BRAND

  • FUNQ
  • ランドネ
  • PEAKS
  • フィールドライフ
  • SALT WORLD
  • EVEN
  • Bicycle Club
  • RUNNING style
  • NALU
  • BLADES(ブレード)
  • flick!
  • じゆけんTV
  • buono
  • eBikeLife
  • Kyoto in Tokyo

MEMBER

  • EVEN BOX
  • PEAKS BOX
  • Mt.ランドネ

【CITROEN BERLINGO】 車も、釣り道具のひとつ。 だから使い勝手の良さにこだわる!

プロアングラー・大野ゆうきが日常の釣りで『ベルランゴ』を体験

釣りには、身近な場所でやるものもあれば、釣りたい魚を求めて車で遠出するものもある。さらに陸からやる手軽なものもあれば、船に乗って楽しむものもある。また、ひとつの魚を追い求める、ひとつの釣り方を追求する、大型の魚を追い求めるなど、人それぞれ楽しみ方がある。その中の海のルアーフィッシングで全国的にファンが多いと言えるのが、ショアから狙うシーバスフィッシングではないだろうか。そんなショアシーバスをメインにして釣行を繰り返しているのが、プロアングラーの大野ゆうき。ショアからの釣りとはいえ、彼の釣りには車は必要不可欠。そこでアウトドアでの使用に高評価の車、シトロエンのベルランゴで、大野の日常の釣りを楽しんでもらった。

シトロエンに関する詳細はこちらから

 

湾奥シーバス、クロダイフィッシングは、生活の一部

東京湾の湾奥シーバスの代表といえるアングラーであり、様々なメディアで活躍する大野は下町の両国で産まれ、子どもの頃から眼下を流れる隅田川や東京の海で釣りをし、成長するとともにシーバスフィッシングの虜となり、今や全国にその名を知られる存在に。近年は、シーバスフィッシングをメインにしつつ、夏場はクロダイ狙いも楽しんでいる。そして現在は、ダイワをはじめとした様々なメーカーのフィールドテスターを務め、製品プロデュースも手掛けながら、シーバスを攻略するためのルアーメーカー「POP SEA CREW」を自身で立ち上げている。そのため、時間の許す限りフィールドに赴く。釣行日数はかなり多い。

東京湾の湾奥をホームグランドにし、シーバスを追い続ける大野。湾奥には様々な運河がある。その中の釣りが可能な場所の中から、より良い釣り場を見抜いて釣行を繰り返している。

メインターゲットはシーバス。シーバスが多いと言われる東京湾だが、そう簡単には釣れない。ポイントセレクトと、どう攻めるかの経験が釣果に繋がる。

大野が、シーバスとともに夏場に狙うのはクロダイ。自身がプロデュースする「チヌキューブ」を壁際に落とし込んで狙う。面白いターゲット、釣り方だ。

 

移動を繰り返す釣り。車は無くてはならない

そんな大野ゆうきのホームグランドとなるのは、もちろん東京湾湾奥。東京湾は日本でトップクラスのシーバスの魚影を誇り、近年はクロダイも魚影が濃く人気のターゲットとなっている。ただ、そう簡単には釣れない。「より良い釣果を求めるなら、その時期、そして時間で釣りができる場所の中から、より良い場所をセレクトします。それでも釣り場に入って、もし潮の流れなどが悪ければ、すぐに移動することもあります。釣り場に、魚に合わせることが大切です」。湾奥エリアとはいえ、広い。移動には、車が不可欠というわけだ。

運河が複雑な湾奥エリア。釣果を得るには潮の満ち引きによる潮の流れが重要となるが、釣り場に入って、あまり流れていない、水質が悪いことなどもある。そのため、テンポよく移動することが重要となることも多い。

 

クロダイは人の影でプレッシャーが入り、釣れづらくなる。慎重に近づきルアーをそっと落とす。一通り探ってダメなら、次の場所へ。

 

様々な釣り方を想定して車に道具を用意。車はタックルボックスという考え

時には1日のうちに、何か所も釣り場を変えることもある大野。シーバスを狙う場合、その釣り場は護岸された場所だけでなく、河川河口、河川内などと状況により変わり、使用する道具が変わってくる。河川内に立ち込んで釣りをする場合は、自ずとウェーダーや立ち込み用のライフジャケットも必要になる。加えてクロダイのヒットの可能性があれば、そちらの道具も必要になる。そのようなことから、様々な釣り道具を車へ用意しておくこともある。「車に折り畳み自転車も積み込むことも多々あります。駐車場から入りたい釣り場まで遠いこともあるからです」。車は移動する道具とともに、釣り具を入れる大きなタックルボックスというわけだ。

様々な釣り道具をラゲッジスペースへ載せ、積載量に余裕があれば準備するときも座ってゆったりできる。ベルランゴは低くフラットなフロア、大きな開閉部で使いやすい。

シートアレンジで、様々なものを収納可能なラゲッジスペース。釣り具に加え、折り畳み自転車も、余裕で収納。

 

収納力抜群の車内。その装備には、驚きが連発

 

沢山の荷物を積める収納力が抜群のベルランゴの車内。後部シートはワンタッチで倒れ、ラゲッジスペースを広げれば、釣り竿を畳まずにルアーをセットしたまま、そのまま入れることもできる。また、助手席側のシートを倒せば、2.7mの長尺物を入れることも可能だ。さらに車内には、さまざまな場所に収納スペースが設置されているのが良い。その多さに、アイデアに大野も驚く。「釣り道具はもちろんのこと、夜の釣りに必要なヘッドライト、昼の釣りに必要な偏光サングラなどを収納しておけば、どんな時間帯の釣りも安心ですね。釣れた時の撮影用のコンパクトカメラ、コンパクトになるロッドなども入れられますね」

後部シートを倒せば、9ftクラスのシーバスロッドを、ルアーをセットした状態でそのまま収納可能。次の釣り場に入った時に、準備の手間が省け、すぐにルアーをキャストできる。

こういった場所に収納スペースがあるのは嬉しい。ここだけでもかなり広いスペースだ

サンバイザーの上にも収納スペースを確保。約18Lの容量があり、奥行きもあることから、雑誌なども入る。写真は自転車用の空気入れ。常備しておけば、いざという時に安心だ。

リアゲートの上部には、約60Lの収納スペースを設置。リアシート側、テールゲート側のどちらからでも、収納スペースの開閉が可能。釣り具を入れれば、大きなタックルボックスだ!

 

最新のドライビングアシスト機能。だから運転が楽しくなる。

シーバスの釣り場の駐車スペースまで行くために、細い道を通る時もあり、見えいにくい縁石や車止めなどがあることも。また釣り場の近くの有料パーキングが狭いこともある。そんな時に重要となるのが視界の良さ。ベルランゴは、抜群の視界の良さを誇り、さらに走行中にウインカーを出さずに車線からはみ出そうになると、車載カメラが検知してはみ出しを防ぐ「レーンキープアシスト」や、車載カメラによって車線に対するふらつきを検知して居眠りの防止を警告する「ドライバーアテンションアラート」、走行中に車載カメラがスピード制限速度の標識を認識して知らせてくれる「トラフィックサインインフォメーション」、前方の車両や障害物を検知して自動的にブレーキを作動する「アクティブセーフティブレーキ(被害軽減ブレーキ)」、高速道路などで設定速度を自動で保ち、前走車がいた場合は適切な車間距離を保つアクティブクルーズコントロールなど、様々な安全走行に繋がるテクノロジーを備えている。長時間の運転でも安心だ。

視界が良ければ、運転しながら釣り場の様子を、視界に入れることもできる。釣り場近くの細い道、狭めの駐車場でもより安心。

 

ロングドライブでも安心のクリーンディーゼルによる優れた燃費、コックピットでの高い視認性、ストレスのない走行性能により、離れた釣り場や遠征釣行の際にも最適なベルランゴ。運転で疲れないということは、その後の釣りをより楽しめるということに繋がる。さらにタッチパネルスクリーンにより、行先を素早く登録したり、スマートフォンの接続により運転中のアプリへの連絡もスクリーンに映し出ことが可能。「快適な走行性能とスマートフォン接続は、走行中のストレスを軽減できますね!」

最新のディーゼルターボエンジンの力強い走行に加え、燃費性能も良いので、遠くの釣り場へ行く人、頻繁に釣行へ行く人にも良い。

8インチのタッチパネルは、ナビゲーション、オーディオ操作に加え、ハンズフリー通話なども行える。またスマートフォンをケーブルで接続すれば、ミラースクリーン機能でスマートフォン内のアプリを表示できる。

パドルシフトも備えられている。釣り場まで坂道が多い場合は、スムーズにシフトダウンが可能。山道を走る渓流釣りが好きな人にも嬉しい。

 

ドライバーのことを、とことん考えた装備

後部の扉は狭いスペースでも開け閉めできるスライドドアとなっており、これはかなり釣りに使いやすい。さらにテールゲートを跳ね上げずにラゲッジスペースにアクセスできるリアオープンガラスハッチにより、テールゲートを開けることができない駐車場であっても、釣り具を取り出すことが可能だ。十分な車内収納スペースとともに、それらを出し入れする際のドライバーの気持ちを考えた装備なのだ。

スライドドアは、釣り場近くの駐車場に止めた後でも、釣り具の出し入れがしやすい。

 

リアオープンガラスハッチは、例えば駐車場に止めた後、テールゲートを跳ね上げられない場合などで重宝する。

 

釣りに行く時、持っていく道具をとことん厳選すれば、どんな車でも対応するだろう。ただ、釣り場であれこれ対応するためには荷物は増える。さらに積載量だけでなく、使い勝手の良さも必要である。そんなことを含めて「釣りに最適なクルマ」というのは、こんなクルマなのだろう。大野も、ベルランゴのあらゆる装備、そして走行の快適さなど、ことあるごとに驚いていた。「普段乗っている車は、釣り具が沢山載っているので、子どもを乗せると狭い言います(笑)。釣り用に、こんな車があるといいですね。ベルランゴ最高です!」

取材当日も、お昼から夕方まで様々な釣り場へと案内してくれた大野。ベルランゴなら、狭めの道、夜道でも、より安心だ!

 

シトロエンに関する詳細はこちらから

SHARE

PROFILE

SALT WORLD 編集部

SALT WORLD 編集部

近海から夢の遠征まで、初心者からベテランまで楽しめるソルトルアーフィッシングの専門誌。ジギングやキャスティング、ライトゲームなどを中心に、全国各地の魅力あるソルトゲームを紹介しています。

SALT WORLD 編集部の記事一覧

近海から夢の遠征まで、初心者からベテランまで楽しめるソルトルアーフィッシングの専門誌。ジギングやキャスティング、ライトゲームなどを中心に、全国各地の魅力あるソルトゲームを紹介しています。

SALT WORLD 編集部の記事一覧

No more pages to load