BRAND

  • Lightning
  • 2nd(セカンド)
  • CLUTCH Magazine
  • EVEN
  • BiCYCLE CLUB
  • RUNNING style
  • NALU
  • BLADES(ブレード)
  • RIDERS CLUB
  • CLUB HARLEY
  • DUCATI Magazine
  • flick!
  • じゆけんTV
  • 湘南スタイルmagazine
  • ハワイスタイル
  • buono
  • ランドネ
  • PEAKS
  • フィールドライフ
  • SALT WORLD
  • Kyoto in Tokyo

バンカーから一発で脱出できる打ち方とコツ|飛距離を抑えるテクニック

プロゴルファーや上級者は、「ラフから打つよりもバンカーショットのほうが簡単だ」と言うが、そのぐらい自信をもって打てるようになりたいものだ。そこで今回は、距離を抑えたい時のテクニックをご紹介しよう。

飛ばしたくない時はフォローでフェースを空に向ける

体の回転に対してヘッドが体を追い越さなければフェースは返らない。返さずに振ればどれだけ強く振っても飛び過ぎることはない。

フォローでフェース面が空を向くように振り抜くと飛距離を落とすことができる。バンスをしっかり使えるので砂を爆発させやすく、高さも出せる。体の正面からヘッドが外れないように振るのがポイントで、ヘッドを走らせないこと。胸、腕、手元、クラブの関係性を終始変えないように振れば、体の正面に常にクラブをキープできる。インパクトで右肩が下がりすぎないように注意しよう。

コックをキープすると飛距離を抑えられる

テークバックで早めにコックを入れたらそのコックをキープしたままインパクトする。コックがほどけるとただのダフリになる。

ピン位置が近かったり、奥からの下りだったり、飛距離を抑えたい時はコックを多めに入れると良い。入射角が鋭角になり砂が取れる量が増えるので、強く入れても飛びにくくなる。言い換えるとエネルギーロスの大きい打ち方で、ある程度思い切って打ち込んでいく必要がある。力を加減して緩めてしまうと、バンカーから脱出できなくなってしまうので注意しよう。

インパクトで手が前に出過ぎないように注意。手が前に出るほど深くヘッドが刺さるので、バンカーからの脱出が難しくなる。

左腕に余裕をもたせてフォローを出す

左腕に少し余裕をもたせよう。

ボールを飛ばしたい時は左腕が体から離れないようにスイングするが、逆に飛ばしたくない時は左腕に少し余裕をもたせておく。フェース面の向きが変わらないようにターゲット方向にまっすぐ出していくことで、飛距離を抑えることができる。高さを出そうとすると右肩が下がったり、右足に体重が残ったりするので、高さを出す意識は捨てよう。むしろ低く打つ意識をもっておいたほうが、悪い体の動きを抑えられる。

ウィークに握ると飛びすぎを防げる

左手はウィークグリップでしっかりと握っておく。あとは体を回しながらクラブを上げて下ろすだけで飛距離は抑えられる。

飛ばす距離を抑えたい時は、フェースの開閉をできるだけ抑えたい。そこで左手のグリップをウィークに握っておこう。ストロンググリップだとフェースが返りやすくなるので、飛び過ぎてしまう可能性があるからだ。ウィークに握って、その状態を変えないままフォローまで持っていく。フェース面の向きを変えずに、体全体の動きでボールを砂ごと運ぶようなイメージだ。この時、手が体から離れないように意識しよう。

飛ばしたくない時はフェースを開くのもあり

頭に入れておきたいのはフェースを開いて飛ばない構えにしているのだから、スイングの強弱でインパクトを調整しないことだ。

バンカーショットの基本は、フェースを開かなくて良いと説明したが、ピンが近い場合など飛距離を出したくない時にはフェースを開くという選択肢もある。フェースを開く時の注意点としては、アドレス姿勢をとってフェースを開いてからグリップを握りなおすこと。このセットアップさえきっちり完成させておけば、あとはスクエアに構えた時と同じように振るだけだ。

教えてくれたのは西村至央コーチ

1977年生まれ。専修大学出身。ミライズゴルフアカデミー主宰。神奈川県を中心にレッスン活動を展開。ビギナーからトッププロまで様々なゴルファーの悩みに対し、わかりやすく指導してくれると高い評価を得ている。

出典

SHARE

PROFILE

EVEN 編集部

EVEN 編集部

スタイリッシュでアスリートなゴルファーのためにつくられたマガジン。最旬のゴルフファッション、ギア、レッスン、海外ゴルフトリップまで、独自目線でゴルフの魅力をお届け。

EVEN 編集部の記事一覧

スタイリッシュでアスリートなゴルファーのためにつくられたマガジン。最旬のゴルフファッション、ギア、レッスン、海外ゴルフトリップまで、独自目線でゴルフの魅力をお届け。

EVEN 編集部の記事一覧

No more pages to load