お土産だけではもったいない! 自分で食べちゃいたい話題の東京駅スイーツ

東京の玄関口・東京駅。多くの人が行き交う駅構内には、話題のショップやレストランがずらりと並ぶ。なかでもお土産はかなりの激戦区で、ゆえにハイレベルなスイーツが集まっており、ショーケースを眺めるだけでも心が躍る。そこで、いま東京駅で買うべき、お土産に絶対に喜ばれる注目スイーツをご紹介しよう。

箱を開けた瞬間に歓声がわく! 華やかフラワーババロア

花のババロア havaro(ハバロ)の“フラワーババロア”|お土産だけではもったいない! 自分で食べちゃいたい話題の東京駅スイーツ

いま一番の注目スイーツが「花のババロア havaro(ハバロ)の“フラワーババロア”」。食べられるお花・エディブルフラワーを季節に合わせてあしらったババロアは、まるでブーケのような華やかさ! フレーバーは全部で6種あり、贈る相手や気分によって選べるのもうれしい。ひと口サイズの「ペタル」や、小さいサイズの「フルール」を自由に組み合わせるのも◎

花のババロア havaro(ハバロ)
フラワーババロア

価格:2000~2800円(直径15cm)
※入荷した花により価格が変動
住所:千代田区丸の内1-9-1 東京駅一番街1階 TOKYO Me+ 内
電話:03-3218-0051
営業時間:9:00~20:30(土・日曜、祝日~20:00)
定休日:なし

東京土産の定番、あの「ひよ子」がプリンに!

0東京ひよ子お気に入りプリン|お土産だけではもったいない! 自分で食べちゃいたい話題の東京駅スイーツ

東京のお土産といえば、真っ先に「東京ひよ子」を思い浮かべる人も多いはず。そんな定番の銘菓がプリンに! 愛らしい姿はそのままに、ミルク風味のやさしい味は子どもから大人まで人気。春~初秋はカラメルソース、秋~初春はフランスロレーヌ産岩塩を使用した塩キャラメルソースと、季節によって違う味が楽しめる。

東京ひよ子 大丸東京店
東京ひよ子お気に入りプリン

価格:1188円(6個入り)
住所:千代田区丸の内1-9-1 大丸東京店1F
電話:03-3212-8011(代表)
営業時間:10:00~21:00、土・日曜・祝日~20:00
定休日:1月1日

駅舎のカタチをした和スイーツ

あわ家惣兵衛 東京駅丸の内駅舎最中|お土産だけではもったいない! 自分で食べちゃいたい話題の東京駅スイーツ

老舗和菓子屋が手掛けるのは、丸の内駅舎を型取ったスティックタイプの最中。中身は、小豆あんとバタークリームの組み合わせで、口どけ滑らか。鉄道ファンや子どもが大喜びすること間違いなしの和スイーツで、赤レンガ駅舎を彷彿とさせるパッケージもうれしいポイント。

あわ家惣兵衛
東京駅丸の内駅舎最中

価格:1300円(5個入り)
住所:千代田区丸の内1-9-1 JR東京駅構内 1F
電話:03-3287-4929
営業時間:6:30~22:30
定休日:なし

旅先へのお土産はもちろんのこと、自分でも味わってみたいスイーツが揃う東京駅。アレコレ迷いながら、エキナカ・スイーツめぐりを楽しもう。
(K)

SHARE

PROFILE

FUNQ

趣味の時代に読むメディア

FUNQ

趣味の専門誌を届けてきた私たちが世界中の人に向けて、趣味の世界への入り口をつくりました。彩りに満ちた人生の新たな1ページが、ここから始まります。

FUNQの記事一覧

趣味の専門誌を届けてきた私たちが世界中の人に向けて、趣味の世界への入り口をつくりました。彩りに満ちた人生の新たな1ページが、ここから始まります。

FUNQの記事一覧

トリコガイドシリーズ TOPへ

No more pages to load