BRAND

  • Lightning
  • 2nd(セカンド)
  • CLUTCH Magazine
  • EVEN
  • BiCYCLE CLUB
  • RUNNING style
  • NALU
  • BLADES(ブレード)
  • RIDERS CLUB
  • CLUB HARLEY
  • DUCATI Magazine
  • flick!
  • じゆけんTV
  • 湘南スタイルmagazine
  • ハワイスタイル
  • buono
  • eBikeLife
  • ランドネ
  • PEAKS
  • フィールドライフ
  • SALT WORLD
  • Kyoto in Tokyo

ちょっとハードな“7X”シャフトを試打・検証してみました

ブレない硬さでハードヒッターが叩いて飛ばせる

軽硬シャフトが主流になりつつある時代の流れには逆行しますが、ブレない硬さで叩いて飛ばせるハードスペックのシャフトに興味津々です。ということで、最新シャフトの中から9モデルを厳選し、一昔前は飛ばし屋御用達だった“7X”を集めて一発の飛びを検証してみました。ヘッドは「ピン」の『G410』ドライバーで、ロフトは9.0度。それぞれ5球ずつ打って弾道計測器で測定し、もっとも飛距離が高かったデータを掲載します。

Fujikura VENTUS BLUE 7X

ヘッドスピード:48.7m/s トータル飛距離:299.7yard

たたける元調子系で、マイクラブのシャフトに近いフィーリングのため振りやすかったです。打ち出し角は約14度。過度なしなりは感じられず、叩けば叩くほど飛距離が伸びそうな予感がします。

UST mamiya ATTAS DAAAS 7X

 

ヘッドスピード:49.8m/s トータル飛距離:300.1yard

大型ヘッドに対応した最新シャフトは思いのほか、打ち出し角が高めです。キャリーで280ヤードを超える数値で、弾道はストレート。使い慣れればさらにスピードが上がりそうな一本です。

MITSUBISHI CHEMICAL TENSEI CK Pro Orange 70X

ヘッドスピード:48.6m/s トータル飛距離:299.5yard

国内外で多くのツアープロが使用して話題になった。キレやスピードを感じる動きで、実際のヘッドスピード以上にヘッドが走る感覚。フレックスTXがあるので、そちらも打ってみたいですね。

GRAPHITE DESIGN TOUR AD HD-7 X

ヘッドスピード:49.2m/s トータル飛距離:299.6yard

しなやかなしなりを感じる中調子系シャフトで、中弾道の軽いドローが出ました。使い慣れてくればボール初速がもっと上がって、飛距離性能をさらに発揮できるような印象を受けました。

MITSUBISHI CHEMICAL Diamana TB 70 X

ヘッドスピード:49.2m/s トータル飛距離:298.4yard

一定程度のしなりは感じるものの無駄な遊びはなく、切り返しからスムーズにインパクトへと加速していきます。打ち出し角は約15度で、適度な弾道の高さも心地良く感じました。

Fujikura Speeder 757 EVOLUTION7 X

ヘッドスピード:49.8m/s トータル飛距離:305.4yard

インパクト付近で強烈なスピードを感じるシャフト。しっかりとつかまった球が出て、飛距離性能も高いですね。タイミングがずれると左につかまりすぎてしまう点が少し気になりました。

GRAPHITE DESIGN TOUR AD XC-7 X

ヘッドスピード:49.8m/s トータル飛距離:301.2yard

ほとんどしなりを感じない“棒”のような振り感が、自分としてはある意味心地良く感じました。弾道はほぼストレートで、球数を打てば打つほどに安定感の高さを感じるシャフトです。

Fujikura Speeder 857 TR S

ヘッドスピード:48.6m/s トータル飛距離:304.6yard

7Xと一緒にこちらの8Sも試打したところ、8Sの飛距離が意外な伸びを見せました。ストレート弾道でヘッドスピードの数値以上に飛距離性能が高く、叩いても曲がらない安定感があります。

SHARE

PROFILE

清水隆幸

清水隆幸

証券業界に身を置いて長きに渡りディーラー業務に従事した後、ゴルフショップの運営、接客を経てEVEN編集部へ。ヘッドスピード50m/sを超すドライバースイングから放たれたボールを、右へ左へと猛ダッシュで探しに走るスタイルが信条。マニアックなギアが大好物で、夜な夜なゴルフクラブいじりに勤しむ。

清水隆幸の記事一覧

証券業界に身を置いて長きに渡りディーラー業務に従事した後、ゴルフショップの運営、接客を経てEVEN編集部へ。ヘッドスピード50m/sを超すドライバースイングから放たれたボールを、右へ左へと猛ダッシュで探しに走るスタイルが信条。マニアックなギアが大好物で、夜な夜なゴルフクラブいじりに勤しむ。

清水隆幸の記事一覧

No more pages to load