石川遼が目指したものとジュニアゴルファーが得たもの

ファンとの距離を限界まで縮めたい(石川遼)

国内男子ツアーも後半戦に突入し、毎週熱戦が繰り広げられている。賞金ランキングのトップを走るのは石川遼プロだが、その遼クンが発案し、昨年から行われている「フューチャーGOLFツアー」をご存じだろうか。今年はブランド30周年を迎えたパーリーゲイツが主催し、4月から8月にかけて千葉、静岡、兵庫、北海道で4大会が行われた。本大会の特徴は、賞金ランキング上位の若手を中心としたお馴染みのプロが1日目は一般のアマチュアと、2日目は地元のジュニアゴルファーと同組でプレーすること。そして、ギャラリーが選手と同じフェアウェイを歩き、至近距離でプロのショットを見られることだ。

プレー中の選手にギリギリまで近づけて、写真や動画の撮影まで可能な大会は他にはない。ファンサービスも充実していて、石川遼プロもサイン待ちの長打の列に対応した。

「限界まで距離を縮めたかったんです。ラフだったり、バンカーだったり、ギャラリーの皆さんがボールのライを確認した上でショットを見られるチャンスはなかなかないですし、インパクトの音も違いも距離が近ければまた違って感じられるはず。さらに、打ったあとのターフも確認できるし、パッティングもグリーンのすぐ近くで見られる。そういう観戦の仕方は、ローピングされている普通の試合ではできません。ゴルフトーナメントは見せ方によってもっと面白くなると思います」(石川プロ)

(写真左)大会各会場に駆けつけたパーリーゲイツの通称アドトラックの前で笑顔を見せる上井邦宏、金亨成、藤田寛之、小鯛竜也、岩田寛の5人。(写真右)トラックの内部はショップになっており、パーリーゲイツの30周年記念アイテムや大会オリジナルグッズが販売された。

トッププロと同組でプレーしたジュニアたち

ツアーで活躍するトップ選手とプレーする貴重な機会を得たジュニアゴルファーたち。北海道大会女子ジュニアの部で優勝した庄内理湖さんは、石川遼、佐藤大平の両プロと同組でプレーし、「小さい頃から見ていて、本当に憧れていた選手と同じ組でプレーできるなんて、夢なんじゃないかと何度も顔をたたきました(笑)。お二人とも本当にやさしくて、自分もこんなゴルファーになりたいと思いました。今日のことを思い出せば、どんなつらいことも乗り越えられます」と話してくれた。

北海道大会女子ジュニアの部で優勝した札幌光星高校3年生の庄内理湖さん。パーリーゲイツやジャックバニーのウエアがお気に入りでよく着ているそうだ。同組でプレーした石川プロにはゴルフの話だけでなく、自身の進路についてもアドバイスを受けたという。

また、北海道大会男子ジュニアの部で優勝したゴヴォロヴスキー大河くんは「ツアープロの方と一緒に回るのは初めてで緊張しました。飛ばし屋の額賀(辰徳)プロにはドライバーショットで50〜60ヤード置いていかれましたし、山岡(成稔)プロのスピンの効いたアプローチもすごかったです。自分もあんなプレーができるようになりたいです」とコメントしてくれた。

北海道大会男子ジュニアの部で優勝した恵庭中学2年生のゴヴォロブヴスキー大河くんは、応援に来ていた家族と一緒に笑顔を見せた。トッププロのプレーを間近で見て、技術の高さに驚いたという。

フューチャーGOLFツアーは、相撲の地方巡業のゴルフ版という考えのもとにスタートしている。来年以降も各地で開催される予定となっており、石川プロの想いは少しずつだが、着実に、全国のジュニアゴルファーやゴルフファンへと広がっている。

SHARE

PROFILE

EVEN 編集部

EVEN 編集部

スタイリッシュでアスリートなゴルファーのためにつくられたマガジン。最旬のゴルフファッション、ギア、レッスン、海外ゴルフトリップまで、独自目線でゴルフの魅力をお届け。

EVEN 編集部の記事一覧

スタイリッシュでアスリートなゴルファーのためにつくられたマガジン。最旬のゴルフファッション、ギア、レッスン、海外ゴルフトリップまで、独自目線でゴルフの魅力をお届け。

EVEN 編集部の記事一覧

EVEN TOPへ

No more pages to load