BRAND

  • Lightning
  • 2nd(セカンド)
  • CLUTCH Magazine
  • EVEN
  • BiCYCLE CLUB
  • RUNNING style
  • NALU
  • BLADES(ブレード)
  • RIDERS CLUB
  • CLUB HARLEY
  • DUCATI Magazine
  • flick!
  • じゆけんTV
  • 湘南スタイルmagazine
  • ハワイスタイル
  • buono
  • ランドネ
  • PEAKS
  • フィールドライフ
  • SALT WORLD
  • Kyoto in Tokyo

ロングライフなデザインで、豊かな暮らしを実現する|横須賀エリア【北村建築工房】

素材の持ち味を引き出し、シンプルに構成した家は、心豊かに暮らす本来の湘南らしさを体現する住まいだった。

素材の力を重視した温かみのある家

温かみのある無垢材や土壁などの自然素材で構成された室内で、開放感のあるリビングの窓から庭の緑蔭を眺めれば、まるで山上の高原にいるかのような錯覚が。

こちらの自宅兼モデルハウス、そして事務所を新設したのは湘南エリアを中心に家づくりを行い、創立100年を迎える老舗「北村建築工房」の北村夫妻。「普通の感じがするけれど、本質を求め、素材の力を重視しました」と、同社の代表である佳巳さん。あえて過度な装飾を廃し、素材が持つ本来の味わいで空間の豊かさをデザインした。

家の大部分を占める床材は1階にはブラックチェリー、2階には吉野杉、壁面には土壁を用いた。キッチンから手すりなどの細部はオリジナルで造作。トータルでのものづくりを標榜するだけに、どこを取っても仕事に抜かりはない。

さらに「外部と繋がることで豊かさは生まれます」との言葉通り、リビングの先には山採りの木々がそよ風に心地よく揺れる。家の内と外が繋がり、さらに自然豊かな湘南の環境へシームレスに溶け込む。そんな豊かで健やかな暮らしが約束される住まいなのだ。

玄関側の外壁は九州シラス台地の土を用いた「そとん壁」という種類。無機質な天然セラミック材なので色落ちせず、苔などの汚れが付きにくい。

北側に当たる玄関前には苔やシダの植栽コーナーも。

開放感のある贅沢な吹き抜けのリビング

最高等級の耐震性と制震装置も備えた延床35坪の住宅には親子三代で生活。贅沢な吹き抜けがあるため、空間の広がりが生まれている。「家は小さく作り豊かに暮らす」という同社コンセプトのひとつをまさに体現している。

吹き抜けの2階部分には大型の書棚を設えた。また、勾配天井にすることで空気の循環を良くしている。さらに本住宅は、窓を開ければ自然の風がよく抜けるが、最新の高い断熱性能と気密性能を備えた省エネ住宅でもある。「パッシブソーラーシステム」を採用したことで、夏は放射冷却で生じた冷たい空気を、冬は陽射しで温められた空気をダクトで床下に送り、各部屋の温度が一定になるように工夫されている。

リビングの窓は全面開放でき、庭の緑が自然と目に飛び込んでくる。雨戸代わりとなるシャッターがついているが、収納ボックスを見せずに壁の内側に隠している。余計な線を消してミニマムなデザインに抑えるための細かい配慮が施されている。

リビングからキッチン、奥手の玄関までを臨む。玄関をはじめドア類はすべて引き戸を採用している。風を導き入れやすく、風量の調整も可能なのだ。左手のソファやテレビボードなども家具デザイナーとコラボして造作。

窓辺の床下からはパッシブソーラーシステムによる冷風や温風が出てくる。

重厚な紀州杉の梁に守られたダイニングキッチン。キッチンはアイランド型で回遊性も良い。

キッチンの壁面には麻の葉タイルを使用。かわいい和模様が女性には人気。

床板は節の多い吉野杉を2階に、家具で使われることが多いブラックチェリーを1階で使用。ニュアンスの違いが一目瞭然だ。

印象的な陶器のシンクは北鎌倉の工房にオーダーしたオリジナル。

ロフトへ上がる階段。手前の柱は以前の自宅のものを流用。

モデルハウスとしても活躍する事務所兼アトリエ

事務所の奥に自邸を構える。自邸のサイド外壁にはガルバリウムを使用。

落ち着いた雰囲気の門灯は鉄工デザイナーに依頼。鉄板に亜鉛メッキをかけ、リン酸処理という特殊加工を採用。文字も糸ノコで削り出したハンドメイド。

延床24坪のモデルハウス&アトリエ。打ち合わせスペースや事務所も兼ねている。木製の大開口サッシで繋がるウッドデッキと庭の一体感が気持ちいい。

家の模型などが並ぶ1階の来客用打ち合わせスペース。モデルルームの室内では北海道の間伐材によるみずならの床板やタイル床、京土壁・漆喰・珪藻土の左官仕上げなど、全国より集められた素材や工法による実物に触れ、家づくりのアイデアが膨らむ空間となっている。

中空に浮かぶようなフォルムの薪ストーブは両面ガラスのオリジナルデザイン。庭には薪置場があり、薪を大量にストックしてある。

2階は事務所スペース。外の景色や風が感じられる快適なオフィスでスタッフたちが日夜業務を行なっている。

奥手には家づくりの参考となる大工造作のカウンターやキッチンも完備。テーブルなどの家具やハンドルといったパーツもデザインし、多くの家具屋やアーティストとコラボしたものであり、同社のオリジナリティ溢れるものづくりのスピリットを感じとることができる。

注文住宅情報|横須賀エリア

施工ビルダー
北村建築工房

神奈川県横須賀市追浜東町2-13/鎌倉オフィス:神奈川県鎌倉市大町1-16-19 KAYA studio 2F

北村建築工房の詳細はこちらから。

北村建築工房|横須賀市追浜【注文住宅ビルダーリスト】

北村建築工房|横須賀市追浜【注文住宅ビルダーリスト】

2020年10月02日

出典

SHARE

PROFILE

湘南スタイルmagazine 編集部

湘南スタイルmagazine 編集部

1998年創刊の湘南を代表するメディア。湘南エリアに住む人と住んでみたい人に向けて、湘南オリジナルのライフスタイルと暮らしを充実させるテクニックを訴求し続ける。

湘南スタイルmagazine 編集部の記事一覧

1998年創刊の湘南を代表するメディア。湘南エリアに住む人と住んでみたい人に向けて、湘南オリジナルのライフスタイルと暮らしを充実させるテクニックを訴求し続ける。

湘南スタイルmagazine 編集部の記事一覧

No more pages to load