鎌倉でデート!カップルで楽しめるゆったりプラン

鎌倉でのデートは、パワースポットやグルメを楽しめるカップルに人気のエリアです。でも鎌倉エリアは結構広いので効率的にまわりたいもの。寺社仏閣めぐり、しらす丼、小町通り、江ノ島電鉄。あらかじめ大体の距離感をつかんでおけば、旅はもっと効率的かつ楽しくなりますよ!今回はカップルの鎌倉デートにおすすめのスポットを紹介します。

デートのスタートは江ノ電・江ノ島駅から

明治35年の開業から110年余り、いまも当時の面影を残す江ノ島電鉄、通称「江ノ電」は、鎌倉〜藤沢間を片道約
34分で行き来します。乗るだけでも十分に楽しめますが、より深く楽しむには、自由気ままに好きな駅で降りてみるのもおすすめ。駅周辺ではレトロな街並みや、海、山など、乗るだけではわからなかったこの街の魅力を発見できます。

散策に便利な「のりおりくん」。江ノ島電鉄の区間内が何度でも乗り降り可能な一日乗車券。ほかにも、提携飲食店、一部寺院や美術館での拝観料、入館料割引などの特典もあります。

小町通りで食べ歩き

小町通りを歩いていると、あちらこちらでおいしい誘惑が。和洋スイーツから軽食まで、鎌倉名物をそぞろ歩きのお供に!

お茶屋さんプロデュースの本格派「鎌倉茶々」

老舗のお茶屋さんが厳選した抹茶をふんだんに使用。ほろ苦さと甘みがとろけ合う濃厚な味わいは癖になりそう。ジェラートは5段階、ソフトクリームは2段階から抹茶の濃さを選べます。

(左)抹茶っ茶ソフトクリーム。(右)抹っ茶っ茶ジェラート。

【DATA】
鎌倉茶々(かまくらちゃちゃ)
住所:神奈川県鎌倉市雪ノ下1-6-8
電話:0467-84-8829
営業時間:10:00〜 閉店17:00~19:00 ※季節・天候で変更あり
定休日:不定休
https://kamakura-chacha.com/

丁寧に焼き上げる“天然”たい焼き「鎌倉 浪花屋」

店主が一丁焼きで丁寧に仕上げるたい焼き専門店。つくりたてはパリッと、時間が経つともっちり食感になるのでお土産にも嬉しいですよね。北海道十勝産の小豆を用いた自家製あんも絶品で、夏はかき氷、冬はおしるこなどでも味わえます。セルフサービスのお茶あり。

たい焼き。

 

【DATA】
鎌倉 浪花屋(かまくら なにわや)
住所:神奈川県鎌倉市小町1-7-8
電話:0467-23-8810
営業時間:11:00〜18:00
定休日:月曜日
https://ja-jp.facebook.com/pages/category/Dessert-Shop/%E9%8E%8C%E5%80%89%E6%B5%AA%E8%8A%B1%E5%AE%B6%E3%81%9F%E3%81%84%E3%82%84%E3%81%8D-415321968658343/

変わらない手づくりの味「わっふる21」

ホームメイドにこだわり30年の、バリエーション豊富なワッフル専門店。新鮮な卵をはじめ素材を厳選してつくるワッフルは、しっとりフワフワでとろけるような食感に。無添加・無香料のカスタードをベースに、常時8種類が揃います。

左から、チーズフレッシュ、グリーンフレッシュ、マーブルフレッシュ。

【DATA】
わっふる21(わっふるにじゅういち)
住所:神奈川県鎌倉市雪ノ下1-9-29 2F
電話:0467-25-6180
営業時間:11:00〜17:00
定休日:月曜日、第3火曜(7・8月は不定休)

鎌倉最強のパワースポット鶴岡八幡宮

1063(康平6)年、源頼義公が八幡宮を由比ヶ浜近辺に祀ったのがはじまりで、1191年に上下両宮が現在の地に整えられました。三の鳥居を抜けると、静御前が舞を納めた若宮廻廊跡に建つ舞殿、大石段を上った奥にある本宮など、時を超えていまに伝わる建造物が点在します。

全国にその名を轟かせる鎌倉の最強パワースポット鶴岡八幡宮。
楼門の八幡宮の「八」の字は、八幡さまの神聖な使いとされる鳩になっています。
東の源氏池(げんぺいいけ)は島が3つ(=産)、西の平家池は島が4つ(=死)それぞれの栄枯盛衰を表しているといわれています。春は桜、夏はハスの花が見頃です。
境内のほぼ中央にあるのが舞殿(まいでん)。静御前が源義経を慕い、舞を舞ったところに建っています。本宮の下拝殿として、神事や結婚式などが行われています。
樹齢約1000年の大銀杏は平成22年に倒伏するも、根元から子銀杏が育っているのを確認。参拝者にも力強い生命力を分け与えています。
旗上弁財天社(はたあげべんざいてんしゃ)。頼朝公の旗上げにちなみ、源氏の二引きの旗に願をかける人が多くいます。境内の政子石には夫婦円満、縁結びや子宝にご利益があるかもしれません。

【DATA】
鶴岡八幡宮(つるがおかはちまんぐう)
住所:神奈川県鎌倉市雪ノ下2-1-31
電話:0467-22-0315
営業時間:6:00〜20:30
定休日:無休

小町通りのおすすめランチ

鎌倉カレーの代表的存在「OXYMORON」

鎌倉はカレーの激戦区。味も見た目も個性豊かな店が多い中、こちらはトップクラスの人気を誇り、カレー通の間でも広く知られています。店主の村上さんが考案した自慢のチキンカリーや、和風キーマカリーなど、4種の定番に加えて日替わりカレーを用意。すべてベースも異なるカレーは、一から丁寧に手づくり。七分づき米と一緒に炊き込む古代米の緑米の独特な食感も印象的です。

リピーター続出のエスニックそぼろカリーには、香菜や青ネギなど4種の薬味がどっさり。

【DATA】
OXYMORON(オクシモロン)
住所:神奈川県鎌倉市雪ノ下1-5-38 2F
電話:0467-73-8626
営業時間:11:00〜18:00 ※17:30 L.O.
定休日:水曜日 ※祝日の場合は翌日休
http://www.oxymoron.jp/

鮮度抜群の海鮮料理を満喫できる「潮風料理 舵屋」

三浦半島の松輪港などから仕入れた鮮魚料理を満喫でき、しらすは逗子市小坪の網元・大竹丸のものを中心に使用しています。まぐろたたき丼、生しらすとまぐろ丼など、リーズナブルに20種以上が揃う海鮮特鮮ランチは観光客から人気の的。地元の常連客で賑わう夜は、刺身や酒の肴になる単品料理が充実しています。また、店内には生簀があり、その場で調理する鮮度抜群の活イカ姿造りは、夜だけの名物。銘柄を替えながら、こだわりのラインアップで揃えた日本酒とともに味わいましょう。約20種もありますよ。

定番人気、生しらすと釜揚げしらす丼。味噌汁、小鉢、お新香付き。ランチのみ。

【DATA】
潮風料理 舵屋(しおかぜりょうり かじや)
住所:神奈川県鎌倉市小町2-8-6 2F
電話:0467-55-9231
営業時間:11:00〜15:00 ※14:30 L.O、17:00〜24:00 ※23:00L.O.
定休日:火曜日
http://www.kajiya-jp.com/

ワインが豊富な隠れ家ビストロ「OuiOui」

御成町の人気ビストロが2016年10月、小町の路地裏に移転オープン。レンバイで毎朝入手する鎌倉野菜、三浦半島の魚介などを中心に、旬の地場食材を取り入れたメニューが揃います。オープンキッチンの店内にはワインセラーがあり、オーナーをはじめワイン好きなスタッフがセレクトしたワインが常時200〜300種もあるので、迷ったらスタッフに相談してみましょう。14時30分〜17時はカフェタイムとなり、自家製スイーツや軽食を用意。また1階では、キビヤベーカリーのパンの販売や、気軽なイートインスペースもあります。

日替わりのメインディッシュを選ぶランチコース。写真は、地のスズキのポワレ 〜鎌倉トマトとサフランのヴィネグレットソース〜。サラダ、パン付き。

【DATA】
OuiOui(ウィウィ)
住所:神奈川県鎌倉市小町1-5-18
電話:0467-81-3352
営業時間:11:30〜15:00、17:00〜22:00
定休日:水曜日
https://www.facebook.com/%E3%82%A6%E3%82%A3%E3%82%A6%E3%82%A3-143073119165078/

海を見下ろす庭園をのんびり散策・長谷寺

境内へ入ると、ふたつの池の回遊式庭園となっており、自然を散策しながら仏像が祀られたお堂を見て回ることができます。さらに奥へ進むと、海と街並みが一望できる見晴台や周辺に40種類以上約2500株の紫陽花が群生する眺望散策路も。愛らしい地蔵の姿もあります。

観音山の裾野から中腹にかけて広がる境内に、四季を通じて花や木が彩りを添えます。見事な紫陽花には、つい息をのんでしまいます。
弁天窟(べんてんくつ)。弁財天と、その従者である十六童子が壁に彫られています。十六童子には、経営の神や恋愛成就の神などが。
願い叶うお守り。一(いち)と五(ご)で十五とし「十分よいご利益に恵まれるように」の意。

 

【DATA】
長谷寺(はせでら)
住所:神奈川県鎌倉市長谷3-11-2
電話:0467-22-6300
営業時間:8:00〜17:00 ※10~2月 ~16:30
定休日:無休

大人気カフェ「cafe 坂の下」でひと休み

築90年の古民家を改装したレトロな店内と光あふれる中庭が評判で、TV ドラマのロケにも使われたことから話題になったお店。人気のパンケーキは、しっとりふわふわの逸品です。

古い民家にレトロなインテリアが映えます。まるで友人宅のような寛ぎ感。
(左)周囲の景色に溶け込む昔ながらの一軒家。(右)開放感ある中庭席。
看板メニューのパンケーキ バニラアイス添え。

 

【DATA】
cafe 坂の下(カフェ さかのした)
住所:神奈川県鎌倉市坂ノ下21-15
電話:0467-25-7705
営業時間:10:00〜17:00 ※土・日曜、祝日〜18:00。各60分前L.O.
定休日:月曜日 ※祝日の場合は翌日休、不定休あり
https://www.facebook.com/cafesakanoshita/

江ノ電に揺られてのんびりと。途中下車して散策も

由比ガ浜大通りから腰越方面まで途中下車しながら、街並み、絶景、潮風とともに美味しいもの三昧の時間をお過ごしください。

江ノ電沿いでほっとひと息「鎌倉 無心庵」

線路を渡らないとたどり着けない甘味処がこちら。23年前に自宅を改装してオープンしたそうで、一番人気はクリームあんみつ。皮まで軟らかい北海道産の赤えんどう豆は、約3日間かけて丁寧につくられたもので、店の多くのメニューに使われています。ランチメニューの懐かしい和食御膳もぜひ堪能したいところ。

クリームあんみつ。
あんこ玉付き 抹茶。あんみつとあんこ玉は持ち帰りもできるので、お土産にもどうぞ。

【DATA】
鎌倉 無心庵(かまくら むしんあん)
住所:神奈川県鎌倉市由比ガ浜3-2-13
電話:0467-23-0850
営業時間:10:00〜17:00
定休日:木曜日 ※祝日の場合は営業、ほか臨時休業あり。事前に要電話確認
https://mushinan.chobi.net

高台から雄大な相模湾を見渡す「AMALFI Dell Sera」

高台にあるため、相模湾に浮かぶ大島、江の島、そして空気の澄んだ日には富士山まで、まさに絶景を見渡せます。メニューはワインやオリジナルカクテルを片手に気取らずに楽しめるイタリアン。

待ち受ける絶景に心躍らせながら、のんびり上って行きましょう。
青空の日を狙って行きたい昼間の爽快な眺め。オレンジから紅、紫と刻々と彩りが変わる夕暮れ時もいいものです。
ピッツァ マーレ。
デザートの盛り合わせは、二人でシェアできるボリュームでおすすめ。

【DATA】
AMALFI Dell Sera(アマルフィ デラセーラ)
住所:神奈川県鎌倉市七里ガ浜1-5-10
電話:0467-32-2001
営業時間:11:00〜22:00(L.O.21:00)、土・日曜10:30〜22:00(L.O.21:00)
※混雑状況、季節、天候により変更の可能性あり
定休日:元日、荒天時休
http://www.be-value.co.jp/

果汁たっぷりのアイスバー「イグル氷菓」

ラボ(製造工場)併設のアイスキャンディーとジェラートの持ち帰り専門店。素材の味を生かし、見ているだけでも幸せな気分になれるカラフルなアイスキャンディーはジューシーな味わいです。季節のジェラートは8〜10種。

アイスキャンディー。マンゴー、キウイなど全5種。

【DATA】
イグル氷菓(イグルひょうか)
住所:神奈川県鎌倉市腰越3-8-26
電話:0467-32-3539
営業時間:11:00〜17:00 ※季節によって異なる
定休日:月曜日 ※祝日の場合は営業、ほか不定休、冬季休業あり ※事前に下記サイトよりカレンダー要確認
https://iglu-ice.jp/

絶対に喜ばれる鎌倉の美味しいお土産「クルミっ子」

鎌倉らしさがあふれる銘菓「鎌倉紅谷 八幡宮前本店」

鎌倉土産の定番として知られるリスの絵柄が有名なクルミッ子は、生産が追いつかないほど大人気。また、本覚寺のつり鐘をイメージした鎌倉の鐘にも注目です。箱を開けると真っ白なケーキが現れます。

クルミッ子
雪が降り積もった鐘をイメージした鎌倉の鐘。

【DATA】
鎌倉紅谷 八幡宮前本店(かまくらべにや はちまんぐうほんてん)
住所:神奈川県鎌倉市雪ノ下1-12-4
電話:0467-22-3492
営業時間:9:30〜17:30 ※土・日曜、祝日〜18:00
定休日:無休
https://www.beniya-ajisai.co.jp/shop/head/

カップルに人気の鎌倉デートは、事前に位置関係を調べておくだけで効率的に楽しめます。江ノ島電鉄を使うもよし、徒歩でグルメや散策するもよし。ゆったりと余裕を持った鎌倉デートを楽しんでみませんか。

 
※この情報は2017年5月現在のものです。営業時間や定休日などは変更となる場合がございますので、お出かけ前にご確認ください。

出典

SHARE

PROFILE

トリコガイドシリーズ 編集部

トリコガイドシリーズ 編集部

オンは仕事をバリバリこなし、限られたオフはおもいっきり羽を伸ばして楽しむ!そんな大人のキャリアウーマンの「せっかくだから」を満たす、ちょっと贅沢な国内ガイドマガジン。

トリコガイドシリーズ 編集部の記事一覧

オンは仕事をバリバリこなし、限られたオフはおもいっきり羽を伸ばして楽しむ!そんな大人のキャリアウーマンの「せっかくだから」を満たす、ちょっと贅沢な国内ガイドマガジン。

トリコガイドシリーズ 編集部の記事一覧

トリコガイドシリーズ TOPへ

No more pages to load