BRAND

  • Lightning
  • 2nd(セカンド)
  • CLUTCH Magazine
  • EVEN
  • BiCYCLE CLUB
  • RUNNING style
  • NALU
  • BLADES(ブレード)
  • RIDERS CLUB
  • CLUB HARLEY
  • DUCATI Magazine
  • flick!
  • じゆけんTV
  • 湘南スタイルmagazine
  • ハワイスタイル
  • buono
  • eBikeLife
  • ランドネ
  • PEAKS
  • フィールドライフ
  • SALT WORLD
  • Kyoto in Tokyo

世界初! フルカーボンボディのパター『THE CHAMBER』っていいの?

クラブの進化は素材や構造の進化とともにある。例えばここ数年はカーボンコンポジットのドライバーが増えているが、今回はパターのお話。世界で初めてフルカーボンボディを採用したことで話題となっている『THE CHAMBER PUTTER』について、パッティングのスペシャリストである橋本真和コーチにインプレッションしてもらった。

SPEC ○ヘッド素材:カーボン ○フェースインサート素材:ナイロンポリマー ○ロフト角(°):1.5 ○ライ角(°):71 ○重量(g):約550(スクリューウエイト含まず) ○価格:¥60,500

驚異的な直進性! オフセンターヒットでも当たり負けしない

「慣性モーメントを大きくすれば、パターの直進性は高まります。そのためには、ヘッドを大きく、そして重くするのが一般的な手法でした。しかし、それとはまったく違う方法でアプローチしたのが、この『THE CHAMBER PUTTER』です。おそらくパターとしては世界で初めてであろうオールカーボンボディを採用したヘッドは、重すぎることも大き過ぎることもありません。それでいて、少しぐらいオフセンターヒットしても当たり負けしない慣性モーメントがあり、スイートスポットが広く感じられます」(橋本)

「秘密はヘッド重量全体の90%を占めるウエイトを、ヘッドのフェース寄りのトゥ側とヒール側に配置したこと。この重量配分が驚異的な慣性モーメントの大きさを実現し、高い直進性を実現しているのです。カーボンと聞くとフィーリングの面でネガティブな印象をもたれる方もいると思いますが、このパターに関しては心配無用。ソリッドな中にやわらかさを感じる打感で、個人的にはとても心地良く感じました。ルックスもレーシングカーのように精悍で、高級感もあります」(橋本)

超軽量のオールカーボンボディにより、ヘッド重量の90%をボディ周辺に配置。超ワイドなスイートエリアを実現した。
ソールに配置された可変スクリューウエイトを変更することで、ストロークに応じて慣性モーメントを変更することが可能。
極太のグリップにより手首を固定してストロークできる。前面がフラットなので、スクエアを感じやすいのもメリットだ。

ハイスピードカメラで球の転がりをチェックしてみると…

「サイドスピンが大幅に減って、スムーズできれいな順回転がかかっています。これが直進性の高さにつながっていることは間違いありません。加えて、打ち出し角が1.0度前後で安定しているのも特筆すべきポイント。スペックを見ると、ロフト角が1.5度なんですね。スムーズな振り子の動きでインパクトすれば、適正な打ち出し角と理想的な順回転が得られますし、ミスヒットにも強いので、誰もがやさしく使えるパターだと思います」(橋本)

米女子ツアーではレキシー・トンプソンが使用しているが、国内でも女子ツアーのシード選手が実戦に投入するなど注目を集めている『THE CHAMBER PUTTER』。今後、人気が爆発する可能性もありそうだ。

橋本真和

はしもと・まさかず/ゴルフテクノロジーに精通し、「CAPTO」によるパッティング解析や弾道解析3D解析のコーチとして多数のプロ・アマをサポートしている。

アイ イン ザ スカイ https://www.eyeinthesky.jp/

SHARE

PROFILE

EVEN 編集部

EVEN 編集部

スタイリッシュでアスリートなゴルファーのためにつくられたマガジン。最旬のゴルフファッション、ギア、レッスン、海外ゴルフトリップまで、独自目線でゴルフの魅力をお届け。

EVEN 編集部の記事一覧

スタイリッシュでアスリートなゴルファーのためにつくられたマガジン。最旬のゴルフファッション、ギア、レッスン、海外ゴルフトリップまで、独自目線でゴルフの魅力をお届け。

EVEN 編集部の記事一覧

No more pages to load