローライトキャスティングゲーム【PART2】

シャローライトキャスティングゲーム【PART2】

2021年09月02日

出典

SHARE

PROFILE

SALT WORLD 編集部

SALT WORLD 編集部

近海から夢の遠征まで、初心者からベテランまで楽しめるソルトルアーフィッシングの専門誌。ジギングやキャスティング、ライトゲームなどを中心に、全国各地の魅力あるソルトゲームを紹介しています。

SALT WORLD 編集部の記事一覧

近海から夢の遠征まで、初心者からベテランまで楽しめるソルトルアーフィッシングの専門誌。ジギングやキャスティング、ライトゲームなどを中心に、全国各地の魅力あるソルトゲームを紹介しています。

SALT WORLD 編集部の記事一覧

No more pages to load