BRAND

  • Lightning
  • 2nd(セカンド)
  • CLUTCH Magazine
  • EVEN
  • BiCYCLE CLUB
  • RUNNING style
  • NALU
  • BLADES(ブレード)
  • RIDERS CLUB
  • CLUB HARLEY
  • DUCATI Magazine
  • flick!
  • じゆけんTV
  • 湘南スタイルmagazine
  • ハワイスタイル
  • buono
  • ランドネ
  • PEAKS
  • フィールドライフ
  • SALT WORLD
  • Kyoto in Tokyo

魔法びんメーカーが作った最強保冷ラウンドトート

最近は明るいニュースも増えてきて、暑くなる頃には思いっきりゴルフが楽しめることを自宅で願っている。しかし、いつもより家にいる時間が長いからだろうか、たまに外出すると異様に疲れる。このままでは炎天下でラウンドなどしたら、終いには倒れてしまうかもしれない。だからこそ、この夏はより一層、暑さ対策が必要だと思っている。

個人的に最も効果がある対策が凍ったペットボトルを持っておくこと。常に冷えた水分を補給できるし、アイシングにも使える。そこで重宝するのが保冷トート。ティやボールなどプレーに必要な小物を入れておくラウンドトートに保冷機能が付いたバッグだ。

しかし、私物の保冷トートでは、ラウンド後半にはどうしても氷が溶けきってしまっていた。今年はどうしたものかと思っていたら、魔法びんメーカーの「サーモス」がなんとゴルフ用の保冷トートをリリースしたと知り、即購入。

カラーはブラック・ピンク・ブルーの3色。それぞれデザインも異なる。各3,500+税

独自の5層からなる断熱構造のおかげで、上部のファスナーを閉め外気を遮断すればかなりの保冷効果が見込めるという。さらに5.6Lの容量で、500mlペットボトルが6本も収納できるので、同伴者の分まで入れてあげられる。

ボールが二つ収納できるボールポケットも付属している。

今夏はこの保冷トートと共に、長い間続いた自粛生活の鬱憤を晴らす勢いで外遊びを楽しむことを画策している。まずは早期の終息を願うばかりだ。

<問い合わせ先>サーモスお客様相談室 TEL:570−066966、https://www.thermos.jp

SHARE

PROFILE

大竹宏基

大竹宏基

編集部唯一の20代。ゆとり世代。

大竹宏基の記事一覧

編集部唯一の20代。ゆとり世代。

大竹宏基の記事一覧

No more pages to load