BRAND

  • FUNQ
  • ランドネ
  • PEAKS
  • フィールドライフ
  • SALT WORLD
  • EVEN
  • Bicycle Club
  • RUNNING style
  • NALU
  • BLADES(ブレード)
  • flick!
  • じゆけんTV
  • 湘南スタイルmagazine
  • ハワイスタイル
  • buono
  • eBikeLife
  • Kyoto in Tokyo

あのコリン・モリカワも!パーカのセットアップでゴルフしてる

カジュアルスタイルに欠かせないパーカ(フーディ)。襟付きシャツが慣例的にドレスコードとされてきたゴルフでは、これまでみかけなかったが、ゴルフファッションのカジュアル化にともない、ゴルフの着こなしでもちらほらと見かける機会が増えた。実際、一部のゴルフウエアメーカーからはゴルフプレーに特化したパーカもラインナップされている。そもそもがアスレチックウエアである以上、パーカでプレーできないのも何か腑に落ちない。無論、ドレスコードを課すメンバーシップの名門コースはそれを禁止することに異論はないが、パーカを着用してプレーすることがが他のプレイヤーに迷惑をかけることになるのか、というのことには疑問を感じる。その是非は本稿では言及しないが、ゴルフファッションが多様化することは歓迎すべきことだと感じし、実際のツアーを見ても、一部の選手は大事な試合でパーカを着用してプレーしているのは事実なのだ。ここではゴルファーウエアブランドを中心に、春のラウンドで着たいパーカを2回にわけて紹介する記事の後半をお届けする(この記事はEVEN2022年5月号掲載の内容を一部加筆したものです)。

 

あのコリン・モリカワはパーカセットアップで試合に出場

グレーのセットアップに小物のホワイトをアクセントにした米国コリン・モリカワ選手。今季序盤の”第5のメジャー”「プレーヤーズ選手権」二日目での着こなしだ。

ゴルフアパレルを中心に、スポーツウエア、サーフ&スケーター系など、同伴者と被りにくそうな、通なセレクトでご紹介します。

ビッグシルエットでルーズに

オーケー

スポーツウエアの黄金比コットン50%、ポリエステル50%を採用したゆったりシルエットのパーカ。裏はフリース素材で速乾性、耐久性に優れる。8,800円(問)アドナスト

モノトーンで表現するラグジュアリー

ジーフォア

胸元のエンボス処理されたプリントが目を引くシックで上品なパーカ。フード裏はナイロン素材。引き手がラバーのジップポケットも便利。35,200円(問)タキヒヨー

アウトドア出自のゴルフウエア

ピークパフォーマンス

胸元にさり気なく配した同色のボックスロゴを含め、シンプルで機能的なつくりがさすが。サイドのシームの位置など立体的なシルエットを採用。13,200円(問)RCTジャパン

アメリカ古着を思わせるデザイン

ジャクソンマティス

コットン100%、ビビッドカラーとポップなプリントが着こむほどに味出しが楽しめそう。長めのリブもヴィンテージ風。16,500円(問)ハンドイントゥリーショールーム

元祖アメリカンスポーツアイテム

スターター

アメリカの公式チームスポーツウエアとして’80年代を席巻したブランド。設立年を表す71のバックプリントもゴルフと相性良し! 9,790円(C)問)ブランチアウト

バンダナを思わせるパターン

リサウンドクロージング

全面に配したバンダナ柄プリントがインパクト大。素材にストレッチ性の高いサラッとしたポリエステルを使用し、着心地は軽い。27,500円(問)リサウンド クロージング

今季の流行りは半袖パーカ

サイコバニー

前面のポケットとフード、薄手の機能性素材で、Tシャツ感覚で着られる半袖パーカが新鮮。フード裏はカモフラージュ柄の切り返し。15,400円(問)ジョイックスコーポレーション

アクティブな大人のライフスタイルに

オブシディアン

ゴルフシーンをベースに、スポーツにもデイリーにも使えるファッション性と機能性を兼備。上質でしっかりした厚手の素材感。47,300円(C)問)オブシディアン 二子玉川店

ソフトな肌触りの上質パーカ

ムータマリン

アクリルやレーヨン、ウレタンなどを混紡し、ウールのような上質な素材感と機能性を備えた一枚。コードレスのデザインはざっくり羽織りたい。24,200円(問)ムータ ジャパン

大人気ビデオゲームとコラボレーション

ラコステ

大ヒットゲーム「マインクラフト」とコラボレーションしたブランドロゴがキュート。コットン100%のしっかりめの素材感。26,400円(C)問)ラコステお客様センター

 

STYLE.2 ビビッドカラーの存在感

「モノトーン系のトーンオントーンはアスリートスタイルの定番ですが、今ならビビッドカラーの差し色で差別化しましょう。化繊のパーカに合わせ、パンツも素材感を合わせるのが定石です。インナーにモックネックを合わせれば、厳しい一部コースをのぞければ、ドレスコードもクリアできるはずですが、念のため、コースのレギュレーションでフード全般を禁止しているコースもあるので、確認するのをおすすめします。」(スタイリスト水野)

パーカ25,300円(ジュンハシモト問COMITAS)、ハイネック8,756円、パンツ13,310円(すべてアイリッシュマン問ジョワイユ)、シューズ20,900円(アディダス ゴルフ問アディダス ゴルフお客様窓口)

出典

SHARE

PROFILE

EVEN 編集部

EVEN 編集部

スタイリッシュでアスリートなゴルファーのためにつくられたマガジン。最旬のゴルフファッション、ギア、レッスン、海外ゴルフトリップまで、独自目線でゴルフの魅力をお届け。

EVEN 編集部の記事一覧

スタイリッシュでアスリートなゴルファーのためにつくられたマガジン。最旬のゴルフファッション、ギア、レッスン、海外ゴルフトリップまで、独自目線でゴルフの魅力をお届け。

EVEN 編集部の記事一覧

No more pages to load