たった2つで確実に上手くなる! 美人コーチが教えるアプローチ練習法

ティーショット、セカンドショットとうまくつないできても、グリーン周りでミスを繰り返すと大叩きにつながってしまう。実はショートゲームの出来こそがスコアをまとめる一番のカギであり、ゴルフ上達のポイントなのだ。ショートゲームのミスをなくせばスコアアップに大きく前進すると高橋友希子プロは言う。なんとたった2つの練習法でアプローチが劇的に上達するというのだ。その練習法とは一体どんなものなのか? では早速紹介しよう。

【練習1】クラブを短くもってスイング練習をしよう!

練習法1jpg

1、左手だけでクラブを短く持ち、右手で左手首を固定する。
2、左ワキの締まりを意識し、肩と左腕を一緒に動かすイメージで振る。

ポイントは体の回転を主体にすること!

ポイント1jpg

左手とクラブを完全固定させた状態でボールを打つ。手首が使えないので、テイクバックでは「右向け右」の要領で胸を右に向けて、ダウンスイング以降は「左向け左」で胸が目標を向くまで体を回そう。

体の回転主体で、手打ちをなくすのが目的だ。

【練習2】超クローズスタンスでスイング練習をしよう!

練習法2jpg

両足をまっすぐ揃える超クローズスタンスで打ってみよう。左足軸のスイングでインパクトの安定性がアップする。

ポイントは左足だけで立つ感覚を持つこと!

ポイント2jpg

右足を後ろに引き、右ツマ先を立てる。左足だけで立つ感覚を持つことで、左足軸でスイングするイメージを固めることができる。やってみるとよくわかるが、体重を右足にのせる余地がないので、アマチュアゴルファーが特に犯しやすいすくい打ちを徹底治療できるのだ。

今回紹介した練習法はたった2つだけ。しかもとても簡単であり、すぐにでも取り入れられるものばかりだ。繰り返し行えば必ず結果につながる。この機会にダフリやトップ、引っかけ、シャンクなどのミスを徹底的に直してみよう。

●高橋 友希子プロ
埼玉県出身。関東ジュニア優勝、世界ジュニア2位などの実績をもつ。レッスンを受けたい方は、千葉県の市川駅前ゴルフスクールや東京・日比谷のドライビングレンジ日比谷へ。

(出典:『ミスに効くゴルフ処方箋』、写真/山上忠 取材・文/三代崇)

(ヤマダタケシ)

SHARE

PROFILE

FUNQ

FUNQ

趣味の専門誌を届けてきた私たちが世界中の人に向けて、趣味の世界への入り口をつくりました。彩りに満ちた人生の新たな1ページが、ここから始まります。

EVEN TOPへ

No more pages to load