BRAND

  • Lightning
  • 2nd(セカンド)
  • CLUTCH Magazine
  • EVEN
  • BiCYCLE CLUB
  • RUNNING style
  • NALU
  • BLADES(ブレード)
  • RIDERS CLUB
  • CLUB HARLEY
  • DUCATI Magazine
  • flick!
  • じゆけんTV
  • 湘南スタイルmagazine
  • ハワイスタイル
  • buono
  • ランドネ
  • PEAKS
  • フィールドライフ
  • SALT WORLD
  • Kyoto in Tokyo

北鎌倉の閑静な山上に構えたシンプルで暮らしやすい家|鎌倉エリア【ベストホーム】

施主自らの設計デザインを丁寧に寄り添った仕事で叶えた。

ベストホームの確かな技術が、施主の設計を具現化

北鎌倉の閑静な住宅地を抜けた山頂付近に居を構えるK邸。山々を見渡し、寺院などの古刹(こさつ)を眼下にした好立地だ。一家は鎌倉の落ち着いた風情が気に入り、子どもの成長ステージが変わるタイミングで移住を決意した。

ご主人は大手の設計事務所に勤務しており、博物館や公共施設などの設計を手掛けている。「大型施設の設計とは勝手が違う、木造住宅の細かい調整や申請などはお願いしなければならず、工務店機能も充実した会社を探していました」。土地を購入した地元の老舗不動産会社より、湘南に根ざし、信頼の置ける会社ということで紹介されたのがベストホームだった。

家のデザイン設計はご主人が行い、建築資材や細部は同社と相談しながら決めていった。床材やキッチン、水回り機器などは夫妻が個人購入し、取り付けだけをお願いした部分も多く、そんな要望もすべて叶えてもらったことで家づくりは理想的に進行したのだそう。

デザインでまずこだわったのは、抜群の眺望を活かした1F部のLDK。玄関側からウッドデッキへと一直線に空間が開ける。メインの窓は外入れサッシとすることで全面開放でき、山々の稜線が広がる圧巻の景色がまるで絵画のように広がる。室内では料理好きの奥様のために大型キッチンをオーダーで設えた。使いやすさを考えて、玄関から直接キッチン側へ抜ける動線も確保されている。

「間取りは複雑にせず、シンプルにすることで動線を明確にして使いやすさを求めました」。そこにベストホームの確かな技術が結集し、自分たちらしい快適な生活を送れる家が生まれたのだ。

外観はダークブラウンを基調としつつ、玄関ドアの赤をアクセントに。通風・日当たりとも良い立地だが、外壁は性能向上を図り、空気層込みの二重断熱工法を採用。加えて、冬場の底冷え対策として、床暖房を取り入れている。

動線を明確にしたシンプルな間取り

ウッドデッキへと続くLDK。

リビングダイニングのある1Fは天井高を極限まで出すため梁を見せ、2.7mの高さを確保したことで開放感を生んだ。

ダウンライトの光で落ち着つきある表情が楽しめる。

 

奥様の要望でキッチンは既製品を採用せず、大型サイズをオーダーメイド。大型のシンクや作業台のスペースも十分確保されている。奥には玄関から直接アクセスできるパントリーが続いており、買い物で帰宅した際には利便性を発揮。

キッチンの壁面タイルはご主人の仕事関係から仕入れたもの。タイルとメタルが組み合わされたことで、個性的なニュアンスを生んでいる。

フロアにはウォールナットの床材を採用。壁はブルーを基調としたデニム調クロスを用い、場所によって濃淡を表現している。

在宅で仕事をする機会も多い夫妻は寝室に隣接した書斎をそれぞれ設けた。論文を書くことの多い奥様は床座りのスタイル(左)。CADなどで図面を引く仕事が多いご主人はテーブルスタイル(右)。

屋上バルコニーより眼下に広がる鎌倉の山々を臨む。春の白く霞む山桜に始まり、新緑の木々など四季折々の表情を感じることができる贅沢な場所だ。

注文住宅情報|鎌倉エリア

施工ビルダー
ベストホーム

茅ヶ崎市堤2585-3

ベストホームの詳細はこちらから。

ベストホーム|茅ヶ崎市堤【注文住宅ビルダーリスト】

ベストホーム|茅ヶ崎市堤【注文住宅ビルダーリスト】

2020年10月02日

出典

SHARE

PROFILE

湘南スタイルmagazine 編集部

湘南スタイルmagazine 編集部

1998年創刊の湘南を代表するメディア。湘南エリアに住む人と住んでみたい人に向けて、湘南オリジナルのライフスタイルと暮らしを充実させるテクニックを訴求し続ける。

湘南スタイルmagazine 編集部の記事一覧

1998年創刊の湘南を代表するメディア。湘南エリアに住む人と住んでみたい人に向けて、湘南オリジナルのライフスタイルと暮らしを充実させるテクニックを訴求し続ける。

湘南スタイルmagazine 編集部の記事一覧

No more pages to load