BRAND

  • FUNQ
  • ランドネ
  • PEAKS
  • フィールドライフ
  • SALT WORLD
  • EVEN
  • Bicycle Club
  • RUNNING style
  • FUNQ NALU
  • BLADES(ブレード)
  • flick!
  • じゆけんTV
  • buono
  • eBikeLife
  • HATSUDO
  • Kyoto in Tokyo

STORE

MEMBER

  • EVEN BOX
  • PEAKS BOX
  • Mt.ランドネ

富士のふもとで女子ツアー「リシャール・ミル ヨネックスレディス」開幕!

6月2日〜4日に朝霧ジャンボリーゴルフクラブで!

国内女子ツアーの今季第14戦「リシャール・ミル ヨネックスレディスゴルフトーナメント2023 in 朝霧」が、6月2日(金)〜4日(日)に静岡県富士宮市の朝霧ジャンボリーゴルフクラブで行われる。

昨年は稲見萌寧が初日から首位を守る完全優勝を果たした。

本大会は昨年まで新潟県のヨネックスカントリークラブで行われていたが、同CCと提携する朝霧ジャンボリーGCの運営母体である前川製作所が、2024年に創業100周年を迎える記念事業の一環として行われる。

選手たちが富士山にむかって豪快なショットを打つ姿を楽しめそうだ。

朝霧ジャンボリーGCは富士山の西麓に位置し、340万㎡の広大な敷地を生かしたゆったりしたレイアウトと、すべてのホールから霊峰・富士を望むロケーションの良さが特徴だ。トーナメントを開催するのは1977年の男子ツアー「関東オープン」以来なので、初めてプレーする選手が多いことも予想される。

ベストスコア賞500万円は誰の手に!?

昨年は15番ホールが「リシャール・ミルホール」とされ、500万円のベストスコア賞がかけられた。

本大会は昨年からスイスの高級時計ブランド「リシャール・ミル」が特別協賛に加わり、賞金が増額されるなどスケールアップ。また、15番パー4に500万円のベストスコア賞がかけられたり、大会期間中に出場全選手が獲得したバーディ数×1万円、イーグル数×2万円をNPO法人に寄付されたりといった取り組みが行われた。ベストスコア賞やチャリティは今大会でも引き続き行われる予定だ。

昨年はホステスプロでツアールーキーだった岩井千怜がベストスコア賞を獲得した。

リシャール・ミル ファミリー参戦!

今大会にはホステスプロの一人として、リシャール・ミル ファミリーの青木瀬令奈、成田美寿々も出場予定。青木は3月の「Tポイント×ENEOSゴルフトーナメント」でツアー通算4勝目を挙げており、目標に掲げるシーズン複数回優勝に挑む。

リシャール・ミル所属選手として今大会を迎える青木瀬令奈。

 

昨年の大会では最終日に66を叩き出して猛烈な追い上げを見せたが、「いわゆる裏街道(INスタート)だったので、最終18番ホールを盛り上げることができませんでした。リシャール・ミルの所属選手として今大会を迎えられることをうれしく思いますし、最終ホールを盛り上げられるように頑張ります」(青木)と意気込みを語っている。

今シーズンはツアーの出場を控えている成田も、ホステスプロとして迎える大会に気合い十分。成田らしいアグレッシブでエキサイティングなゴルフに期待したいところだ。

大会公式サイト https://richardmille-yonexladiesgolf.jp/

SHARE

PROFILE

フクダトモオ

EVEN / 副編集長

フクダトモオ

1973年生まれ。業界紙記者、フリーライター、ゴルフ週刊誌編集を経て枻出版社へ。187センチの長身で、自称“用賀のビッグイージー”。スイング理論からPGAツアー、ギア、コース、さらにはゴルフ女子に至るまで守備範囲は広い。ベストスコア78、平均スコア90。

フクダトモオの記事一覧

1973年生まれ。業界紙記者、フリーライター、ゴルフ週刊誌編集を経て枻出版社へ。187センチの長身で、自称“用賀のビッグイージー”。スイング理論からPGAツアー、ギア、コース、さらにはゴルフ女子に至るまで守備範囲は広い。ベストスコア78、平均スコア90。

フクダトモオの記事一覧

No more pages to load