BRAND

  • Lightning
  • 2nd(セカンド)
  • CLUTCH Magazine
  • EVEN
  • BiCYCLE CLUB
  • RUNNING style
  • NALU
  • BLADES(ブレード)
  • RIDERS CLUB
  • CLUB HARLEY
  • DUCATI Magazine
  • flick!
  • じゆけんTV
  • 湘南スタイルmagazine
  • ハワイスタイル
  • トリコガイドシリーズ
  • buono
  • ei cooking
  • Yogini
  • ランドネ
  • PEAKS
  • フィールドライフ
  • SALT WORLD

究極のハイエンドゴルフクラブ「PXG」の第3世代

ゴルフ業界に衝撃を与えたアイアンの3代目が登場

クラブの外周を取り囲むようにウェイトを配したインパクトのあるデザイン。極薄のフェース厚による高い反発性能と、中空構造の内部に熱可塑性エラストマー素材を充填した、寛容性と打感の両立。クラブメーカー「PXG」を象徴するのがこのアイアンだ。

2014年に誕生した「PXG」は、コスト度外視で“究極”を求めた性能で瞬く間に人気ブランドとなった。彼らの登場以降、アイアンのテクノロジー競争は加速し、いかにキャッチーで革新的なクラブを作れるかがメーカーの命題となった。そんな、ゴルフ業界に新風を巻き起こしたアイアンの3代目である、「GEN3」の新作アイアンが待望の上陸を果たした。

さらに革新的な「GEN3」アイアン

「GEN3」アイアンは、昨年発売されたツアーマッスルアイアン「0311ST」と共通の外観を与えられた3モデルだが、「0311ST」とは異なり、全て伝統の中空構造を採用した、軟鉄鍛造ボディとマレージングフェースの複合ヘッドだ。

「0311 T」はTourを意味するTが示すように、シリーズの中で最も小ぶり。操作性の中にもアスリートにとっての優しさと、飛距離性能がある。中間的位置付けの「0311 P」はPlayersのPの意味で、見た目以上の飛距離性能と寛容性にある程度の操作性も備える。初・中級者に向けた飛距離性能と寛容性の高い性能で、Xtreme Performanceを意味する「0311 XP」。打点ブレとダフリのミスに強い。

デュアルコア(2層構造)テクノロジーにより、前作を上回る飛距離性能を実現

新たに、「エクストリームデュアルCORテクノロジー」を搭載。一層目は硬めに、二層目をソフトにしたデュアルコアと、最薄部1.2ミリのマレージングフェースにより、前作との比較で約2倍のフェースのたわみを生み出し、飛距離、球の高さ、寛容性の全てを向上。それでいて内部のポリマーが余分な振動を抑え、ソフトな打感とマイルドな打球音を実現。反発力のアップと衝撃の吸収という相反する要素を両立した。

第一層の高強度のポリマーは1.5ミリの極薄マレージングフェースのたわみを支え、効率よくエネルギーを伝えながら、マイルドな感触、打球音に。第二層の柔軟なソフトポリマーはインパクトのエネルギーをロスなく受け止め、高い反発性を生み出し、ボール初速、飛距離性能がアップ。

ルール限界の溝加工が生み出すスピン性能の向上

CNCミーリングによるグルーブ(溝)は、溝の角部分にわずか0.07ミリで目には見えない面と角を作り、USGAが規定するルールをクリアしながらもスピン量を増加させ、球筋のコントロール性能を高めている。

新たに正規販売店での販売もスタート

「GEN3」の導入以降、これまで日本の本社クラフトマンが行っていたクラブの組み立て作業を、今後は要望があれば正規販売店も行えるようになった。つまりPXGジャパンが販売店からオーダーを受けると、ヘッドパーツのみを店舗に供給するという展開方式も加わったのだ。

これまでは対応可能なカスタムパーツの種類や要望への対応にどうしても限界があったが、正規販売店での販売も許可することで、カスタムクラブとしての自由度を広げるのが狙いだ。

巨大施設が日本に誕生

昨年日本に誕生した「PXG OSAKA DRIVING RANGE」は141打席、300ヤードのレンジを備えた、世界初となる「PXG」の名を冠したドライビングレンジ。PXGのオーナー、ボブ・パーソンズ氏が所有するコース、「スコッツデールナショナルゴルフクラブ」に次ぐ規模だ。

個室のフィッティングルームやブランド専任のフィッターが常駐。その場で弾道を確認しながらフィッティングできるほか、アプローチ・パッティングは専用のグリーンも完備しており、より実践に近い状況で精度の高いフィッティングができる。

巨大なロゴとブランドカラーである黒で統一した、インパクトある外観。アパレルやキャディバッグなどライフスタイル商品も扱うショップも併設。ブランドの全てが体感できる。住所:大阪府大東市龍間308−1、TEL:072−869−0171

<問い合わせ先>PXGジャパン TEL:03−5635−1280、https://www.pxg.com/ja-jp

出典

SHARE

PROFILE

EVEN 編集部

EVEN 編集部

スタイリッシュでアスリートなゴルファーのためにつくられたマガジン。最旬のゴルフファッション、ギア、レッスン、海外ゴルフトリップまで、独自目線でゴルフの魅力をお届け。

EVEN 編集部の記事一覧

スタイリッシュでアスリートなゴルファーのためにつくられたマガジン。最旬のゴルフファッション、ギア、レッスン、海外ゴルフトリップまで、独自目線でゴルフの魅力をお届け。

EVEN 編集部の記事一覧

No more pages to load