BRAND

  • FUNQ
  • ランドネ
  • PEAKS
  • フィールドライフ
  • SALT WORLD
  • EVEN
  • Bicycle Club
  • RUNNING style
  • NALU
  • BLADES(ブレード)
  • flick!
  • じゆけんTV
  • 湘南スタイルmagazine
  • ハワイスタイル
  • buono
  • eBikeLife
  • Kyoto in Tokyo

アップルウォッチはゴルフでも大活躍!おすすめの使い方を紹介

スマートフォンと連携することで腕時計以上の機能を持つスマートウォッチ。中でも人気のアップルウォッチ(Apple Watch)はスポーツやワークアウトなどでも活用できるすぐれものです。せっかくの便利ガジェットなので、趣味のゴルフにも使えたらいいな、と考える人は多いかもしれません。

結論から言うと、アップルウォッチはゴルフでも使えます!本体単体でも、ゴルフアプリを追加しても、ゴルフ場での頼れるアシスタントとして活躍してくれること間違いなしです。

そこで今回のテーマは「アップルウォッチ × ゴルフ」。おすすめの使い方や便利なアプリなど、アップルウォッチをゴルフで活用するヒント満載でお届けします。

アップルウォッチは
ゴルフにも使える

基本的にアップルウォッチはiPhoneと連携して使います。iPhoneを取り出すことなく電話に出ることができたり、お財布を取り出すことなくキャッシュレス決済ができたり、手元だけで様々な作業が完結する日常生活に便利なガジェットです。

その特徴のひとつとしては、フィットネストラッカー機能が搭載されているところです。運動時間を記録したり、心拍数を計測したり、消費カロリーを計算したり、スポーツシーンやワークアウトをアシストしてもらう、という使い方ができるのです。

もちろんゴルフでも大活躍。スコアの記録からGPSを活用した距離計測まで、ゴルフラウンドのお供に最適です。ゴルフアプリを追加すれば、さらに自分に合わせた活用方法が見つかることでしょう。

アップルウォッチが
ゴルフにおすすめな6つの理由

アップルウォッチが得意とする記録、管理、計測、情報収集。これらの機能はすべてゴルフプレイでも活用できるものです。具体的には以下の理由でおすすめです。

スコア管理

ゴルフのスコアを記録するアプリは何種類も出ています。こうしたアプリを活用すれば、スコア表などを出し入れすることなく、アップルウォッチだけでスコアの記録が可能です。自動で計算してくれるので大変便利ですね。

GPSで距離測定

アップルウォッチにはGPSモデルがあり、GPSモデルはその名の通りGPS機能が内蔵されています。GPSを内蔵しているのでアップルウォッチ単体で位置情報の確認や距離計測なども可能です。

スイングの解析

アップルウォッチは身体の様々な動きを解析する機能がついています。正しく手首に装着すれば、アップルウォッチが角度や速度などを計測し、そのデータを活用してゴルフスイングの解析ができるのです。

風の様子などの天気情報

ゴルフラウンドで重要な情報のひとつは気象関連。雨や風など、プレーに影響するデータをアップルウォッチなら気軽に確認できます。ゴルフ場によっては天気が変わりやすいところもありますが、雨雲の接近を知らせてくれる設定もできますよ。

キャッシュレス決済

最近は、ゴルフ場内で現金を使えないところも出てきました。アップルウォッチのキャッシュレス決済機能を使えば、アップルウォッチをかざすだけでスマートにお支払いができますね。

豊富なバンドバリエーション

アップルウォッチは簡単にバンド交換が可能です。しかも販売されているバンドのバリエーションが豊富なので、自分好みのもの、スポーツに適したもの、ゴルフウエアとマッチするものなど、選択肢が広がります。そんなファッション面でもアップルウォッチはおすすめなのです。

アップルウォッチで使える
おすすめゴルフアプリ4選

本体に最初から搭載されている機能や定番のお天気アプリを入れるだけでもゴルフ場で活躍してくれるアップルウォッチですが、ゴルフ専用のアプリをインストールすれば、さらに使えるガジェット化することができます。

【スコア管理】
ゴルフスコアカウンター

画像キャプチャ元:App Store

アップルストアの「スポーツ」カテゴリでなんと第1位に輝いたこともあるスコア管理&打点記録のアプリ。アップルウォッチ本来のヘルスケア機能と連携できるようになっているので、ラウンド中の消費カロリーまで記録できます!そのシンプルさが使いやすいと評判も上々。電池の持ちを買い切り価格なのもうれしいですね。

料金:490円
評価:App Store で ★4.4

App Storeでみる

【GPS距離測定】
ゴルフな日Su

画像キャプチャ元:App Store

全国約2500コースのホールレイアウトに対応しているゴルフナビアプリの本格派。フェアウェイの高低差がわかるマップでホール攻略も万全です。風向きを表示してくれたり、ピンポイントな天気を知らせてくれたり、天気の状態を確認する機能もあります。ショット履歴は自動で記録してくれてとても便利。数あるゴルフナビ系のアプリの中では評価が高めなのもうなずけますね。レビューなど利用者の声にしっかりデベロッパーが答えてアップデートも頻繁なところが好印象のおすすめアプリです。

料金:プレミアム会員 360円/月
評価:App Store で ★3.1

App Storeでみる

【スイング解析】
Golf Swing Analyzer

画像キャプチャ元:App Store

腕に装着したアップルウォッチのモーションセンサーが傾きや速度などを計測し、そのデータの解析結果からハンドスピードやスイング面などを確認できるアプリ。使用時にインターネット接続環境がなくても使用可能。データはクラウドに保存され、いつでも参照できます。左利き、右利き、どちらのゴルファーにも対応しています!

料金:無料(詳細確認したい場合はプレミアム会員登録が必要。$9.99/1,220円)
評価:App Store で ★3.5

App Storeでみる

【スイング解析】
Zepp Golf

画像キャプチャ元:App Store

こちらもスイングフォームをチェックすることができる無料アプリ。手首の動きを感知して、スイングごとにテンポやスイングの速度を測定、分析してくれます。自分のスイングの軌道が見えるのは楽しいですよね。アップルのヘルスケア機能と連動させることもできます。

料金:無料
評価:App Store で ★3.0

App Storeでみる

アップルウォッチを使うときに気をつけること

これまで見てきたようにゴルフシーンで大活躍するアップルウォッチですが、注意点もいくつかあります。

防水・雨の心配

精密機器であるアップルウォッチ、突然の雨などに濡れて大丈夫なのか不安になるかもしれません。アップルウォッチは耐水性能はありますが防水仕様ではないので、水圧がかかる環境で使うことは避けましょう。着用したままサウナやスチームルームに入ることもNGです。運動中の着用は想定内なので、汗や雨などゴルフ中に考えられる程度の水にさらされることは問題ありません。

アップル公式の説明では、石鹸・香水・日焼け止め・虫よけなどの付着も避けるようにとなっています。バンドによっては耐水性ではないものもあるのでその点の注意も必要です。

プレー中の衝撃

アップルウォッチはスポーツ時の着用を想定しているので、多少の振動などは問題ありません。けれども、落とすなどの衝撃を与えることは避けるようにとアップル公式でも言われていますので、ボールの直撃などには注意しましょう。市販の保護カバーを装着する、衝撃吸収性能の高いバンパーとバンドが一体型のものを利用する、などの対応もおすすめです。

精度が完璧ではないこと

身体の動きを計測したり、GPSでデータを収集したりといったことが得意なアップルウォッチですが、ゴルフの専用機器として設計された専用の測定器や距離計測機と比較すると、精度は完璧ではありません。頼りにしつつ頼りすぎない、そんな距離感で活用するといいかもしれませんね。

バッテリー消費量

ゴルフ関連のアプリなど、常時モニタリングをするような使い方はバッテリーの消費量が大きいことがあります。一般的なスポーツの中ではプレー時間が長いゴルフ。プレー途中の電池切れを防ぐためには、休憩時間などにアプリの使用を一時停止するなど工夫しながら使うことも視野に入れるとよいでしょう。

アップルウォッチを身につけて、快適なゴルフライフを!

今回は、アップルウォッチをゴルフで活用するノウハウを見てきました。アップルウォッチにゴルフアプリをインストールすれば、スコア管理が自動でできたり、距離計測をしてもらえたり、スイングフォームを確認できたり、ゴルフをより楽しめるアシスタントになってくれることでしょう。

スポーツ時の使用に適したアップルウォッチですが、水圧のかかる環境での使用や日焼け止め等の付着は避けた方がいいですし、過度な衝撃を与えるような使い方も故障の原因となります。そうしたことに気をつけながら、アップルウォッチと一緒に楽しくラウンドを回れたらいいですね!

SHARE

PROFILE

FUNQスタッフ

FUNQスタッフ

「好き、を生きよう」を地で行く、FUNQスタッフ。 初心者から上級者まで、知りたい情報をわかりやすくお届けしています。

FUNQスタッフの記事一覧

「好き、を生きよう」を地で行く、FUNQスタッフ。 初心者から上級者まで、知りたい情報をわかりやすくお届けしています。

FUNQスタッフの記事一覧

No more pages to load