BRAND

  • FUNQ
  • ランドネ
  • PEAKS
  • フィールドライフ
  • SALT WORLD
  • EVEN
  • Bicycle Club
  • RUNNING style
  • NALU
  • BLADES(ブレード)
  • flick!
  • じゆけんTV
  • 湘南スタイルmagazine
  • ハワイスタイル
  • buono
  • eBikeLife
  • Kyoto in Tokyo

2年目の「ルコックスポルティフ リジューム」が、さらにモダンに登場!

昨年のSSシーズンでデビューした「ルコックスポルティフ」の「リジューム」。“シャープなアスリートスタイル”を標榜するラインナップは、更にソリッドなデザインに仕上がった。シンプルなスポーツウエア好きのゴルファーは要注目である。

加速するアスリート向けモデルのモード化

編集長のミズカミです。最近のゴルフウエアは、ザックリと大きく分けてスポーツ(アスリート)スタイルとカジュアル(ストリート)スタイルの二つに大別できるだろう。両者とも読んで字の如く、前者は機能性がそのままデザイン化したような“ザ・スポーツウエア”だし、後者は普段着となんら変わらないようなスタイリングである。

勿論、立ち位置はブランドによって様々で、中間を上手く表現するコレクションもある一方、共に極地化も進んでいる。ほぼストリートファッションと変わらないようなルックがやたらと増えているのは最近の大きな潮流である。アスリートなブランドを見ると、やはりより前衛的なコレクションが登場しているのだ。

モックネックシャツ&ジップアップブルゾン

昨年のSSシーンに初登場した「ルコックスポルティフ リジューム」は、中でも特にソリッドなデザインを投入してきた。シャープでシンプル、それでいてフランスのエスプリともいうべき、インテリジェンスを感じる艶っぽさを内包している。これは昨年のAWコレクションからブランドロゴを大胆に変更し、アスリート色をより強めたリブランディングが影響しているのだろう。

と、まあ偉そうに解説したところで写真をご覧いただければ一目瞭然。モードブランドのようなソリッドでセクシーなデザインに仕上がっているのだ。

このジップブルゾンも非常に高いストレッチ性を担保しつつ、曲線美を意識した異素材の組み合わせによって非常に存在感は大きい。モックネックシャツも同様な曲線デザインが目を引くが、これはホールガーメントによるニットの編み柄による表現である。勿論、ニットとはいえウォッシャブルなのはこのブランドにして当然。大人のスポーツニットシャツなんて異様にお洒落だ。ブルゾン:17,600円、モックネックシャツ:13,200円

襟付きシャツ

正統派の襟付きシャツもリジュームになるとこうなる。胸の開閉はジップアップ仕様で、ロゴや襟などにフラッシュカラーを採用してモダンな印象を与えている。吸水速乾、ストレッチ、UPF 15と機能性も充実している。ポロシャツ:15,400円

ジョガーパンツ

カーゴタイプのジョガーパンツは旬なアイテム。立体パターン、4ウェイストレッチ、ウエストのゴム仕様などとことん快適な設計になっている。加えて撥水も備わるアスリートモデルである。パンツ:15,400円

公式サイト:RIJOUME – le coq sportif [ルコックスポルティフ]

SHARE

PROFILE

水上貴夫

EVEN / 編集長

水上貴夫

モノ誌、ファッション誌を渡り歩き2008年に『Real Design』を作りたいと、枻出版社に入社。わずか1年半で編集長となるもその数か月後、朝4時に担当役員から「来週から『EVEN』の編集長やって」といわれて早10年を数える。もうすっかりゴルキチ。

水上貴夫の記事一覧

モノ誌、ファッション誌を渡り歩き2008年に『Real Design』を作りたいと、枻出版社に入社。わずか1年半で編集長となるもその数か月後、朝4時に担当役員から「来週から『EVEN』の編集長やって」といわれて早10年を数える。もうすっかりゴルキチ。

水上貴夫の記事一覧

No more pages to load