BRAND

  • FUNQ
  • ランドネ
  • PEAKS
  • フィールドライフ
  • SALT WORLD
  • EVEN
  • Bicycle Club
  • RUNNING style
  • NALU
  • BLADES(ブレード)
  • flick!
  • じゆけんTV
  • buono
  • eBikeLife
  • Kyoto in Tokyo

MEMBER

  • EVEN BOX
  • PEAKS BOX
  • Mt.ランドネ

冬のラウンドに革命をもたらす『g-arc』の機動力

冬ゴルフこそ機能にこだわるべきだ。昨今のゴルフウエアの進化に伴い、着込んでも動きやすいという利便性は年々改良されている。これがよく考えられた、ゴルファーのためのものであればベストパフォーマンスに導いてくれるハズだ。その点、こちら「デサントゴルフ」のフラッグシップモデル『g-arc』は他を寄せ付けず、一歩抜きん出ているといわれる。こだわりぬいた、細部に宿るハイスペックな仕様に、機能素材をふんだんに盛り込んでおり、ラウンドで着るだけでその違いがおわかり頂けるだろう。

寒いときこそトコトン機能にこだわるべし

本物のゴルファーが求める機能を具現化した、究極のゴルフアウターが誕生した。デサントゴルフのロゴが左腕にさりげなくレイアウトされ、華美な装飾を削ぎ落としたソリッドなデザイン。寒さを凌ぎ、かつ暖かくなければならない、そんな冬用ゴルフアウターには、パーツに最適な素材を組み合わせ、無縫製で仕上げられている。

保温性を高めるために、胸部と背中部はGORE-TEXストレッチウーブンに、再生羽毛を圧着技術で閉じ込めたブロックで形成。高機能ダウンが肌と外気の間に空気層を作り、いつ何時も寒さをシャットアウトしてくれる。ダウン部分にも適度なストレッチ性を持たせ、スイング時の窮屈感を払拭する。

肩から腕部分にかけてはGORE-TEXストレッチボンディングを用い、裏地はフリース、表地は防風、耐水、ストレッチ機能を備える。このGORE-TEXだが、ストレッチ性のある素材を合計3種類使用しており、適材適所に配しているところにも驚きである。

スイングアークで最も伸び縮みの必要なパーツだけに素材と機能で答えてくれる。また、脇部分は最適な可動域をもたらすアークカットが肝となる。これは上下の可動域に加え、スイング時にマストな前後の可動域を広げてくれる効果がある。

左右にポケットを用意。取り扱いやすいスライダーに、止水ジップまで。浸水を防ぎ、雨天のラウンドも安心できる。

首元から流入する冷たい風が一因で、保温性が損なわれることもある。ネック周りのカッティングをこだわることで、体にフィットしかつ防寒にもなる。ドライバーのフルスイングでも、パッティングでも邪魔にならないのが嬉しい。

【g-arc】
グリーンダウンジャケット
詳細はこちら

美シルエットが持続するパンツ

独特なハリ感がありキレイなシルエットが自慢のパンツ。抗菌防臭機能もあり、これはトリポーラス素材のなせるワザ。かがんだり、ヒザを曲げ伸ばしたり、といった効率的なストレッチがほしいのがパンツ。「MOTION 3D」を採用し、快適に動けるのはもちろんのこと、常に美しい姿を維持しながら、下半身への負担を軽減し、スイング時の安定性を高めてくれる。

【g-arc】
T/Rストレッチパンツ
詳細はこちら

キャップもミニマムルック

コーディネートに欠かせないのがシンプルなキャップ。素材感が他ともマッチし、控えめなブランドロゴがこれまた高級感を演出。ベンチレーション機能をそなえ、頭上のムレなどを解消してくれるあたりは流石。

【g-arc】
キャップ
詳細はこちら

着ればすぐわかる『g-arc』のすごさ

今回フラッグシップモデルとなる『g-arc』の魅力を紹介したのだが、快適なラウンドを約束する、贅沢すぎる機能性の数々。それらがどれも主張することなくモノトーンのスタイルに馴染む。

着るもののみが知る、こだわり抜いたハイスペック機能。ストイックにゴルフに取り組む諸兄にこそオススメしたい。真冬のほうがスコアが良くなる!? そんな夢みたいなことを叶えてくれる逸材なのかもしれない。次元の違う動きやすさはぜひ体感頂きたいものだ。

 

【g-arc】グリーンダウンジャケット¥97,900
【g-arc】T/Rストレッチパンツ¥42,900
【g-arc】キャップ¥9,790
問い合わせ先:デサントジャパン お客様相談室/03-5979-6101

 

 

SHARE

PROFILE

公文裕介

公文裕介

“邪悪なクモン”という業界内での異名を持つが、実は心優しいサウナー。独特なファッションセンスは異彩を放ち、本誌スタイリスト陣からも一目を置かれる存在。ゴルフショップ特集やグルメ特集などを好んで担当するが、それは単に旅に出たいだけという指摘もある。

公文裕介の記事一覧

“邪悪なクモン”という業界内での異名を持つが、実は心優しいサウナー。独特なファッションセンスは異彩を放ち、本誌スタイリスト陣からも一目を置かれる存在。ゴルフショップ特集やグルメ特集などを好んで担当するが、それは単に旅に出たいだけという指摘もある。

公文裕介の記事一覧

No more pages to load