BRAND

  • FUNQ
  • ランドネ
  • PEAKS
  • フィールドライフ
  • SALT WORLD
  • EVEN
  • Bicycle Club
  • RUNNING style
  • NALU
  • BLADES(ブレード)
  • flick!
  • じゆけんTV
  • 湘南スタイルmagazine
  • ハワイスタイル
  • buono
  • eBikeLife
  • Kyoto in Tokyo

ツアープロと一緒にプレーするとアマチュアゴルファーはどうなる?

ゴルフパートナーPRO-AMトーナメント3日目の結果は?

茨城県の取手国際ゴルフ倶楽部 東コースで行われている男子ツアー「ゴルフパートナーPRO-AMトーナメント」は、バーディ合戦となった3日目を終えて、トータル19アンダーの大槻智春が単独首位、2打差の17アンダー2位タイに今平周吾、比嘉一貴、B・ケネディが続いている。

3日目を5アンダー65でまとめ、トータル19アンダーで単独トップに立った大槻智春。2019年の関西オープン以来となるツアー2勝目なるか。
3日目に9アンダー61をマークして2位タイへと浮上した今平周吾。先週の「ダイヤモンドカップ」に続く2週連続優勝を狙う。

今大会は、2日間の予選ラウンド後に約60人のプロが決勝ラウンドに進出するのは通常通りだが、4日間を通じてプロ2人、アマ2人の4人1組でプレーするのが大きな特徴で、全国約30会場の予選会を勝ち抜いたアマチュアがプロと一緒にプレーしている。

「実力以上のことをしがち」(東幸司選手)

アマチュア部門は木・金曜日に行われたダブルス戦と、土・日曜日に行われているスクラッチ戦があり、ぞれぞれに順位を決定する仕組み。3日目終了後、スクラッチ戦の初日を終えた東幸司選手に話を聞いた。

今大会は昨年に続いて2回目の出場となる東幸司選手。スクラッチ戦の初日は5オーバー75で10位タイとまずまずのスタート。

「アマチュアの競技に出場する時も緊張しますが、それとはまた違った緊張感がありますね。目の前でプロのすごいショットを見ているのもあり、いつもより飛ばしてやろうとか、ベタピンに寄せてやろうとか、ついつい実力以上のことをしがちなんです。やっぱり冷静じゃなくなっているんでしょうね。普段はやらないようなミスがたくさんありました」(東選手)

そう振り返る東選手だが、初日5オーバーはスクラッチ戦の出場者50名中の10位タイとまずまずの成績。トップとは5打差あるが、まだまだ上位を狙える位置だ。

最終ホールでパーパットを沈めて思わずガッツポーズが出た東選手。バーディチャンスが少なく「耐える1日だった」とのこと。

「優勝はまったく狙っていませんが(笑)、今日よりも良いスコアで回れるように頑張ります。それと、ツアープレーヤーと試合で一緒に回れるチャンスはなかなかないですから、緊張はするでしょうけど楽しんでプレーしたいですし、コースマネジメントやリズム、テンポなど勉強させてもらいたいです」(東選手)

ツアープロと一緒にプレーしたい人は…

ちなみに東選手が代表を務めるイーストパーク社は、ツアー優勝プロと一緒にラウンドができる予約サイト「EP GOLF」を運営している。予選を勝ち抜いて大会に出場しなくても、男子プロに真剣勝負を挑んだり、上達のアドバイスをもらったりできるサービスなので、興味のある方は利用してみてはいかがだろうか。

と、最後は自作自演的なオチになったが、「ゴルフパートナーPRO-AMトーナメント」は明日22日が最終日。プロたちの優勝争いとあわせて、アマチュア選手のプレーにも注目だ。

SHARE

PROFILE

フクダトモオ

EVEN / 副編集長

フクダトモオ

1973年生まれ。業界紙記者、フリーライター、ゴルフ週刊誌編集を経て枻出版社へ。187センチの長身で、自称“用賀のビッグイージー”。スイング理論からPGAツアー、ギア、コース、さらにはゴルフ女子に至るまで守備範囲は広い。ベストスコア78、平均スコア90。

フクダトモオの記事一覧

1973年生まれ。業界紙記者、フリーライター、ゴルフ週刊誌編集を経て枻出版社へ。187センチの長身で、自称“用賀のビッグイージー”。スイング理論からPGAツアー、ギア、コース、さらにはゴルフ女子に至るまで守備範囲は広い。ベストスコア78、平均スコア90。

フクダトモオの記事一覧

No more pages to load