BRAND

  • FUNQ
  • ランドネ
  • PEAKS
  • フィールドライフ
  • SALT WORLD
  • EVEN
  • Bicycle Club
  • RUNNING style
  • NALU
  • BLADES(ブレード)
  • flick!
  • じゆけんTV
  • buono
  • eBikeLife
  • Kyoto in Tokyo

MEMBER

  • EVEN BOX
  • PEAKS BOX
  • Mt.ランドネ

初導入でスタッフプレーヤーのスタッツが激変! “ROGUE ST”の真実

毎年、ホリデーシーズンのハワイで行われる「セントリートーナメント オブ チャンピオンズ」は、各メーカーの新製品のお披露目の場でもある。新作「ROGUE ST」ドライバーは、初戦からその圧巻の性能を見せつけた。

トッププロのパフォーマンスを引き上げた立役者

ハワイ・マウイ島の「カパルアリゾート」で行われる、PGAツアーのオープニングイベント「セントリートーナメント オブ チャンピオンズ」。参加資格が前年の優勝者のみということで注目度が高く、毎年クラブメーカー各社はこの試合でニューモデルをローンチし、話題を提供するのはギア好きならご承知の通りだ。そんな中、今年キャロウェイゴルフが同試合から投入した「ROGUE(ローグ) ST」シリーズが初戦からそのポテンシャルを見せつけた。

契約プロ13名中9名がROGUEを使用。ラームが2位、シャウフェレが12位の好成績をマーク。無論それだけではクラブ性能の恩恵かは断定できない。この二人、実は昨年同じ試合、同じコースで記録した公式スタッツのドライビングディスタンス(ドライバー平均距離)が格段に向上したのだ。ラームは21年度の試合スタッツから実に約13ヤード、シャウフェレも約5ヤードアップ。圧巻はラームで、2日目にフェアウェイキープ率100%を達成すると、4日間を通して約82%、前年比で3%アップの“飛んで・曲がらない”ティショットを披露。気象条件や調子などを考慮しても、この二人の好調にローグ STが果たした役割を公式スタッツが証明しているのだ。

ジョン・ラーム
ドライビングディスタンス: 283yd(’21)→296yd(’22)
ザンダー・シャウフェレ
ドライビングディスタンス:284yd(’21)→288yd(’22)

ローグSTは2018年に発売された「ローグ」の第2世代モデルという位置づけで、アスリート御用達の「エピック」シリーズに比べ、より幅広いユーザー層をターゲットにしたモデルだ。だが、その中身は、寛容性のあるアマチュア仕様というより、近年のキャロウェイのテクノロジーが全部入りの完成度の高さが際立つ。名前の“ST”はスピードチューニングの意で、レーシングカーのチューニングよろしく、「AI FLASHフェース」や「トライアクシャル・カーボンクラウン&ソール」、「JAILBREAK AIスピードフレーム」といった同社のテクノロジーを全投入。また、ビス一本にまで及ぶ重心位置調整を始め、細部まで徹底したリファインにより、ボール初速、スピン量、打ち出し角の最適化を実現。その上、ヘッド後方にある新搭載の「タングステン・スピードカートリッジ」で打点ブレによる飛距離と弾道の安定化を実現させたのだ。

シリーズはオートマチック、ドローバイアス、低スピン仕様に加え、振り抜きやすい国内仕様の「MAXFAST」を含む4モデル同時展開。この4モデル、実は対象とするユーザーの打点からAIが導き出したそれぞれ異なるフェース裏の造形を持ち、球のつかまりや弾道高さ以外の面でも、ゴルファーにベストな1本が必ず見つかる仕掛け。発売予定の3月が待ち遠しい存在だ。

キャロウェイゴルフ ROGUE STシリーズ

飛んで曲がらない全方位チューニング

上質感のあるヘッドの内部には、徹底的に磨き上げた先端テクノロジーを投入。契約プロのポテンシャルを引き上げた。

TECH_01「ジェイルブレイクAIスピードフレーム」

第2世代のJAILBREAK・AI スピードフレーム。ヘッド上下左右の余分なたわみを軽減。フェースにエネルギーを集中し、ボールスピードがアップ。ボディ側と一体整形し、溶接による重量増まで軽減した。

TECH_02「AIデザインフェース」

AI にスピン量、打出し角、ボールスピードをすべて入力し直し、新たなアルゴリズムで設計。「飛びの三要素」すべてを最適化。シリーズの4モデルの対象ユーザーの打点から算出されたデザインという点も見逃せない。

TECH_03「タングステン・スピードカートリッジ」

約11gのタングステンをヘッド後端部に装着することで、オフセンターヒット時のボールスピードを高めると同時に、慣性モーメントを拡大、インパクト時の安定性が向上。ヘッドサイズに及ぶ重量管理の賜物だ。

キャロウェイゴルフ ROGUE STシリーズ

自分に合ったチューニングを選べる

ROGUE ST MAX

シリーズ中、スタンダードモデルの位置づけで、ややドローバイアス。高初速でストレートな弾道。ロフトは9、10.5、12°を用意。78,210円~

ROGUE ST MAX LS

シリーズ中、最も低スピンなプロ、上級者向けモデルで、高初速・強弾道。※ CALLAWAY SELECTED STORE限定商品。86,900円~

ROGUE ST MAX D

ドローバイアスでアップライトな設計で、シリーズ中、つかまり重視のモデル。気持ち良く振り抜けばハイドローな弾道に。78,210円~

ROGUE ST MAX FAST

シリーズで唯一接着型ホーゼルの軽量ヘッドと超軽量シャフトの組み合わせ。ドローバイアス、アップライトでやさしく飛ばせる。78,210円~

キャロウェイゴルフ ROGUE STシリーズ

3月20日(日)開催「EVEN SUPER 試打会」で最新・注目モデルをとことん試し打ちしよう!

国内最大級の規模を誇るゴルフクラブの試打パーティ「EVEN SUPER 試打会」が、2年ぶりに東京・葛西の「ロッテ葛西ゴルフ」に帰ってきます! 大手メーカーからパーツブランドまで、EVENならではのラインナップで注目のニューモデルや話題のギアを無料で試せる試打会。「EVEN SUPER 試打会」でお試しいただけるメーカー・ブランドとモデルは特設ページで随時ご案内しています。

「EVEN SUPER 試打会」特設ページ

【ゴルフ試打会】国内最大級!2022年3月20日(日)ロッテ葛西にて開催|16ブランド以上参加!参加費無料

【ゴルフ試打会】国内最大級!2022年3月20日(日)ロッテ葛西にて開催|16ブランド以上参加!参加費無料

2022年03月19日

※新型コロナウイルス感染の状況によりイベントの変更・中止となる場合がございます。

SHARE

PROFILE

EVEN 編集部

EVEN 編集部

スタイリッシュでアスリートなゴルファーのためにつくられたマガジン。最旬のゴルフファッション、ギア、レッスン、海外ゴルフトリップまで、独自目線でゴルフの魅力をお届け。

EVEN 編集部の記事一覧

スタイリッシュでアスリートなゴルファーのためにつくられたマガジン。最旬のゴルフファッション、ギア、レッスン、海外ゴルフトリップまで、独自目線でゴルフの魅力をお届け。

EVEN 編集部の記事一覧

No more pages to load