BRAND

  • Lightning
  • 2nd(セカンド)
  • CLUTCH Magazine
  • EVEN
  • BiCYCLE CLUB
  • RUNNING style
  • NALU
  • BLADES(ブレード)
  • RIDERS CLUB
  • CLUB HARLEY
  • DUCATI Magazine
  • flick!
  • じゆけんTV
  • 湘南スタイルmagazine
  • ハワイスタイル
  • buono
  • ランドネ
  • PEAKS
  • フィールドライフ
  • SALT WORLD
  • Kyoto in Tokyo

本当に大切なものに囲まれる贅沢な暮らしと時間が流れる住まい|鎌倉エリア

空間デザインのプロデュース、プロ用のユニフォームのサービス、そして柔術の道場の運営と、実業家としてさまざまな顔を持つ坪井さん。家族との時間を大切に過ごせる、シンプルライフの鍵となる住まいとは。

家族との幸せを満喫する鎌倉で過ごすシンプルライフ

坪井さんが鎌倉に移住することになった主な理由は、仕事の独立を機会に、息子の夏帆くんの生活環境を整えること。もうひとつは、自身が所属するカルペディエム柔術スタジオ(https://bjjkamakura.com)の鎌倉支部をオープンさせるため。大船支部(https://bjjkamakura.com/ofuna/access/)も2019年にオープン。感度の高い層から女性、子どもまで人気を博す。サラリーマン時代、坪井さんは八丁堀駅付近に建てた一軒家で暮らしていた。便の良さについては申し分なかったのだが、デザインが強すぎたせいか、住み心地にはどこか不満を感じていたそう。そんな日々の中、サーフィンを嗜む坪井さんは、以前から鎌倉へよく遊びに来ていたこともあって、いつかこの街に移り住もうと心に決めていた。

「職業柄かもしれませんが、僕は工業デザインやプロユースのために作られた存在感のあるプロダクトが好み。例えるなら、フランスのデュラレックス社のグラスがそう。シンプルな中にも味があって、自宅でもレストランでも気兼ねなく使える色褪せないデザイン。さらには、耐久性はもちろん、割れた時に広がらず危険性が低いことまで計算されている。自宅にもそんな力強さを取り入れたかったし、これは僕がデザインの仕事で常に心がけていることです」と坪井さんは語る。

極端に作家性があるものよりも、インダストリアルなデザインであったり、プロユースのプロダクトが好きだと語る坪井さん。ドアノブひとつからもそんな好みが伝わる。

特にこだわったのは、家の中央に柱を立てない建築設計と素材の質感と聞けば、誰もが頷ける。
「インテリアもまったく同じことが言えます。ほとんど自分たちで作れてしまうこともあるのですが、もし買う場合は、作家性のあるものでなく、インダストリアルな雰囲気であったり、実用性を重視して選ぶようにしています」

等間隔にセットされたシ ェードやブラインドで統 一した窓辺など、いたっ てシンプルながら美しく 魅せるのが坪井流。

また、自分たちが本質的に豊かになるための暮らしを実践する坪井さんのシンプルライフは、本当に見習うべき点が多い。

「断捨離とまでは言わないにしても、不要だと感じられるものはなるべく処分するように心がけています。その方が、生活自体もすっきりします。本当に捨てられないものを挙げるなら、息子の成長を記録した家族の思い出が詰まった品ぐらいです」

温かい家族への眼差しがあるからこそ暮らしはより豊かになる。

家族の大切な思い出の品々が並べられたリビングの棚はヴィンテージ。

この家のいたるところに息子の夏帆君の成長の証が刻まれている。ドアには蹴破った日付が記されている。

子ども部屋の壁には夏帆君の数年前の身長を記録したメモが記されている。

白を基調とした無駄のないシャワールーム

キッチンを除く水回りは、主に2階に集中。階段と同じく、白を基調としたシャワールームは内装・機能ともに無駄が一切ない。

スペースを広めにとった、見るからに心地いい雰囲気の浴槽。その横には息子の夏帆くんが腰掛けられるように段差を設けた気遣いが。

手すりなどが一切ないミニマムな階段。白で統一した空間ゆえに、床のタイル材などのテクスチャーの質感が独特の雰囲気を醸す。

不要なものをなくしたシンプルな設計

坪井邸の中でもめずらしいハイテク家電。ドイツ発の家電メーカ、ミーレ社のビルトイン調理機器をキッチンに採用。

ミーレの家電の合わせ、ワンオフの黒の棚で統一感を与えている。

ドアなどに使用されたグレーの塗料は、手作業ゆえの微細なトーンの差が味わいとなっている。

インテリアとしての存在感を醸し出すのは、ベースアネアボタナイズで購入したという塊根植物。

スペースを有効活用する意図もあって、廊下は狭めに設定。階段のタイルの印象に対して、床に木材を使うことでトーンにメリハリを与えている。

なるべくものを少なめに持つように心掛けている坪井家だけあって、シュークロゼットは極端にコンパクトな間取りにしつつ、収納力は抜群。

こだわりの事務所兼セレクトショップ

1階は事務所兼セレクトショップ「Losango」の坪井邸。空間プロデュース業を営む、クリエイターらしい佇まい。

16年間もの間インテリアショップでバイヤーを務めていただけあり、ショップでは様々なアイテムを展開。WEBでも購入可能。http://losango.jp/

自宅スペースとは打って変わって、事務所のデスクに下には、スニーカーやラジコンカーなど、坪井さんの趣味道具などが所狭しと並ぶ。

デスクの後ろには、坪井さんが遊び仲間たちと結成した「TheBattersTokyo」のユニフォームの姿も。

1階の事務所には、ユニフォームのサンプルがずらり。

メダルの数々は坪井さんの柔術家として輝かしい戦績を物語る。

出典

SHARE

PROFILE

湘南スタイルmagazine 編集部

湘南スタイルmagazine 編集部

1998年創刊の湘南を代表するメディア。湘南エリアに住む人と住んでみたい人に向けて、湘南オリジナルのライフスタイルと暮らしを充実させるテクニックを訴求し続ける。

湘南スタイルmagazine 編集部の記事一覧

1998年創刊の湘南を代表するメディア。湘南エリアに住む人と住んでみたい人に向けて、湘南オリジナルのライフスタイルと暮らしを充実させるテクニックを訴求し続ける。

湘南スタイルmagazine 編集部の記事一覧

No more pages to load