BRAND

  • FUNQ
  • ランドネ
  • PEAKS
  • フィールドライフ
  • SALT WORLD
  • EVEN
  • Bicycle Club
  • RUNNING style
  • NALU
  • BLADES(ブレード)
  • flick!
  • じゆけんTV
  • buono
  • eBikeLife
  • Kyoto in Tokyo

MEMBER

  • EVEN BOX
  • PEAKS BOX
  • Mt.ランドネ

東京湾口&相模湾の冬場のブリ|Part 3

東京湾、相模湾でもブリはいる。ワカシ、イナダクラスはそれこそ沢山おり、小型ジグで気軽に楽しめるターゲットだが、ワラサ、ブリクラスとなると、あまりメジャーではない。だがシーズンによって狙うことができるのだ。場所は東京湾湾口、そして相模湾の東側と西側・大磯沖だ。

今回、そんな東京湾と相模湾での冬の大物狙い撃ちの様子を3回に渡ってお送りしている。Part 3では、大磯沖の泳がせ釣りに同船してのブリ狙いについて紹介。

泳がせと同船する大磯沖の深場のブリ

一方、大磯沖のブリは、現在のところジギングでは開拓中といった感じである。なんとかこの身近なフィールドで大型のブリをジグで獲ろうと、ここ数年、本誌ソルトワールドで挑戦し続けている。では結果はどうなのかというと、ジグでは今のところ取材時には7kgクラスまでだが、それ以上のサイズのブリが確実にこの海域にいる。この「確実に」と書いたのは、泳がせ釣りでは実績があるからだ。

大磯沖は、冬になると泳がせ釣りでのブリ狙いが開始される。泳がせのエサは、カマスやサバ。出船後、まずそれらのエサを大磯港前で釣り、そこから深場のポイントへ移動して泳がせ釣りが開始される。

▲相模湾は青物ジギング専門で出ている乗合船はなく、手軽なのは大磯・邦丸の泳がせ釣りに同船させてもらうというもの。ただこの場合、泳がせ釣りがメインのため、朝一はエサのサバやカマス釣りに付き合うことになる。ちなみに探る水深は、90mほどから最深は240mほどまで

記者はここ数年、この泳がせブリをやっている大磯港の邦丸にお世話になり、ミヨシなどの釣り座に入らせてもらい、ジギングでチャレンジさせてもらっているのだ。もちろん仕立船で出船することも可能である。ちなみに泳がせ釣りでは、15kg、17kgという実績がある。そんなブリがいるとなれば、挑戦してみたくなるのが釣り人である。

では探る深場についてだが、シーズン初期の浅い場所で90mほど。だが、シーズン最盛期となると、深場のカマスの群れに付くようになり、その水深は深い場所で240mほどもある。そのため、ジグは最低でも180g、深い場所を探る場合は、250g、ときには300g以上も必要となるだろう。また、リールもラインキャパシティーが必要となる。最低でも3号を300m、400m巻けるものを用意したい。

▲大磯沖のポイントは、初期は浅いが、それでも170mほどまで探ることもある。ベイトがサバからカマスに変わると、240mに。これらの水深に合わせて、タックルを用意する。ジグは最深部では300gが必要だ。もちろん大型に耐えるロッド、ラインを用意。ラインはPE3号は必要となる。

またこのエリアのブリの探り方についてだが、正直、開拓中ということもあり、まだ「これがベスト。この方法が良く釣れる」と言い切れるものはない。

シーズン最盛期のベイトとなっているカマスは、40cmほどの大きさの場合もあり、それに合わせて大型のジグを使用するのが良いのか? ジグの動きはワンピッチで大きく飛ばしたほうが良いのか? またはスローでしゃくり上げ、フォールで喰わせるようなアクションが良いのか、試行錯誤の段階と言える。

もしかしたら、読者のあなたが挑戦し、多くの結果を得て、その結果、大磯沖のブリのパイオニアになるかもしれない。そんなことに、挑戦してみてはいかがだろうか?

▲ブリ狙いの泳がせが始まるのは11月。過去、17kgサイズも泳がせ釣りではあるがキャッチされている。

【この記事は2019年10月現在の情報です】

東京湾口&相模湾の冬場のブリ|Part 1はこちら>>>

東京湾口&相模湾の冬場のブリ|Part 1

東京湾口&相模湾の冬場のブリ|Part 1

2022年01月02日


東京湾口&相模湾の冬場のブリ|Part 2はこちら>>>
東京湾口&相模湾の冬場のブリ|Part 2

東京湾口&相模湾の冬場のブリ|Part 2

2022年01月02日

出典

SHARE

PROFILE

SALT WORLD 編集部

SALT WORLD 編集部

近海から夢の遠征まで、初心者からベテランまで楽しめるソルトルアーフィッシングの専門誌。ジギングやキャスティング、ライトゲームなどを中心に、全国各地の魅力あるソルトゲームを紹介しています。

SALT WORLD 編集部の記事一覧

近海から夢の遠征まで、初心者からベテランまで楽しめるソルトルアーフィッシングの専門誌。ジギングやキャスティング、ライトゲームなどを中心に、全国各地の魅力あるソルトゲームを紹介しています。

SALT WORLD 編集部の記事一覧

No more pages to load

x