BRAND

  • FUNQ
  • ランドネ
  • PEAKS
  • フィールドライフ
  • SALT WORLD
  • EVEN
  • Bicycle Club
  • RUNNING style
  • NALU
  • BLADES(ブレード)
  • flick!
  • じゆけんTV
  • 湘南スタイルmagazine
  • ハワイスタイル
  • buono
  • eBikeLife
  • Kyoto in Tokyo

中深海初心者に最適! 千葉県・洲崎沖のキンメジギング【後編】

中深海初心者に最適! 千葉県・洲崎沖のキンメジギング【前編】はこちら>>>

中深海初心者に最適! 千葉県・洲崎沖のキンメジギング【前編】

中深海初心者に最適! 千葉県・洲崎沖のキンメジギング【前編】

2022年01月15日

水深が深く、ジグが重い、キンメダイジギング。しかし、水深300m台がメインで、ジグも300g台で楽しめるエリアもある。今回は、東京湾口エリアを舞台に、キンメダイをジグで狙った!

アタリ連発! 良型キンメもヒット

翌日も六平丸に乗船した。

この日は320mからスタート。キンメがヒット。サイズは前日と同じくらいだ。しかしこの日はそこから凄かった。朝のうちは、ジグを投入するたびにヒットしてくるのだ。流しを替えてもヒットが続いた。

しばらくしてアタリが単発になったが、面白かったのが色による魚の違い。横島さんはグリーンゴールドでキンメを連発しているのに対し、記者のシルバー系にはサバばかりがヒット。そこであれこれ変えていき、結果ゴールド系を付けるとキンメがヒットしたのだった。

そして極めつけは、良型のヒット。小型ばかりでなく、横島さんは1.5㎏超え、記者は1.4㎏ほどを手にできたのである。これには2人とも驚いた。十分満足できるサイズのキンメがヒットするフィールドなのだ。

ちなみにこの日、水深は360mほどまで探ったが、ボトム把握を慎重にしながら、あえて300gのジグで通してみた。結果、なんとか釣りになった。もちろんこれはその日の海況により重いジグも必要になるのだが、比較的ライトにキンメゲームを楽しめるフィールドであることは確かだ。

これからキンメゲームにチャレンジするという人には、最適なフィールドといえるだろう。

▲2日間ともにサバの猛攻にあった。しかし六平丸のキンメゲームは、素早く外し、再投入が可能。ジグカラーなど、いろいろと試せるのも良い。
▲2日目、重いジグに慣れていない初心者のことを考え、300gのジグでどこまでやれるのかを検証。最深部で360mまで探ったが、問題なく釣り続けることができた。ただ着底の把握は、より集中することが必要。
▲中深海、深海の釣りでは、伸びの少ないラインは必要不可欠。深場になるほど、その差は歴然。
▲本誌記者に良型がヒット。1.5㎏弱の良型が釣れ、びっくり! 身近な洲崎沖でもいい型が釣れるのだ。
▲島さんは1.5㎏を超える良型を仕留めた。厚い魚体は見ただけで美味しそうだと分かる。「洲崎沖にも十分満足できるサイズがいるんですね!」

出典

SHARE

PROFILE

SALT WORLD 編集部

SALT WORLD 編集部

近海から夢の遠征まで、初心者からベテランまで楽しめるソルトルアーフィッシングの専門誌。ジギングやキャスティング、ライトゲームなどを中心に、全国各地の魅力あるソルトゲームを紹介しています。

SALT WORLD 編集部の記事一覧

近海から夢の遠征まで、初心者からベテランまで楽しめるソルトルアーフィッシングの専門誌。ジギングやキャスティング、ライトゲームなどを中心に、全国各地の魅力あるソルトゲームを紹介しています。

SALT WORLD 編集部の記事一覧

No more pages to load