何回行っても楽しめるのが沖縄! リピーターにオススメのとっておき3スポット

初めての沖縄旅行で押さえておきたい観光スポットといえば、まず浮かぶのが首里城や美ら海水族館。だけど旅も2度目なら、定番以外の場所にも足を運んでみたい。そんなリピーターのみなさんにおすすめしたいのが、「行ってよかった!」と必ず思える、ちょっぴりマイナーな3つのスポット。見て、買って、食べて、沖縄を丸ごと楽しみ尽くそう!

お気に入りの器にきっと出合える、「やちむん」の工房

20160405_04 温かみのある素朴な美しさにファンが多い、沖縄伝統の焼き物「やちむん」。そんなやちむんの工房が軒を連ねる読谷村の「やちむんの里」は、ぜひ足を運んでみたいスポット。

中でも注目は、読谷山窯の大嶺實清氏の下で修行を積み、2002年に開業した知花實さんの工房・横田屋窯。斜面に沿って焼き窯を連ねた昔ながらの登り窯を使って生み出される器は、沖縄の大地のようなのびやかさと、伝統を感じさせる端正な佇まいを併せ持つ。自分好みの器を持ち帰って、食卓でも旅の余韻を楽しもう。

DATA
横田屋窯(ゆくたやがま)
住所:中頭郡読谷村座喜味2651-1
電話:098-958-0851

 

恋が叶うかも! 絶景ビーチの新名所・ハートロック

20160405_01 エメラルドグリーンの海をバックに佇む、キュートなハート型の岩……この「ハートロック」に出合えるのは、本島から車で行ける離島・古宇利島のティーヌ浜

「沖縄版アダムとイヴ」とも言うべき創世神話が伝わる「恋の島」に、こんなロマンティックな奇岩があるなんて、なにか運命的なものを感じずにはいられない。恋愛成就を願って訪れる人も少なくなく、今では島の新名所になっているのだとか。浜へと向かう、舗装されていない小道の風情も味わい深い。

DATA
ティーヌ浜
住所:国頭郡今帰仁村古宇利
電話:0980-56-1057(今帰仁村観光協会)

 

亜熱帯の森の空気もごちそう。心落ち着く癒しのカフェ

20160405_03 豊かな自然を生かした絶景カフェも、沖縄旅行の楽しみのひとつ。南国ならではの森の息吹を感じたいなら、本島北部・本部町にあるCafe icharaがおすすめ。

テラス席からは、手を伸ばせば届きそうなほど間近に緑したたる亜熱帯の木々が眺められる。石窯で焼き上げるピザやオリジナルナンカレーなど料理も絶品で、みずみずしい森の空気とともにいただけば、心も体もリフレッシュできること間違いなし。ここでしか味わえない贅沢な時間を、心ゆくまで堪能したい。

DATA
Cafe ichara(カフェ イチャラ)
住所:国頭郡本部町伊豆味2416-1
電話:0980-47-6372
営業時間:11:30~16:15(L.O)
定休日:火・水曜

 

ご紹介した3つのスポットでは、初めてのときとはまた違った沖縄の表情が見られるはず。その魅力をもっと広く、もっと深く味わって、心に残る素敵な旅を。
(エイパブ編集部・ヨシダ)

SHARE

PROFILE

FUNQ

趣味の時代に読むメディア

FUNQ

趣味の専門誌を届けてきた私たちが世界中の人に向けて、趣味の世界への入り口をつくりました。彩りに満ちた人生の新たな1ページが、ここから始まります。

FUNQの記事一覧

趣味の専門誌を届けてきた私たちが世界中の人に向けて、趣味の世界への入り口をつくりました。彩りに満ちた人生の新たな1ページが、ここから始まります。

FUNQの記事一覧

No more pages to load