体全体で『タメ』を作る! ヘッドスピードを上げて飛距離を出そう!

ゴルファーにとって永遠のテーマとも言える飛距離。飛距離アップのために『タメ』を作るという言葉を良く耳にするが、スイングコンサルタントとして活躍中の吉田洋一郎氏の提唱する『タメ』は一味違う。腕を使ったクラブだけのタメではなく、体全体でタメを作ればヘッドスピードはさらに上がるというのだ。では一体それはそれはどういうものなのか? 早速解説してゆこう。

『左足の踏み込み』がタメを作る!

左足の踏み込みがJPG

テコの原理で、より遠いところに支点を作れば大きなエネルギーが生まれるように、振り上げた手から遠い左足を踏込むことで腕の振りが速くなるのだ。

ゴルフでも同様に、トップから一番遠い左足を踏み込んで、足→腕→クラブの順で動いていけば、クラブだけでなく全体にタメが自然に生まれる。

体が横に流れ、リリースが遅れる人にはこの練習法!

体が横に流れるjpg

右足を引いてスイングjpg

右足を引いてスイングすれば体が流れない
体が横に流れてしまうと、リリースが遅れクラブが開いてしまうなどのミスに繋がりやすい。右足を引くと、左足を踏み込んでも体が横に流れない感覚がわかりやすい。

タオルを投げてjpg

タオルを投げてリリースのタイミングを知ろう
リリースのタイミングを知るには、先を丸めたタオルを投げるのが効果的。左に飛ぶ場合はリリースが遅い。まっすぐ、もしくは少し右ならOKだ。

ひざが前に出る人はお尻がポイント!

ひざが前に出るjpg

ひざが前に出る人はjpg

テークバックでお尻を後ろに引く
ひざが前に出てしまうと、左足を踏み込む力が使いにくくなる。テークバックでお尻を後ろに引くと、強く地面を踏み込めるのが体感できる。

踏み込みのタイミングが遅い人はクラブを振りながら歩いてみよう!

踏み込みのタイミングが悪いjpg

クラブを振りながら歩いてみようjpg

クラブを振りながら歩いてみよう
始動は歩き出した足と反対方向に腕を振り上げる。上半身は脱力し、踏み込んだ足に釣られて腕が下りてくるイメージを持とう。常に足を踏み込んだ後に腕がついてくる。足と手が同じタイミングで動くのはNGだ。

ただ左足を踏み込むだけでは、タメは生まれない。自分のスイングと照らし合わせ、有効な練習法にトライしてみよう。自然なタメが作れるようになると、ヘッドスピードが上がり飛距離アップにつながるのだ。

●吉田洋一郎
スイングコンサルタントとして活躍している。デビッド・レッドベターら欧米の一流インストラクターなどから数多くのスイング論を吸収。日本ゴルフスイング研究所を主宰。

(出典:『EVEN 2018年12月号』

(ヤマダタケシ)

SHARE

PROFILE

FUNQ

FUNQ

趣味の専門誌を届けてきた私たちが世界中の人に向けて、趣味の世界への入り口をつくりました。彩りに満ちた人生の新たな1ページが、ここから始まります。

EVEN TOPへ

No more pages to load