BRAND

  • Lightning
  • 2nd(セカンド)
  • CLUTCH Magazine
  • EVEN
  • BiCYCLE CLUB
  • RUNNING style
  • NALU
  • BLADES(ブレード)
  • RIDERS CLUB
  • CLUB HARLEY
  • DUCATI Magazine
  • flick!
  • じゆけんTV
  • 湘南スタイルmagazine
  • ハワイスタイル
  • buono
  • eBikeLife
  • ランドネ
  • PEAKS
  • フィールドライフ
  • SALT WORLD
  • Kyoto in Tokyo

スコッティ・キャメロンのコレクターが沼にはまる理由

人はなぜスコッティ・キャメロンに惹かれるのか

コレクターズアイテムとして人気が高い「スコッティ・キャメロン」のパター。今回ご紹介する中西輝之さんの場合、キャメロンパターの中でもヴィンテージ系のクラシック1のコレクションが圧巻だ。

職業は京都で何代も続く古美術商。そんな中西さんがキャメロンにはまった理由は2つあるという。

「職業柄、売れてはいないけどこれから来るって人を応援したくなるんです。頭角を表し始めた当時のタイガー・ウッズが選んだパターが大メーカーのパターではなく、スコッティ・キャメロンという職人が作り出した作品だったんです。タイガーが認めたパターですよ、これはもうスコッティのパターがブレイクするのではと勘が働きましたね。

パターって唯一タイガーや名だたる選手らと同じフィーリングを味わえるクラブだと思っています。ヘッドスピードの関係上、タイガーみたいなショットは打てませんが、パターは違う。そんな経験をさせてくれるのもキャメロンにはまった理由ですね」

当初は米国サンディエゴにいる友人から情報を集め、その後ハワイや国内での収集がスタートしたそうだ。

「私は美術商として、良いものを知った上で所有することが重要なスタンス。飾って見るだけではなく、約20年前に買った『NEWPORT 2』は今でも普通に使ってます。“用の美”を味わえるのもキャメロンならではの楽しみです」

スコッティ・キャメロン自作のハンドメイドパター。キャメロンが自宅ガレージでハンドメイドで作った超レアもの。後に本人と会った時に直筆のサインをもらったという。

昔のツアーモデルには、小さなTの刻印が入る。チェリードット、サイトドットなどこだわりの仕様。この『SUS303 NEWPORT 2』は今でも現役のエースパターとのこと。

中西輝之さん/古美術を扱う中西松豊軒の代表。美術商として新しい形の美術ギャラリーであるホテルレストラン「ART MONZEN KYOTO」をオープンさせる。

SHARE

PROFILE

EVEN 編集部

EVEN 編集部

スタイリッシュでアスリートなゴルファーのためにつくられたマガジン。最旬のゴルフファッション、ギア、レッスン、海外ゴルフトリップまで、独自目線でゴルフの魅力をお届け。

EVEN 編集部の記事一覧

スタイリッシュでアスリートなゴルファーのためにつくられたマガジン。最旬のゴルフファッション、ギア、レッスン、海外ゴルフトリップまで、独自目線でゴルフの魅力をお届け。

EVEN 編集部の記事一覧

No more pages to load