[初夏の京都へ]絶対にハズさない! 選んで楽しい、もらって嬉しい、いま注目の京土産 [UCHU wagashi &nikiniki]

素敵な小物や和菓子がたくさんある京都。お土産選びも楽しみのひとつだが、目移りしてなかなか決められない、なんてことも。そこで、そんな時に覚えておくと役立つ、いま注目の和スイーツをご紹介。これまでにないモダンな色・形・味わいを追求しながらも、和菓子の伝統を感じさせる京都らしい繊細なお菓子は、「センスいいね!」と誰からも喜んでもらえること間違いなし。そんなひと味違う京土産が手に入る、2つのショップを押さえておこう。

ありそうでなかった、カラフル&キュートな新感覚の生八ッ橋

nikiniki(ニキニキ)|絶対にハズさない! 選んで楽しい、もらって嬉しい、いま注目の京土産  [初夏の京都へ]
驚くなかれ。このカラフルでかわいらしいスイーツ、実は京銘菓の生八ッ橋をベースにしたものなのだ。生みの親は、老舗・聖護院八ッ橋総本店が新しい八ッ橋の楽しみ方を提案すべく立ち上げた新ブランド「nikiniki」。八ッ橋や生八ッ橋の風味はそのままに、四季折々の色鮮やかな形と和洋の素材を組み合わせ、今までにない新鮮なお菓子を生み出している。

花のように可憐な写真のスイーツの名は「カレ・ド・カネール」。フランス語で「四角いシナモン」の意で、シナモンの近縁であるニッキの効いた生八ッ橋の生地のことを指している。好みの生八ッ橋生地と季節ごとの餡やコンフィ(ジャム)などを組み合わせ、自分だけの味が楽しめるのが魅力。できたてをすぐに店頭でいただけるが、お土産にはしゃれたボックス入りのお持ち帰りセット(賞味期限2日)を。このほか、生菓子から日持ちがするお菓子までいろいろ取り揃えられているので、用途に合わせて選びたい。

SHOP DATA
nikiniki(ニキニキ)
「カレ・ド・カネール」1個/80円~、お持ち帰りセット/800円~
住所:京都市下京区四条西木屋町北西角
Tel:075-254-8284
営業時間:10:30~19:00
定休日:不定休
交通アクセス:阪急河原町駅5番出口すぐ
駐車場:なし

小箱の中の小宇宙。モダンに生まれ変わった新しい落雁

UCHU wagashi(ウチュウワガシ)|絶対にハズさない! 選んで楽しい、もらって嬉しい、いま注目の京土産  [初夏の京都へ]
モダンで洗練された色と形が目を引くこの落雁は、京都の落雁専門店「UCHU wagashi」のもの。日本の伝統的な和菓子である落雁と新しい発想との出会いによって誕生した、いわば落雁のニューウェーブだ。選び抜かれた素材と和三盆糖で作られた落雁は口溶けがよく、品のいい甘さ。これまでにない素材との組み合わせによる新鮮な味わいも魅力だ。

写真の「drawing」は、6色のピースを組み合わせて絵を描くように形を作ることができる、見て楽しく食べておいしい落雁キット。春はチューリップ、夏は魚というように季節のモチーフを形作れば、気の利いたおもてなしにも。このほか、動物をかたどった愛らしい落雁、フルーツやチャイ風味の落雁、カラフルな干菓子の詰め合わせなど、心躍るようなお菓子がいっぱい。すべてお菓子に合わせてデザインされた美しい小箱入りで、贈る人の顔を思い浮かべながら選ぶのも楽しい。

SHOP DATA
UCHU wagashi(ウチュウワガシ)
「drawing」20個入り/650円
住所:京都市上京区猪熊通上立売下ル藤木町786
Tel:075-201-4933
営業時間:10:00~18:00
定休日:月曜
交通アクセス:地下鉄今出川駅徒歩15分
駐車場:なし
http://www.uchu-wagashi.jp/

「こんな和菓子を待っていた!」と思わず喝采を贈りたくなるほど、魅力的なお菓子たち。せっかくなので、お土産と言わず、自分用にもあれこれ買い求めたい。
(エイパブ編集部・ヨシダ)

SHARE

PROFILE

FUNQ

FUNQ

趣味の専門誌を届けてきた私たちが世界中の人に向けて、趣味の世界への入り口をつくりました。彩りに満ちた人生の新たな1ページが、ここから始まります。

トリコガイドシリーズ TOPへ

No more pages to load