BRAND

  • FUNQ
  • ランドネ
  • PEAKS
  • フィールドライフ
  • SALT WORLD
  • EVEN
  • Bicycle Club
  • RUNNING style
  • NALU
  • BLADES(ブレード)
  • flick!
  • じゆけんTV
  • buono
  • eBikeLife
  • Kyoto in Tokyo

MEMBER

  • EVEN BOX
  • PEAKS BOX
  • Mt.ランドネ

男子ツアー国内初戦で見つけた未発売ゴルフシューズが面白い!

「MBT GOLF」の新作ゴルフシューズを発見

三重県の東建多度カントリークラブ・名古屋で行われている男子ツアー国内初戦「東建ホームメイトカップ」を現地で取材中です。2日目の朝、コース近くのコンビニで立ち寄ると、小田孔明プロの帯同キャディとして今大会に出場している金村昭典くんに声をかけられました。実は彼、かつてEVEN編集部で一緒に仕事をしていたことがあるのです。

監修した小田孔明プロが試合で着用

ということで小田プロに注目してみると、なにやらシューズが面白いことに。小田プロが履いているのは、機能性コンディショニングシューズブランド「MBT」の新ライン「MBT GOLF」の『RGC KOMEI』。小田プロ自らが監修に携わっていて、独自の「ROLLERGRIP CONCEPT」をソールに採用し、スイング時のグリップ力を高めるとともに歩行時は快適な着用感を実現。コースからタウンユースまで使えるマルチパーパスデザインのゴルフシューズです。

初日2日目と小田プロと同組だった出水田大二郎プロもツアーでは出水田大二郎プロも『RGC KOMEI』を着用しており、「とても軽くてフィット感が良いところが気に入っています」と話してくれました。

アウトソールのクリーツが3つだけ!?

『RGC KOMEI』は現在、シューレース、ダイヤル、そしてメッシュアッパーの3モデルを展開していますが、小田プロが履いているのはそのどれとも違います。本人に直撃すると、「今年の夏に発売する予定のニューモデルです」(小田)とのこと。

最大の特徴はアウトソールで、クリーツが足の外側寄りの3つだけという変わった形状になっていて、「スイング時に力のかかる部分だけに鋲をつけた」(小田)ということでした。また、アッパーが最近流行りのラップ構造を採用しているのも市販モデルにはないポイントです。

小田プロによると、「(市販モデルは)色が少し変わると思います。ほかに、ダブルダイヤル式のシューズやウイメンズモデルも準備しています」ということなので、この夏は「MBT」のゴルフシューズンのラインナップが一気に充実しそうな気配です。

MBT公式オンラインショップ https://mbtshop.jp

SHARE

PROFILE

フクダトモオ

EVEN / 副編集長

フクダトモオ

1973年生まれ。業界紙記者、フリーライター、ゴルフ週刊誌編集を経て枻出版社へ。187センチの長身で、自称“用賀のビッグイージー”。スイング理論からPGAツアー、ギア、コース、さらにはゴルフ女子に至るまで守備範囲は広い。ベストスコア78、平均スコア90。

フクダトモオの記事一覧

1973年生まれ。業界紙記者、フリーライター、ゴルフ週刊誌編集を経て枻出版社へ。187センチの長身で、自称“用賀のビッグイージー”。スイング理論からPGAツアー、ギア、コース、さらにはゴルフ女子に至るまで守備範囲は広い。ベストスコア78、平均スコア90。

フクダトモオの記事一覧

No more pages to load

x