BRAND

  • Lightning
  • 2nd(セカンド)
  • CLUTCH Magazine
  • EVEN
  • BiCYCLE CLUB
  • RUNNING style
  • NALU
  • BLADES(ブレード)
  • RIDERS CLUB
  • CLUB HARLEY
  • DUCATI Magazine
  • flick!
  • じゆけんTV
  • 湘南スタイルmagazine
  • ハワイスタイル
  • buono
  • eBikeLife
  • ランドネ
  • PEAKS
  • フィールドライフ
  • SALT WORLD
  • Kyoto in Tokyo

西本康生流サクラマスジギング【Part 1】

スローピッチジャークを武器に、各地のさまざまなターゲットを楽しんでいる西本康生。そんな西本をここ数年に渡って惹きつけている魚がサクラマスだ。ここでは、岩手県大船渡市の越喜来湾をベースに展開した西本流ジギングゲームを、3回にわたって紹介する。

自分の釣りを信じて続けられるようになった

スローピッチジャークの名手、西本康生が近年、集中的に取り組んでいる釣りがサクラマスジギングだ。いまだ模索の途中とは本人の弁だが、自身の釣りが次第に確立されてきたことは確かなようだ。

「2018年から、釣っている最中にタックルを変えることが少なくなりました。状況が変わればそれに対応してチェンジしますが、周囲の同船者が釣ることなく、アタリも少ない場合には、基本的にタックルチェンジはしません。ジャークパターンも、自分がある程度これならイケるという、自分の基本パターンを繰り返すことが多くなってきました。

全体的にヒットがないときはアレコレやらない。アタリが出だしたときに初めて、いろいろ試すということ。でも、全体的に釣れているときにいろいろやっても、結局は自分の釣りに戻る、というか、自分の釣りでしかヒットが得られないことが多いですね。

自分に合った釣り、自分で自信が持てる釣りがあると思う。そこから外してやっても、アタらないとまでは言わないけれどアタリが遠い。去年くらいまでに確立できた自分の釣りをやっていれば、ある程度はアタリが出てくるし、釣れる、と信じられるようになりました」

迷走しがちだった、というサクラマスジギング。釣行回数を重ねるにつれ、自分の釣りに自信が持てるようになってきたということだろう。

▲河川内での釣りでは憧れの存在であるサクラマス。姿形の美しさはもちろん、独特の釣趣、食味の良さなどが多くのアングラーを惹きつけている。

▲スレが多いのも現実。ジャンプ一発でバレることもある。身が軟らかいサクラマスだけにドラグは緩めにしておくことが大切だ。

好釣果に沸いていた三陸沖のサクラマス

これまで、北海道では室蘭沖、苫小牧沖、青森県では下北周辺、そして岩手県では宮古沖などで釣行を繰り返してきた西本だが、この時の取材は比較的釣行回数も多い、岩手県大船渡市の越喜来湾をベースにした釣りをセレクト。4月初旬の取材日までにも、同地で3回の釣行を経験していた。

「シーズン最初は、ポツリポツリという感じ。そのなかで自分が基本としているSPY-FIVEを使ったジャーク&フォールの釣りを中心に展開してきました。とりわけ少しフォールの時間を長く取るイメージの釣りが良かったかな。船中1本、2本というときでも、なんとか1本を釣ることができました」

2019年の開幕以降、当地のサクラマスジギングの模様は右肩上がりとなり、好釣果に沸くなかでの釣りとなった。お世話になった越喜来湾・小石浜港「龍神丸」の瀧田隆船長の口調も弾み気味だった。

「今年は数も型もいい。うちでも船中で64本という釣果が出たけれど、ここらのサクラマスジギングでは最高の数字だと思うよ。それ以外でも船中50本超えの日は何回かあるしね」

好釣果の日は、ひとり4~5本が平均釣果、という。しかし実は高低の差がかなりある、というのが現実だ。差が出るところがサクラマスジギングの妙味でもある。状況はよし! 西本にとっては待望の2019年新作リール、ブルーヘブンL30Pwも持参した。期待に満ちた2日間の釣りがスタートした。

▲お世話になったのは越喜来湾・小石浜漁港の「龍神丸」。朝も昼も夜も元気な瀧田隆船長が釣らせてくれた。

▲釣行初日、早朝の綾里崎沖はベタ凪だった。潮の流れは非常に緩く、イカナゴの反応を頼りにサクラマスの回遊を待つ釣りとなった。

TACKLE

使用した2セット。写真左はロジカル70#0(ディープライナー製)+ブルーヘブンL30Pw(BH-Lアップグレード用カーボンアーム90mm使用)。写真右はスロージャーカー603-1+ブルーヘブンL30Hi(Pwに変更したプロトモデル)。メインラインはガリス ウルトラジグマンWX8PE1号、リーダーはガリスFCアブソーバーアンフィニ スリム&ストロング4号(メインラインともによつあみ製)。リールはすべてスタジオ・オーシャンマーク製。

(文中敬称略)

【この記事は2020年2月現在の情報です】

西本康生流サクラマスジギング【Part 2】はこちら>>>

西本康生流サクラマスジギング【Part 2】

西本康生流サクラマスジギング【Part 2】

2021年10月07日

  

西本康生流サクラマスジギング【Part 3】はこちら>>>

西本康生流サクラマスジギング【Part 3】

西本康生流サクラマスジギング【Part 3】

2021年10月08日

出典

SHARE

PROFILE

SALT WORLD 編集部

SALT WORLD 編集部

近海から夢の遠征まで、初心者からベテランまで楽しめるソルトルアーフィッシングの専門誌。ジギングやキャスティング、ライトゲームなどを中心に、全国各地の魅力あるソルトゲームを紹介しています。

SALT WORLD 編集部の記事一覧

近海から夢の遠征まで、初心者からベテランまで楽しめるソルトルアーフィッシングの専門誌。ジギングやキャスティング、ライトゲームなどを中心に、全国各地の魅力あるソルトゲームを紹介しています。

SALT WORLD 編集部の記事一覧

No more pages to load