BRAND

  • Lightning
  • 2nd(セカンド)
  • CLUTCH Magazine
  • EVEN
  • BiCYCLE CLUB
  • RUNNING style
  • NALU
  • BLADES(ブレード)
  • RIDERS CLUB
  • CLUB HARLEY
  • DUCATI Magazine
  • flick!
  • じゆけんTV
  • 湘南スタイルmagazine
  • ハワイスタイル
  • buono
  • eBikeLife
  • ランドネ
  • PEAKS
  • フィールドライフ
  • SALT WORLD
  • Kyoto in Tokyo

激戦度世界一の相模湾キハダを狙え! 乗合ルアー船船長の実践アドバイス【後編】

ここでは、前編に引き続き、キハダやカツオ釣りの激戦区、相模湾で大物をゲットするためのテクニックを神奈川・大磯港を拠点とするルアー船「邦丸」の味澤清二郎船長がアドバイスする。

激戦度世界一の相模湾キハダを狙え! 乗合ルアー船船長の実践アドバイス【前編】はこちら>>>

激戦度世界一の相模湾キハダを狙え! 乗合ルアー船船長の実践アドバイス【前編】

激戦度世界一の相模湾キハダを狙え! 乗合ルアー船船長の実践アドバイス【前編】

2021年11月11日

鳥の動きを観察し、船長のアドバイスを聞こう

「釣る人は、鳥の動きをよく見ています」と味澤船長が言うだけあって、キハダゲームでは、鳥がいろんなことを教えてくれる。だから、釣る人にキハダを探す移動中に寝ている人はいない。

「キハダがイワシを持ち上げてハミになっているとか、ナブラになっていなくても下にキハダがいるとか。そいうことが分かるようになれば、これから船長がやろうとしていることが分かります。ナブラ撃ちなのか、誘い出しなのか、です。そうすれば、どういうルアーを使えばいいのかが分かります。さらには、そろそろキャストの合図が出るぞ、などと、キャストの準備、そして心の準備もできます。すべてが繋がっていくんです」

ただ、初心者にいきなり鳥を見てこれから何をするのか判断しろ、と言われても無理な話だ。だが、安心していただきたい。船長はちゃんとアドバイスしてくれる。

「何度か乗船してくださって状況などが分かっている人は自分でどんなルアーがいいのかなど判断してくださる人も多いですが、慣れていない人はなかなか難しいと思います。そこで、アドバイスできるときはできるだけするようにしています」

たとえば、遠くから鳥を見ていてエサを持ち上げている感じなので、「シンキングのほうがよさそうですよ」といった具合だ。また、誘い出しについても、慣れない人はどこにキハダの群れが泳いでいるのか分かりづらい。

味澤船長は、キャストする位置についてもアドバイスしてくれる。

「基本は群れの進行方向で、鳥がいればそれを見ていれば分かることも多いのですが、やはり初心者の方はそれが分からないことが多いです」

ちなみに誘い出しの時は、「◯時の方向、◯メートル!」といったように教えてくれる。

ただ、である。「アドバイスはしますが、鳥を見ていないとすべてが結びつかないんです。次に繋がりません」キハダを釣りたいのであれば、船上で寝ているヒマはない。

▲鳥の動きを見て、どの攻略法、どのタックル、どのルアーが適しているかを瞬時に判断し、最適だと思われるタックルを選ぶ。釣る人はこの判断が早く、的確。

そしてもうひとつ。味澤船長は、もし釣りたいのであれば、できれば船長のアドバイスを聞いていただきたい、と言う。

「お客さんの中にはどうしてもこのルアーで釣りたいという人もいるようで、そういう人には最初はアドバイスさせていただきますが、最近は色々とありますので、それ以上はしないようにしています。せっかく来て頂いているので本当は釣っていただきたいのですが、それで釣れないのであれば、仕方ないと思っています」

そのルアーで釣りたいのか、魚を釣りたいのか。魚を釣りたいのであれば、コダワリは捨て、船長のアドバイスを聞く。これも最初の一尾への近道である。船長は毎日のように海に出て、誰よりも海を見ている。

最後は、味澤船長からのお願いだ。

「釣りは楽しいものです。とにかく怪我のないように、一日を楽しみましょう。怪我はした方もさせた方も嫌な気分になります。フックは必ずバーブレス。キャストの際は必ず後方を確認してください」

ルールとマナーを守って、みんなで安全に楽しもう!

▲こんな光景を見れば、頭が真っ白になってしまうが……。「ひと呼吸おいて、落ち着いて」と味澤船長。
▲船のルアーゲームは、船長はもちろん、他のアングラーとの共同作業。自分ひとりで釣りをしているわけではない。船長が何を考えているのか、釣り人にどうして欲しいと思っているのかを考えれば、おのずと最初の一尾は近づいてくる。
▲フックは必ずバーブレス。これは乗合船のルール。ルールとマナーを守って、安全に楽しい釣りを!

出典

SHARE

PROFILE

SALT WORLD 編集部

SALT WORLD 編集部

近海から夢の遠征まで、初心者からベテランまで楽しめるソルトルアーフィッシングの専門誌。ジギングやキャスティング、ライトゲームなどを中心に、全国各地の魅力あるソルトゲームを紹介しています。

SALT WORLD 編集部の記事一覧

近海から夢の遠征まで、初心者からベテランまで楽しめるソルトルアーフィッシングの専門誌。ジギングやキャスティング、ライトゲームなどを中心に、全国各地の魅力あるソルトゲームを紹介しています。

SALT WORLD 編集部の記事一覧

No more pages to load