鍋敷きで分かる! ボールを捕まえて飛ばす、シャットフェースとは?

ゴルフクラブは日々進化を続けている。現代のクラブはシャットに使うのが一番マッチしている。強いインパクトをするにはフェースを開かない事がマストだとクラブアナリストのマーク金井さんが教えてくれた。では、シャットフェースとはクラブがどのような状態になるのか? 早速紹介してみよう。

比較からシャットな状態を確認しよう

比較からシャットなjpg

『シャット(写真・右)』スイング中のフェースの開閉を抑えるには、バックスイングでフェースを開かず上げたい。トップでフェースが空を向くのが目安だ。

『スクエア(写真・中)』ややフェースの開閉を使うスイング。シャフトが地面と平行になった時のフェースの傾きが浅く、トップでも45度程度斜めになる。

『オープン(写真・左)』大きくフェースを開き、閉じることで勢いがついて飛距離につながるものの、重心距離が伸びたクラブでは戻しきれないことが多い。

トップで左手首を手のひら側に折ればシャットと思われがち

トップで左手首をjpg

右手首の使い方を間違えると正しいシャットにならず、フェースが開きやすくなる。バックスイングの前半では下を向いていた右手の平は中盤から後半にかけては、手首を甲側に折り曲げながら、反時計回りにねじられるのだ。

鍋敷きで分かる! シャットフェースになる正しいトップの作り方

鍋敷きで分かる1jpg

鍋敷きを縦にひっくり返すのが正しい動き。手首を甲側に折り曲げながら反時計回りにねじって手の平を空に向ける。

鍋敷きでわかる2jpg

鍋敷きを横にひっくり返すと、手首の動きが大きくなってフェースが開く。トップでフェースが空を向いても戻しにくい。

お分かりいただけただろうか? 現代の大型クラブでを使いこなすにはシャットフェースで打つのが一番なのだ。自宅の鍋敷きで一度、シャットフェースを体感してみよう。

●マーク金井
様々なメディアで活躍する傍ら、アマチュアを救うクラブや練習器具を数多く開発している。ゴルフスタジオ・アナライズ主宰。

(出典:『EVEN 2019年3月号』

(ヤマダタケシ)

SHARE

PROFILE

FUNQ

趣味の時代に読むメディア

FUNQ

趣味の専門誌を届けてきた私たちが世界中の人に向けて、趣味の世界への入り口をつくりました。彩りに満ちた人生の新たな1ページが、ここから始まります。

趣味の専門誌を届けてきた私たちが世界中の人に向けて、趣味の世界への入り口をつくりました。彩りに満ちた人生の新たな1ページが、ここから始まります。

EVEN TOPへ

No more pages to load