BRAND

  • Lightning
  • 2nd(セカンド)
  • CLUTCH Magazine
  • EVEN
  • BiCYCLE CLUB
  • RUNNING style
  • NALU
  • BLADES(ブレード)
  • RIDERS CLUB
  • CLUB HARLEY
  • DUCATI Magazine
  • flick!
  • じゆけんTV
  • 湘南スタイルmagazine
  • ハワイスタイル
  • トリコガイドシリーズ
  • buono
  • ei cooking
  • Yogini
  • ランドネ
  • PEAKS
  • フィールドライフ
  • SALT WORLD

テレワークで疲れた脳と体を「眼ヨガ」でリフレッシュ!

環境の変化で眼疲れはさらに

テレワークが推奨されるようになって突然、自宅が職場になり、いろいろなストレスを抱えている方が多いのでは。会社の大きなモニターからノートPCに代わり、小さい画面で作業することで、いつも以上に眉間にシワが寄ったりしていませんか?

特に、長時間のパソコン作業で起こりがちなのが眼の疲労。その影響は眼自体の疲労だけでなく、肩こりや不眠などを引き起こしている可能性も。

眼のツボは全身にリンク

そういった不調に役立つのが「眼ヨガ」。ヨガの呼吸法や動きに眼の運動を合わせた手法で、眼と関連性の深い脳の疲れを和らげ、ひいては体中のバランスを整えるというもの。

なぜそれができるかと言うと、眼の周囲には5点のツボ(関連部位)があり、それぞれのツボは体の他の部位とリンクしているから。呼吸をしながらそこを刺激することで、眼や全身のエネルギーの巡りが良くなっていくといいます。

疲労回復のカギは5点刺激

ツボの位置とリンクする疲労は、①眉頭:眼・神経の疲労、②眼頭:腕の疲労、③上まぶたのくぼみ中央:脳の疲労、④目尻:脚の疲労、⑤下まぶたのくぼみ中央:内臓の疲労。一つのツボを、息を吐きながら刺激し、息を吸って緩める。これを10回繰り返します。それぞれのツボでのポイントは次の通りです。

<プロセス>

1. 眉間つまみ

親指と人差し指を左右の眉頭に置き、ひと息吸って、吐きながら二本の指でつまむ。皮膚だけをつまむのではなく、骨ごと押圧しながら引き寄せる。

2.  眼頭マッサージ

両眼頭の少し内側にあるくぼみに親指と人差し指を当て、鼻の骨を挟むように刺激。

3. 上まぶたマッサージ

両サイドの眉骨下にあるくぼみに親指を入れ、他の4本の指を額に添える。親指で眉骨全体を上方向に押すように。

4. 眼尻マッサージ

両方の人差し指の先を鍵型にし、指先を眼の外側の骨に引っかけるようにしながら外側へ引っ張る。

5. 下まぶたマッサージ

④と同様に人差し指を鍵型にし、眼の下側の骨に指先を引っかけるようにして、下方向に押圧する。

肩コリが気になったら

テレワークに限らずパソコン作業が長時間に渡ると、眼の動きが固定され、つられて上半身も動かない状態が続きます。夕方頃には視界がかすんだり、肩まわりがガチガチなんてことに。そういう時は、仕事の合間にできる「腕伸ばし&眼球運動」を。

<プロセス>

  1. 背筋を伸ばし、胸の前で両手を合わせる。
  2. 息を吸いながら、両手を頭上へ高く伸ばす。この時、顔は正面のまま、できる限り眼だけで手を見る。
  3. 吐きながら、両手を肩甲骨から引き離すように、体の左右へ下ろしてくる。②と同様に、顔は動かさず、左右どちらかの指先を両眼で追い続けるようにする。左右両方行い、眼球運動がしにくい方を多めに行うといい。

不眠や寝つきの悪さには

眼や脳の緊張が取れていないと起こりやすい、眠りにまつわるお悩み。その場合におすすめは「眼の照気法」。手の中央あたりから温かい“気”が出ていると考え、手から眼へと気を送り、疲れを取り除くというヨガの修正法です。

<プロセス>

  1. 両手のひらをこすり合わせて温める。
  2. 両手をお椀型にして両眼を覆う。この時、指ではなく手のひらの中央部が眼球の上に来るように。
  3. 10回ほど深呼吸をする。イスに座り机に両ヒジを着いて行うと、腕が疲れず楽にできる。寝る前に行う時は部屋を暗くして、仰向けになり両眼を覆って行う。

眼疲れ要因は仕事以外にも

眼が疲れる理由は仕事のみならず。スマホやゲーム、おうち時間の有効利用としてドラマの一気見なども要注意です。手軽にできる「眼ヨガ」で、少しずつ解消していきましょう。

Text:内池朋子

編集者を経てRYT200を取得後、ヨガやアロマなどを取り入れたライフスタイルを発信。AEAJアロマテラピーインストラクター、JAMHAハーバルセラピスト。

出典:Yogini vol.74 『ヨガのQ&A』

「時と場所を選ばないヨガのアプローチ」 

出典

SHARE

PROFILE

Yogini 編集部

Yogini 編集部

心と体をつなぐ最高のメソッド、ヨガ。ポーズや思想に始まり、食生活やダイエット、ファッションやアイテムなど、ヨガにまつわるすべてを美しい写真と情報で網羅するヨガ界のオピニオンリーダー誌です。

Yogini 編集部の記事一覧

心と体をつなぐ最高のメソッド、ヨガ。ポーズや思想に始まり、食生活やダイエット、ファッションやアイテムなど、ヨガにまつわるすべてを美しい写真と情報で網羅するヨガ界のオピニオンリーダー誌です。

Yogini 編集部の記事一覧

No more pages to load