パットの極意! 上りのパットは『腹筋ギュッ』、下りのパットは『グリップギュ』

パットに型無し、とゴルファーなら一度は耳にしたことがあるはずだ。熱心なゴルファーこそ、自分の基本型を定めなければ、入ったり入らなかったりが永遠に続くことになりかねない。パットの姿勢や各ポジションのチェックは、プロや上級者ほど、熱心に取り組んでいるポイントなのだ。今回は高低差のあるパットを打つ際の極意をお教えしよう。

ショートしないためには、上りのパットは『腹筋ギュッ』で打とう!

『腹筋ギュッ』jpg

上りのパットでは、緩みなくボールにエネルギーを伝えるストロークが必要だ。多くのゴルファーは、手首を使いがちとなり感覚で距離感を出す為、極端なショートや大オーバーの結果に。上り攻略には、腹筋でコントロールする大きなストロークが効果的なのだ。

上りのパットを打つ前に、2m後方でイメージ素振りしてみよう!

上りのパットを打つ前にjpg

上りのパットでは、ボール速度を維持したまま転がる距離が長い。ボール速度が遅くなると傾斜の影響が大きくなる為、カップ周辺でスピードが弱まる上りのパットでは、打ち出し序盤は、傾斜の影響をあまり受けず曲がり幅が少ないので、距離感が合うように緩まないストロークを心掛けよう。ボールから離れた位置でカップを目視しながら素振りを行うことで、イメージと身体の動きが一致するのだ。

ヘッドを確実にコントロール、下りのパットは『グリップギュッ』で打とう!

下りのパットはjpg

【1】下りでは、上りに比べて、ダラダラと下り傾斜を転がり落ちていくので、傾斜の影響が大きくなる。そこに気をつけてラインを設定しよう。
【2】ブレイクポイントを狙ってストロークすれば、カップに向かっていくと信じて、迷いや不安を排除してからセットアップしたらすぐに打つ。

下りのパットでは、傾斜の度合いにより、普段以上に繊細で正確なストロークが要求される。確実にヘッドの動きをコントロールするには、グリッププレッシャーを増し、クラブとグリップの一体感を高めて、急激に加速しないストロークを意識することが重要になるのだ。

2段グリーンは2パットでOKだ

2段グリーンはjpg

3パットや4パットの可能性もある、2段グリーンを攻略する為には、グリーンを上段、下段に分けて考えるのが、攻略への近道となる。傾斜が分かる地点で、まずは全体の情報を確認。ボール位置に移動して、段を上りきるまでのラインをイメージ。続いて段を上った地点でボールまでとカップまでのラインをイメージ。カップ地点に移動して細かな傾斜を確認。最後にボール位置に戻りながらラインを決定し、ターゲットを設定して落ち着いてストロークしよう。

お分かりいただけただろうか? 高低差のあるパットは距離感が掴みづらいので苦手意識のあるゴルファーも多いだろう。今回紹介した極意は簡単で次回ラウンド時にすぐ取り入れられるものばかりだ。スコアアップにつなげてほしい。

●小暮博則
1972年生まれ。アメリカで最先端スイング論を学び、多くのアマチュア、プロへの指導経験を持つ。誰でも気軽に上手くなるネットサロンを2019年2月より展開予定。

(出典:『EVEN 2019年2月号』)

(ヤマダタケシ)

SHARE

PROFILE

FUNQ

趣味の時代に読むメディア

FUNQ

趣味の専門誌を届けてきた私たちが世界中の人に向けて、趣味の世界への入り口をつくりました。彩りに満ちた人生の新たな1ページが、ここから始まります。

趣味の専門誌を届けてきた私たちが世界中の人に向けて、趣味の世界への入り口をつくりました。彩りに満ちた人生の新たな1ページが、ここから始まります。

EVEN TOPへ

No more pages to load