BRAND

  • Lightning
  • 2nd(セカンド)
  • CLUTCH Magazine
  • EVEN
  • BiCYCLE CLUB
  • RUNNING style
  • NALU
  • BLADES(ブレード)
  • RIDERS CLUB
  • CLUB HARLEY
  • DUCATI Magazine
  • flick!
  • じゆけんTV
  • 湘南スタイルmagazine
  • ハワイスタイル
  • buono
  • ランドネ
  • PEAKS
  • フィールドライフ
  • SALT WORLD
  • Kyoto in Tokyo

アメリカで見つけた面白いゴルフグッズ#2

アメリカ取材で編集部が見つけた、日本では見かけないゴルフグッズを紹介!

アメリカでは、日本よりもゴルフが身近な存在。だからこそ、ゴルフグッズもより自由に開発することができ、日本にはない珍しいものが多々あるのです。本連載では、アメリカならではの発想で作られた、ゴルフグッズをご紹介していきます。

#1はコチラ

スイングしないで飛ばせるクラブ

ゴルフをもっと簡単に楽しもう、というコンセプトのクラブ。その名も「EZee Golf(イージーゴルフ)」。これはクラブと言うより、武器という表現の方が近いかもしれない。というのも、火薬の力によってボールを飛ばしていきます。50〜225ヤードまで飛距離は調整できるので、これとアプローチ、パターがあればゴルフができるのです。手に伝わる衝撃やミスショットなど無くひたすら直進するボール。確かに、これはこれで新鮮で面白いんですが、残念ながら、圧倒的ルール違反です。

ヘッドをボールの後ろにセットしたら、スイッチを押せばボールを押し出してくれる。

スイング軌道が一目で分かるティ

ティの上部が360度動くので、打った後に倒れた方向を見れば、自分のスイング軌道が分かるというスグレモノ。自分の感覚と実際のスイング軌道はプロでも合わせるのが難しいので、トラックマンなどの解析機で確認したりするほどですが、こちらはもっとお手軽。地面に刺さっている部分はしっかりと固定されているので、打った後にティが飛んで行ってしまう心配もありません。

単純にクラブの軌道に沿って倒れるので、手前側に倒れればアウトサイドイン、奥側に倒れればインサイドアウト軌道ということになる。

SHARE

PROFILE

大竹宏基

大竹宏基

編集部唯一の20代。ゆとり世代。

大竹宏基の記事一覧

編集部唯一の20代。ゆとり世代。

大竹宏基の記事一覧

No more pages to load