BRAND

  • Lightning
  • 2nd(セカンド)
  • CLUTCH Magazine
  • EVEN
  • BiCYCLE CLUB
  • RUNNING style
  • NALU
  • BLADES(ブレード)
  • RIDERS CLUB
  • CLUB HARLEY
  • DUCATI Magazine
  • flick!
  • じゆけんTV
  • 湘南スタイルmagazine
  • ハワイスタイル
  • buono
  • eBikeLife
  • ランドネ
  • PEAKS
  • フィールドライフ
  • SALT WORLD
  • Kyoto in Tokyo

【近海のスプリンター攻略】マッチ・ザ・パターンジギングin 明石海峡【後編】

2020年秋、メジャークラフトのハイコスパメタルジグに新しくラインナップされたふたつのジグをヒロセマンが実釣投入。釣れるジグをもっと釣れるにアップグレードする、釣れるアングラーの釣れる活用術をここに公開する。前編ではジグをさらに活かすための方法論としてマッチザベイト、マッチザシチュエーションというふたつのパターンを紹介した。

ふたつのパターンをより高精度にするための4つのキー

生きた情報を入手する

頭だけで考えても現場のことは分からない。目的がある取材の釣りはやや特別だが、それでもヒロセマンはほかの釣り人の釣果やジグ、カラーなどをインプットしていた。目視できるボイルや小魚など、ヒントはどこにでも転がっている。
▲船長はもちろん、他の釣り人とのコミュニケーションも大事な情報に繋がる。集中も大事だが、よそ見も釣るためには必要だ。

アクションの違いを理解する

「サバやサワラはフォールが好き。対してハマチやメジロは速い動きが好きですね」。
ジャーク&フォールだけでも釣れないことはないが、狙うターゲットによって操作を変えるとより釣れやすくなることも。立ち泳ぎで獲ったサワラは好例だ。
▲テンションフォールとフリーフォール、同じフォールでも動きは大きく変わってくる。いろいろ試して経験を重ねよう。

レンジを意識する

「ボトムから表層まで気を張って動かしても疲れるだけなので、バイトがあったとか、ここぞ!と言うレンジを特に集中してみてください。ただし、ジグをひたすら追ってくることもあるので、最後まで気は抜かないように」。
▲中川船長は、効率よく捕獲に繋げられるようにと、適宜ベイトやターゲットのいるレンジをアナウンスしてくれる。

省エネ釣法を身に付ける

「速い動きが好きな魚を狙うときにずーっとジャカジャカ動かすのは正直しんどいので、疲れない動かし方を覚えましょう。そのサポートをするのがタックルです。新しいウエイトのジグパラは重くても動かしやすいのでぜひ」。
▲基本は力まずに。グリップをわきに挟んでジャークさせるのも疲れない方法のひとつで、そのためのロンググリップだ。

タックル

▲(写真左)ジグ:メタルドラゴン/ロッド:ジャイアントキリングGXJ-B62MH/リール:ソルティガ10HL/ライン:弾丸ブレイドマルチタイプ1.5号/リーダー:弾丸フロロ ショックリーダー30~ 40lb
(写真右)ジグ:ジグパラバーチカル/ロッド:フルソリFSLJ-B64M/リール:オケアノス ワイドHD/ライン:弾丸ブレイドマルチタイプ1.5 号/リーダー:弾丸フロロ ショックリーダー30~40lb
▲バーチカルな釣りなので手返しのよいベイトをチョイス。操作性とファイトのしやすさを兼ね備えた長さでベーシックなジャイアントキリングと、トルクのあるブランクでやりとりが楽しいフルソリとで今回は使い分けたが、逆にしても問題はない。

2020年秋最強のリアルジグ

▲ウエイトは200、250、300gの3タイプ。カラーは写真のシルバーのほか、ミラーシルバーやグローシルバーなどシルバー系が5色ラインナップ。

軽い使い心地のヘビーウエイト

▲フックのセットに必須、スプリットリング&ソリッドリングがコスパ最強のオトクシリーズで新登場。

ラスト1時間で本命ゲット!先取りミッションコンプリート!

ボトムで誘い諦めずに食わせる

メタルドラゴンで通算3本目のサワラを捕獲すると、潮流がさらに速くなり、中川船長からあと1時間とのアナウンスが。
するとジャイアントキリングがグッと絞り込まれ、ファイトに突入。慎重にいなし、水面にギラリと光って姿を見せたのは、待望のメジロだった。
「船長はボトムにメジロ、中層にサワラって言ってて、フォール中にもサワラっぽいアタリもあったけどボトムまで落としてシャクってたら上のほうでバイトがありました。ずっと追っかけてきてたんでしょうね。諦めないでよかった(笑)」。
11月はタチウオパターンのベストシーズン。メタルドラゴンでぜひビッグファイトを堪能してほしい。
▲ベイトのタチウオは少なかったが、本能を刺激するメタルドラゴンのキラメキとアクションで、もうひとつの目標だったメジロの捕獲に成功!

【この記事は2020年11月現在の情報です】
【近海のスプリンター攻略】マッチ・ザ・パターンジギングin 明石海峡【前編】はこちら>>>

【近海のスプリンター攻略】マッチ・ザ・パターンジギングin 明石海峡【前編】

【近海のスプリンター攻略】マッチ・ザ・パターンジギングin 明石海峡【前編】

2021年10月11日

出典

SHARE

PROFILE

SALT WORLD 編集部

SALT WORLD 編集部

近海から夢の遠征まで、初心者からベテランまで楽しめるソルトルアーフィッシングの専門誌。ジギングやキャスティング、ライトゲームなどを中心に、全国各地の魅力あるソルトゲームを紹介しています。

SALT WORLD 編集部の記事一覧

近海から夢の遠征まで、初心者からベテランまで楽しめるソルトルアーフィッシングの専門誌。ジギングやキャスティング、ライトゲームなどを中心に、全国各地の魅力あるソルトゲームを紹介しています。

SALT WORLD 編集部の記事一覧

No more pages to load