BRAND

  • FUNQ
  • ランドネ
  • PEAKS
  • フィールドライフ
  • SALT WORLD
  • EVEN
  • Bicycle Club
  • RUNNING style
  • NALU
  • BLADES(ブレード)
  • flick!
  • じゆけんTV
  • buono
  • eBikeLife
  • Kyoto in Tokyo

鷲見玲奈と岸田タツヤの超私的な「ゴルフコース 探訪記」Vol.3 カレドニアン・ ゴルフクラブ

ゴルフビギナーの鷲見玲奈さんとベスト73の凄腕ゴルファー・岸田タツヤさんが、人気ゴルフ場を私的にインプレッションする!

鷲見玲奈

1990年5月12日生まれ、岐阜県出身。2013年にテレビ東京入社。2020年4月からフリーアナウンサーに転身。現在、『炎の体育会TV』(TBS系)や『銀座ゴルフ倶楽部』(ゴルフネットワーク)などにレギュラー出演中。ゴルフは2020年に始めたばかりで、ベストスコアは115。

岸田タツヤ

1992年4月16日生まれ、東京都出身。2009年にドラマデビュー。2019年に戦隊シリーズ『騎士竜戦隊リュウソウジャー』に出演して注目を集める。2021年4月にはYouTubeチャンネル『タツ兄のブンブン☆マン振りLIFE ! 』を開設、無類のゴルフ好きで、ベストスコアは73。

REINA’s fashion check

ストレッチ性の高い中綿ベストがお気に入り

中綿とフリース素材を組み合わせたベストは使い勝手が抜群で、グラフィックパターンのスコートとの相性も良い。キャップ:5,280円、ベスト:24,200円、ニット:17,600円、ロングスリーブポロシャツ:15,400円、スコート:15,400円、ソックス:2,860円、(すべてテーラーメイドアパレル/問:テーラーメイドゴルフ カスタマーサービス 0570-019-079)、その他 スタイリスト私物

鷲見玲奈さん着用のウエアを詳しく見る

TATSUYA’s fashion check

防風インナー&中綿ベストでスイングしやすい

防風性のある素材を使用したモックネックは単体でも使用可能。ニットバイザー:3,300円、ベスト:24,200円、モックネックインナー:17,600円、パンツ:17,600円、ベルト:11,000円、ソックス:1,320円(すべてテーラーメイドアパレル/問:テーラーメイドゴルフ カスタマーサービス 0570-019-079)、その他 スタイリスト私物

岸田タツヤさん着用のウエアを詳しく見る

ラウンドしない人も利用できる充実した練習環境

岸田:今回は千葉県のカレドニアン・ゴルフクラブにやってきました。なかなか予約が取れない人気コースで、とくに上級者や競技ゴルファーから高い評価を得ています。
鷲見:ということは、難しいってことですよね? 撮影スタッフさんからも「グリーンが難しい」という話を聞いて、ちょっと不安です(笑)
岸田:まずはドライビングレンジに行ってみましょうか。ここは充実した練習環境も特徴のひとつです。

改修を行い300ヤード規模へと拡大したドライビングレンジ。「ツアープロの方も練習に来るそうです。ここのメンバーになったら、ゴルフの腕前がワンランク上がりそう」(岸田)

鷲見:おおっ、ゴルファーがいっぱい! とても活気があって良いですね。向こうにあるのはアプローチの練習場ですね。芝の上からボールを打てるのはうれしい。
岸田:スタート時間に余裕をもって来場して、じっくり練習したくなりますね。練習グリーンはちょっと変わった回廊型の形状で、いろんな距離やラインを打てるようになっています。さあ、転がしてみましょう。
鷲見:わっ、速い! 下りのラインはちょっと触っただけでもどんどん転がっていきますね。スタッフさんが「グリーンが難しい」って言った意味がわかりました(笑)

広々としたアプローチ&バンカー練習場を完備する。「1日中、練習していたい! えっ、ラウンドしない人も利用できる(※有料)んですか?賑わっているわけですね」(鷲見)

岸田:高速グリーンといえば、マスターズの舞台オーガスタナショナルが有名ですが、カレドニアンGCはそのオーガスタ並みの高速グリーンを目指しています。実際、この時期は日常的に11~13フィートのグリーンスピードが出るそうです。数字だとわかりにくいかもしれませんが、これはプロのトーナメントと同じかそれ以上の速さです。

今まではアイアンセットのウェッジを使っていたが、この日のラウンド直前に単品のニューウェッジを手に入れた鷲見さん。最近はクラブにも興味津々らしい。

鷲見玲奈さんと岸田タツヤさん着用のウエアを詳しく見る

きれいなものにはトゲがある

100切りを目指してレッスンにも通っているという鷲見さん。「今までプレーしたゴルフ場の中で、ここが一番難しいです。ただまっすぐ打つだけじゃダメなんですね」(鷲見)

鷲見:(プレーを開始して)平らな場所が少ないですね(笑)。傾斜地から打つ機会が多くなるので、狙ったところに運ぶのが難しい!
岸田:そうなんです。ヨーロッパのリンクスコースのような雰囲気がありますよね。池やバンカーといったハザードも効いているので、一打一打、しっかり考えて打たないと次打が難しくなる。それに加えてあの高速グリーンだから、難易度は相当高いですよ(笑)

グリーンはただ高速なだけでなくアンジュレーションも複雑なので、スリリングなパッティングが楽しめる。のせる場所を考えないと難解なラインが残ることに。

鷲見:いろんなシチュエーションでプレーできるので、単調なコースよりも私は好きです。スコアにはならないと思いますけど……。
岸田:ただ、フェアウェイが超狭いとか、谷越え池越え連発とか、そういう難しさではないので、ビギナーでも挑戦しがいのあるコースだと思います。きっと打ちのめされるだろうけど、またチャレンジしたくなる。そんなゴルフ場ですね。

13番ホールや18番ホールのビーチバンカーは、その美しさでゴルファーの目を楽しませてくれるが、砂質が柔らかく、脱出は容易ではない。

鷲見:真っ白い砂のバンカーと緑のコントラストとか、コースのアンジュレーションに光が当たった時の陰影とか、すごく印象的な風景を見ることができました。きれいなものにはトゲがある、ですけど(笑)
岸田:さて、この短期連載は今回が最終回となります。またどこかでお会いできたらうれしいです。ご愛読ありがとうございました!

あの“オーガスタ並みの14フィートに挑戦” をスローガンに、日常的にグリーンを超高速に仕上げており、緊張感のあるパッティングが楽しめる。

鷲見玲奈さんと岸田タツヤさん着用のウエアを詳しく見る

カレドニアン・ゴルフクラブ

トーナメント仕様のグリーンはオーガスタ並みのハイスピード!

コースコンディションの良さと戦略的なレイアウトに定評があるチャンピオンコースで、数々の名勝負の舞台になってきた。トーナメントクオリティのグリーンはこの時期、常時11~12フィートの高速仕様に仕上がっている。充実した練習環境も魅力のひとつだ。

自慢のグリーンはトーナメントレベルの高速仕様だ。「12フィート超えなんてアマチュアはなかなか体験できませんからね。それだけでも来る価値があるコースだと思います」(岸田)
レストランの名物はハンバーグ。「粗挽きでしっかりとうま味があるハンバーグはとってもジューシー。他では味わえないオリジナルのソースはピリ辛で、白いごはんに合います」(鷲見)
駐車場内にEVカー用の充電スタンドを5基設定している。「エコ&サステナブルな時代ですし、ゴルフは車を利用する人が多いですから、こういう設備はうれしいですね」(岸田)

【DATA】
住所:千葉県山武郡横芝光町長倉1658
電話:0479-82-6161
開場:1990年10月7日
コース:18ホール/7144ヤード/パー72
コース設計:J・マイケル・ポーレット
http://www.caledoniangolf.net/

SHARE

PROFILE

EVEN 編集部

EVEN 編集部

スタイリッシュでアスリートなゴルファーのためにつくられたマガジン。最旬のゴルフファッション、ギア、レッスン、海外ゴルフトリップまで、独自目線でゴルフの魅力をお届け。

EVEN 編集部の記事一覧

スタイリッシュでアスリートなゴルファーのためにつくられたマガジン。最旬のゴルフファッション、ギア、レッスン、海外ゴルフトリップまで、独自目線でゴルフの魅力をお届け。

EVEN 編集部の記事一覧

No more pages to load