BRAND

  • Lightning
  • 2nd(セカンド)
  • CLUTCH Magazine
  • EVEN
  • BiCYCLE CLUB
  • RUNNING style
  • NALU
  • BLADES(ブレード)
  • RIDERS CLUB
  • CLUB HARLEY
  • DUCATI Magazine
  • flick!
  • じゆけんTV
  • 湘南スタイルmagazine
  • ハワイスタイル
  • buono
  • ランドネ
  • PEAKS
  • フィールドライフ
  • SALT WORLD
  • Kyoto in Tokyo

アプローチでしっかり寄せる打ち方とコツ|花道からのアプローチの基本

実は苦手にしている人が多いのが花道からのアプローチだ。きれいに刈り込まれた芝の上だからこそ、きっちりピンに寄せたいという気持ちはどうしても強くなる。そこで、まずはアプローチの“基本のキ”をご紹介。初心者はもちろん、ベテランゴルファーも、もう一度見直してみよう。

アプローチの基本姿勢は「左手を上からセットしてワキを締める」

なんとなくアドレスするのではなく、きっちり左腕を上から回すようにしてセットするだけでインパクトの精度はアップする。

まずはアドレスの段階でダフリやトップが出にくい構えを作ることが重要。ライが良い時ほどきれいにヘッドを入れようとして、その結果、インパクトで合わせにいって緩んでしまうことが多くなる。緩まないインパクトを作るためには左ワキを締めて構えると良い。アドレスの時に左腕を胸の上にのせるようにして上からセットすると、締まったアドレスを作ることができる。体と腕に一体感があるアドレスが理想だ。

左ワキを締めておくことで体と腕、クラブに一体感が生まれて、手打ちを防ぐことにつながる。

テークバックよりフォローを大きく。アプローチの振り幅は4:6

フォロー側の割合を大きくしておくと、ボールに当てにいく動きがなくなり、インパクトが通過点になる。

インパクトで緩まないようにするためのコツは、テークバックよりもフォローを大きくすること。アプローチの振り幅は5対5だと思っている人が多いが、それではインパクトで緩みやすくなる。インパクトはヘッドが加速しながら迎える必要があり、そのためにはフォロー側を大きくすると良い。振り幅の割合は、テークバック4に対してフォローが6くらいのイメージだ。

一番避けたいのはヘッドが減速しながら当たること。5 対5 の振り幅でイメージしているとインパクトで緩みやすくなる。

肩と腰のラインの傾きを揃えれば安定感が増す

肩と腰のラインが平行に揃うのは体の回転を主体にスイングできている証拠。このラインが崩れると入射角はバラバラになる。

手先でボールに当てにいった時に出る間違った動きの典型が、肩のラインと腰のラインがバラバラになること。こうなると、仮にうまくボールにヒットできたとしてもスピン量が安定しないため、距離感が合いにくくなる。基本となるピッチ&ランでキャリーと転がりを安定させるには、肩と腰のラインを常に平行に保ちたい。これにより体の回転で打てるようになる。

腰と肩のラインが平行になっていると前傾角度がキープできるので入射角が一定になる。結果、スピン量が安定する。

体の右サイドでボールを押し込んでラインを出す

体を使いすぎると不安定になるような感覚があるかもしれないが、むしろ逆で体を積極的に回すことで軌道は安定する。

アプローチは振り幅が小さいショットなので、手打ちでも上手く打ててしまうことがある。しかし、それでは精度を高めることはできない。ありがちなのが体の正面でインパクトしようとして体の回転が止まってしまうこと。こうなるとフェースにボールがのらないので、いわゆる運ぶような感覚で打つことができない。インパクトからフォローにかけて右肩を押し込むように使うのがポイントだ。

体の動きは小さくなるが、体の使い方はショットと同じ。アプローチはショットの基本になる動きだ。

手打ちになる人は手元を体の幅におさめること意識する

手が体の正面にあり続けることで、安定したインパクトが実現する。結果、入射角がいつも同じになるので距離感も合う。

アプローチが手打ちになっている人の典型的な形が、フォローで手が体の正面から外れてしまうこと。手と体が一体化することが精度の高いアプローチをする条件だが、ボールに当てる意識があると手の動きが強くなってしまうのだ。逆に手を使わない意識をもち、体主体でスイングすることができれば、手は常に体の正面にあり続けるのでヘッドを操作することもできる。

【左】切り返しから手でクラブを下ろしてしまうと、コックがほどけてヘッドから地面に落ちてしまう。
【右】インパクトは良いスイングをした結果でしかない。手先で当てようとすると手が体の正面から外れてしまう。

教えてくれたのは西村至央コーチ

1977年生まれ。専修大学出身。ミライズゴルフアカデミー主宰。神奈川県を中心にレッスン活動を展開。ビギナーからトッププロまで様々なゴルファーの悩みに対し、わかりやすく指導してくれると
高い評価を得ている。

SHARE

PROFILE

EVEN 編集部

EVEN 編集部

スタイリッシュでアスリートなゴルファーのためにつくられたマガジン。最旬のゴルフファッション、ギア、レッスン、海外ゴルフトリップまで、独自目線でゴルフの魅力をお届け。

EVEN 編集部の記事一覧

スタイリッシュでアスリートなゴルファーのためにつくられたマガジン。最旬のゴルフファッション、ギア、レッスン、海外ゴルフトリップまで、独自目線でゴルフの魅力をお届け。

EVEN 編集部の記事一覧

No more pages to load