BRAND

  • Lightning
  • 2nd(セカンド)
  • CLUTCH Magazine
  • EVEN
  • BiCYCLE CLUB
  • RUNNING style
  • NALU
  • BLADES(ブレード)
  • RIDERS CLUB
  • CLUB HARLEY
  • DUCATI Magazine
  • flick!
  • じゆけんTV
  • 湘南スタイルmagazine
  • ハワイスタイル
  • buono
  • eBikeLife
  • ランドネ
  • PEAKS
  • フィールドライフ
  • SALT WORLD
  • Kyoto in Tokyo

出船できれば高確率でゲームが成立! 三重県伊勢志摩キハダゲーム第2戦【SALTWORLD Field Report】

三重県伊勢志摩のキハダゲーム第1戦はこちら>>>

2021年も上々の滑り出し 開幕! 三重県伊勢志摩のキハダゲーム【SALTWORLD Field Report】

2021年も上々の滑り出し 開幕! 三重県伊勢志摩のキハダゲーム【SALTWORLD Field Report】

SPONSORED

悪天候続きも事前情報は良好

今回もいつもの仲間との伊勢志摩キハダゲームに挑戦。再び『へいみつ丸』の北村船長さんにお世話になった。今年は異常な長雨が続き、出船できない日が続いていたが、悪天候続きのなかでも、出船できた日には各船良い釣果が出ていた。我々も3日間の日程であったが予報が二転三転とし、前日にならないと出船確定ができないような予報であった。

当日は港に5時集合し目指すポイントへと、船を走らせた。ここ数日の状況は、ベイトは小型のカタクチイワシでナブラ撃ちもあり、誘い出しもありとの情報で、クジラやサメ付きのナブラも見られるとのことで、状況的には期待が持てる事前情報であった。

キハダを狙うのには申し分のない装備のへいみつ丸。

古坂さん、原田さんが30kgクラスをキャッチ

しかしポイントとなるエリア周辺に着いても潮色はあまり良い感じには見えず、もしかすると状況が急変しているのでは? と不安になった。しばらく鳥を探しナブラが出るのを待つが気配がなく、さらに不安が募った。

しかし、鳥が徐々に固まりだすとナブラが出だし、古坂さんがヒット。30kgクラスをキャッチした。その後、原田さんはバラシ続きであったが、フックの刺さりが悪いと言い、新しいフックに替え、立て続けに2本キャッチした。

古坂さん(上)と原田さんの釣果。

西尾さんも良型をキャッチ。あとは自分だけだ!

その後もあちこちでナブラが出て、サメ付きナブラも出るのだが餌が多すぎるのか、ルアーへの反応があまり良くなかった。そこでシンキングペンシルにチェンジし、ナブラの中にキャストしカウントダウン、少しリーリングして誘うとヒット。同時に西尾さんもヒットしダブルヒットとなった。

お互いのポジションを確認しながらファイトしていたが、オマツリしてしまい、自分はラインブレイクしてしまったが、西尾さんは無事キャッチした。その後もシンキングペンシルで攻めると自分に再びヒット。走ったのでサイズが良いのかと思ったが、途中からスルスル上がり、浮かぶとサメに食われてしまっていた。

西尾さんはダブルヒットの難しい状況で見事にキャッチ。

この日は状況が良く、あちこちでナブラが見られた。イワシ団子が船に付いた時はカツオの群れがナブラに突っ込むのが見え、ランディングネットを水中に入れ待ち構えるとカツオがすくえてしまったほどであった。

今日イチのナブラでサーチポップに会心の一撃

カツオ祭りも終わり、いよいよノーキャッチは自分だけとなり、皆にミヨシを譲ってもらい狙い続けるのだが、イワシ団子も徐々に減り、ナブラも単発になり焦る。そんななか、今日一番とも言えるナブラに当たり、ヒット。原田さんもヒットしダブルキャッチとなった。ヒットルアーはサーチポップだった。

ようやく手にしたキハダ。簡単ではないが、今年は毎回キャッチできている。

再びサーチポップでキャッチも丁寧にリリース

2日目も前日の状況から期待し5時集合で出船。ポイントに到着するも前日に比べ波があり、鳥も少ないなか、ナブラを追うが間に合わず、周辺を誘い出しするとヒット。しかしフッキングを入れファイトしようとしたときにフックオフ、掛かりどころが浅かったようである。

その後も魚探には深い水深にマグロの反応があり、浮き待ちしている時間に西尾さんがジギングを試しているとヒット。しかしライントラブルでブレイクしてしまい残念であった。さらにようやくカツオのナブラが出だして時合が来たかと思ったが、長くは続かず我慢の時間が続いた。

10時頃ようやくチャンスが訪れ、ナブラに投げ込んだサーチポップを3~4回ポッピングさせるとヒット。この魚は船べりでギャフを口中から下あごに入れ、フックを外し、船でゆっくり走り蘇生させてからリリースした。キハダも1匹キープすれば食べるのには十分である。

2日目のキハダは船べりでフックを外して優しくリリース。

3日目は強風のため中止となった。夏シーズンのキハダ狙いも残すところあと一戦、今年は毎回キャッチできており、次回もキャッチできるよう準備を万端にして臨みたい。

タックルデータ

ロッド:エキセントリックキャスティング EC80XH(プロト)、EC87H、EC87MH(プロト)、EC87M(プロト)
ルアー:TWZ200F、TWZ185F(プロト)、TWZ165F、サーチポップ200、ペンシルポッパー17cm(プロト)、RFS130、試作シンキングペンシル(プロト)
フック:アシストフックフィネス プラグシングル#1相当~4/0相当
ライン:YGK Xブレイド フルドラグ6号、8号
リーダー:YGK キャストマンアブソーバー 130lb、170lb

メロン屋工房HP
http://www.melon-ya.net/

YouTubeチャンネルはこちら!

メロン屋工房

SHARE

PROFILE

SALT WORLD 編集部

SALT WORLD 編集部

近海から夢の遠征まで、初心者からベテランまで楽しめるソルトルアーフィッシングの専門誌。ジギングやキャスティング、ライトゲームなどを中心に、全国各地の魅力あるソルトゲームを紹介しています。

SALT WORLD 編集部の記事一覧

近海から夢の遠征まで、初心者からベテランまで楽しめるソルトルアーフィッシングの専門誌。ジギングやキャスティング、ライトゲームなどを中心に、全国各地の魅力あるソルトゲームを紹介しています。

SALT WORLD 編集部の記事一覧

No more pages to load