BRAND

  • Lightning
  • 2nd(セカンド)
  • CLUTCH Magazine
  • EVEN
  • BiCYCLE CLUB
  • RUNNING style
  • NALU
  • BLADES(ブレード)
  • RIDERS CLUB
  • CLUB HARLEY
  • DUCATI Magazine
  • flick!
  • じゆけんTV
  • 湘南スタイルmagazine
  • ハワイスタイル
  • buono
  • eBikeLife
  • ランドネ
  • PEAKS
  • フィールドライフ
  • SALT WORLD
  • Kyoto in Tokyo

10㎏オーバーも夢じゃない!!福島県沖のヒラメ・ゲーム【PART3】

数も釣れれば、サイズもいい。昔に比べて魚が釣れなくなったと言われて久しいが、いま日本でそんなフィールド、そしてターゲットがここ福島沖のヒラメ以外にあるだろうか……?
それは、「日本一ヒラメの魚影が濃く、サイズもいい」と言われるほど。その釣れっぷりは、もう事件です!
全3回にわたってお送りしてきた今回はジギング以外でおススメの釣り方を紹介しよう。
10㎏オーバーも夢じゃない!!福島県沖のヒラメ・ゲーム【PART1】はこちら>>>

10㎏オーバーも夢じゃない!!福島県沖のヒラメ・ゲーム【PART1】

10㎏オーバーも夢じゃない!!福島県沖のヒラメ・ゲーム【PART1】

2021年11月05日


10㎏オーバーも夢じゃない!!福島県沖のヒラメ・ゲーム【PART2】はこちら>>>
10㎏オーバーも夢じゃない!!福島県沖のヒラメ・ゲーム【PART2】

10㎏オーバーも夢じゃない!!福島県沖のヒラメ・ゲーム【PART2】

2021年11月05日

不思議と大型が!ビッグワームのワーミング

 
最後は、とくに初心者にオススメしたいジギング以外の釣り方をご紹介。それが、ジグヘッド+ワームの〝ワーミング〞だ。

「このスタイルの魅力は、釣り方が簡単で、しかも不思議と大型がヒットする確率が高いということです」
 
ジグをしゃくるという行為は、ジギングに慣れていない人にとっては案外難しい。このワーミングなら、誰でも手軽に大型ヒラメを狙えるというわけだ。
 
タックルは、スロー用、スピンスロー用、そしてタイラバ用もOK。ヘッドはゼスタの「タッチダウンストロング」。重さは100〜150ℊを使用する。
 
ワームは、ここでもやはり〝ビッグ・ベイト=ビッグ・フィッシュ〞の考え方で、4〜6インチという大型に実績が高い。取材ではゼスタの「シャッドスター」と「ビロードスター」にヒットが相次いだ。
 
重要なのはフックセッティング。ヒラメは基本的にワームの下から襲いかかって来る。そのため、ジギング用のツインフック「Wクロウ・ホールドチューン」をヘッドの下のアイに付けるとよい。くわえて、よりアピールさせるために、そのアイに「SWアシストブレード」(ゼスタ)を装着するのも有効だ。

「誘いはリフト&フォールをメインに、スロージギングでいうロングフォールも効果的です」と賀沢さん。
 
ワーミングの威力は、写真を見ていただければ一目瞭然だろう。
 
例年であれば、福島沖のヒラメゲームは11月半ばから最終局面。有終の美を飾るべく、そして来年の釣行のために、本記事が参考になれば幸いだ。

▲ゼスタスタッフの土屋さんは、拳がすっぽり入る大きな口のビッグ・ワン。ヘッドは「タッチダウンストロング」100~150g、ワームは「シャッドスター」。フックは下のアイにジギング用ツインフック「Wクロウ・ホールドチューン」を装着。よりアピール度を増すために、「SWアシストブレード」(ゼスタ)を装着するのも有効だ。

▲天才釣り少年の星真魚(まお)君は見事なテクニックで次々とヒラメをヒットさせていく。10㎏級が夢ではないフィールドだが、タックルはライトなので子供や女性も手軽に楽しめる。

▲タイラバも攻略法のひとつとして有効。落として巻くだけなので、こちらも初心者や女性、子供も手軽に楽しめる。タイラバだけあって、とくにゲストのマダイには効果的。もちろんヒラメもヒットする。

▲本誌ムック「スロージギング最新攻略バイブル」では、ジグでキャッチした90㎝という大型ヒラメの写真で誌面を飾った真魚君。ワームでも大型をあっさりキャッチ。その腕前はすでにパパを超えた!? 本当に凄い!

▲()真魚君パパはスピニングタイラバのタックルにワームで。()「ワームは本当に大型が不思議とヒットしますよ!」と本当に釣って見せてくれた。

▲このソイはデカイ!2㎏以上あった。

▲魚が“釣れる”というのは、何物にもかえがたい大きな魅力。夫婦やカップル、友達同士で楽しむには最高の釣り物といえよう。こんな素晴らしいフィールドが末長く続くことを願わずにはいられない。

【この記事は2020年11月現在の情報です】
10㎏オーバーも夢じゃない!!福島県沖のヒラメ・ゲーム【PART1】はこちら>>>

10㎏オーバーも夢じゃない!!福島県沖のヒラメ・ゲーム【PART1】

10㎏オーバーも夢じゃない!!福島県沖のヒラメ・ゲーム【PART1】

2021年11月05日


10㎏オーバーも夢じゃない!!福島県沖のヒラメ・ゲーム【PART2】はこちら>>>
10㎏オーバーも夢じゃない!!福島県沖のヒラメ・ゲーム【PART2】

10㎏オーバーも夢じゃない!!福島県沖のヒラメ・ゲーム【PART2】

2021年11月05日

出典

SHARE

PROFILE

SALT WORLD 編集部

SALT WORLD 編集部

近海から夢の遠征まで、初心者からベテランまで楽しめるソルトルアーフィッシングの専門誌。ジギングやキャスティング、ライトゲームなどを中心に、全国各地の魅力あるソルトゲームを紹介しています。

SALT WORLD 編集部の記事一覧

近海から夢の遠征まで、初心者からベテランまで楽しめるソルトルアーフィッシングの専門誌。ジギングやキャスティング、ライトゲームなどを中心に、全国各地の魅力あるソルトゲームを紹介しています。

SALT WORLD 編集部の記事一覧

No more pages to load