BRAND

  • FUNQ
  • ランドネ
  • PEAKS
  • フィールドライフ
  • SALT WORLD
  • EVEN
  • Bicycle Club
  • RUNNING style
  • NALU
  • BLADES(ブレード)
  • flick!
  • じゆけんTV
  • buono
  • eBikeLife
  • Kyoto in Tokyo

MEMBER

  • EVEN BOX
  • PEAKS BOX
  • Mt.ランドネ

女子プロのファッションチェック! 吉田優利の開幕戦コーディネートぜんぶ見せます

吉田優利 × トミーヒルフィガー

国内女子ツアー開幕戦「ダイキンオーキッドレディス」最終日、8位タイから逆転優勝を狙った吉田優利だったが、スコアを崩して通算3オーバーの38位位タイで今季初戦を終えた。次週以降の巻き返しに期待しつつ、今大会で吉田が着用した「トミーヒルフィガー」のファッションコーディネートを紹介しよう。

太幅のボーダー柄がプレッピー

初日は、幅の太いボーダー柄がプレッピーな印象のクルーネックニットセーターに、ネイビーのロングパンツを合わせた。ニットはサッカー生地で清涼感があり、グリーンのラインがアクセントになっている。

滑りの良い軽量ポリエステルツイルを使用したロングパンツは、サイドの刺繍ロゴとバックポケットの配色がポイントだ。

遊び心のあるバスケ風ベスト

2日目は、袖口の太幅リブとロゴデザインが効いたライトグリーンのポロシャツに、バスケットボールのユニフォームをイメージしたベストを組み合わせた。カレッジロゴを効かせた遊び心のあるデザインが面白い。

ロゴ入りリブがアクセントに

3日目は白いモックネックインナーに、重ね着風の衿元と袖口のロゴ入りリブがお洒落なライムグリーンのロゴカフスシャツを合わせた。スカートはバックプリーツとフラッグ配色がポイント。

デニム風のフロントボタンスカート

最終日は、2日目にも着用したバスケットメッシュニットのピンクカラーをチョイス。デニム風のシャンブレー素材を使用したフロントボタンスカートを組み合わせたカジュアルなコーディネートだ。

SHARE

PROFILE

フクダトモオ

EVEN / 副編集長

フクダトモオ

1973年生まれ。業界紙記者、フリーライター、ゴルフ週刊誌編集を経て枻出版社へ。187センチの長身で、自称“用賀のビッグイージー”。スイング理論からPGAツアー、ギア、コース、さらにはゴルフ女子に至るまで守備範囲は広い。ベストスコア78、平均スコア90。

フクダトモオの記事一覧

1973年生まれ。業界紙記者、フリーライター、ゴルフ週刊誌編集を経て枻出版社へ。187センチの長身で、自称“用賀のビッグイージー”。スイング理論からPGAツアー、ギア、コース、さらにはゴルフ女子に至るまで守備範囲は広い。ベストスコア78、平均スコア90。

フクダトモオの記事一覧

No more pages to load