BRAND

  • Lightning
  • 2nd(セカンド)
  • CLUTCH Magazine
  • EVEN
  • BiCYCLE CLUB
  • RUNNING style
  • NALU
  • BLADES(ブレード)
  • RIDERS CLUB
  • CLUB HARLEY
  • DUCATI Magazine
  • flick!
  • じゆけんTV
  • 湘南スタイルmagazine
  • ハワイスタイル
  • buono
  • ランドネ
  • PEAKS
  • フィールドライフ
  • SALT WORLD
  • Kyoto in Tokyo

気づけばアウトドア感満載の住まいに!住む人が仕上げるマイホーム|BESS

趣味やライフスタイルを充実させたいと、BESS(ベス)の家を選択する人が増えている。今回は、もともとログハウスに興味はあったものの、BESSで家を建てたことで、気づけばアウトドア感満載の住まいになってしまったという夫妻が暮らす家を紹介。住む人が手間や工夫を凝らすことで、住宅に愛着が生まれ、理想の住まいになる……そんな実例から家づくりのヒントを伝授しよう。

新築記念に焚火台。そこから2人の生活は一変!

抜群のロケーションとなる「NIDO」は、家の屋内と外をシームレスにつなぐ

いつかは自分たちの家をとの夢を見ていたY夫妻。具体的なアクションを起こす前に「面白いところがある」と、同僚に勧められて出向いたのが、BESSのLOGWAY藤沢(展示場)だった。

「元々ログハウスには興味がありましたが、普段の生活の中や住宅地で建てるには、難しいと思っていました。しかしスタリッシュなテイストのCOUNTRY LOGやG-LOGを知り、一挙に考えが変わりました」とBESSありきで、夫妻の家づくりは始動。

新婚時は県内の主要駅近くと、便利な場所に住んでいたが、BESSで建てるならばと、一転して郊外に家を構えることに。「住宅街も含めBESSの家が建てやすい土地の候補をいただきました」。豊かな自然に囲まれたこの地に出会い、ここならば「G-LOG」とタイプも決定。

三角屋根と1階デッキ、2階テラスの「NIDO」が特徴的な「G-LOG」。三角屋根とデッキが憧れだったとご主人

そして新居が完成し、2人の生活は一変する。「新築記念に焚火台をプレゼントされたことから、キャンプ熱に火がつきました」と語るが、キャンプに行くだけでなく、自宅の「NIDO(ニド)」や庭がまさにキャンプ場状態となり、BBQや焚火、燻製作りを楽しむ日々が始まった。さらに奥様が驚いたのは、ご主人がDIYを始め、休みの度に何かをやるようになったことだった。「家をどう自分たち色に染めようか、休日をどう過ごそうか、と考えるのが楽しいです」

G-LOGをさらに知る

家も暮らしも工夫と手間をかけることで、愛着が生まれていく。BESSの家を手にしたことで、2人のライフスタイルが生き生きと輝きだした。

工夫と手間をかけたマイホームを拝見!

2階のベランダ空間「NIDO」は、グランピング施設を見まごうばかりの出来栄え。センス良く並べられたグリーンにラグ、チェアなど、オーナー夫妻のこだわりが光る。室内とシームレスにつながっており、広さが約9畳もあるため、室内から見るとベランダではなく、もうひと部屋あるかのよう。奥に見えるのはオプションで設置した「NIDO」の外シンク。スチール棚はキャンプの焚火用ギアを代用している。

屋根裏部屋はテントのように活用。「休むスペースがあちこちにあります」と夫妻。こちらも収納からチェア、テーブル、ランタンにいたるまでアウトドアグッズでコーディネイト。同じ建物であっても、こだわりと手間暇をかければここまでアウトドア感満載に仕上げることもできるのだ。住む人によってここまで個性を引き立たせてくれるのもBESSならではだ。

廊下が存在せず、吹き抜けで広がる1階のLDKは想像以上の広さ。大型の家具を配置してもこの余裕。

開放感を生んでいるのがこの吹き抜け。屋根まであるので、2階でも開放感がある

リビングダイニングの奥にあるキッチンスペース。L字型のキッチンが気に入ったと奥様。収納スペースも多く使い勝手がいい。タイルと木目調のキッチン、そして板張りの床がカントリーな雰囲気を醸し出す。

そしてこちらは、2階に設けた通称“猫カフェ”。こちらに引っ越したタイミングで2匹の猫を飼い始めた。棚の書棚はご主人のDIY。まるでオーダーしたかのように部屋にマッチ。趣味の漫画本がこれならもっと増えても大丈夫そうだ。

玄関ドアはブルーにセルフペイント。流木のオブジェもご主人によるもの。流木を使ったオブジェやインテリアが随所に取り入れられており、統一感を生んでいる。

2階にも流木を使ったインテリアを設置。こっちらにはグリーンのほかランタンもぶら下げた

BBQや焚火は1階のデッキや、屋外にタープを張り行う。地元の人が薪や野菜の差し入れをしてくれることも。薪をストックしても広々としたスペース。雨風もよけることができるので、買い物帰りにドアの開け閉めで濡れる心配もない。

他のG-LOGオーナーの暮らしを見る

  • ■Owner’s Data Y邸
  • TYPE : G-LOG セッカ Y
  • 築年数 : 3年
  • 土地面積 : 327.27㎡
  • 延床面積 : 99.36㎡、14.56㎡(デッキ)、14.56㎡(NIDO)

【問い合わせ】
LOGWAY BESSスクエア
☎︎ 03-3462-7000
www.bess.jp

●全国のBESS LOGWAYはこちら

●BESSについてもっと知るにはこちら

SHARE

PROFILE

湘南スタイルmagazine 編集部

湘南スタイルmagazine 編集部

1998年創刊の湘南を代表するメディア。湘南エリアに住む人と住んでみたい人に向けて、湘南オリジナルのライフスタイルと暮らしを充実させるテクニックを訴求し続ける。

湘南スタイルmagazine 編集部の記事一覧

1998年創刊の湘南を代表するメディア。湘南エリアに住む人と住んでみたい人に向けて、湘南オリジナルのライフスタイルと暮らしを充実させるテクニックを訴求し続ける。

湘南スタイルmagazine 編集部の記事一覧

No more pages to load