BRAND

  • FUNQ
  • ランドネ
  • PEAKS
  • フィールドライフ
  • SALT WORLD
  • EVEN
  • Bicycle Club
  • RUNNING style
  • FUNQ NALU
  • BLADES(ブレード)
  • flick!
  • じゆけんTV
  • buono
  • eBikeLife
  • HATSUDO
  • Kyoto in Tokyo

STORE

MEMBER

  • EVEN BOX
  • PEAKS BOX
  • Mt.ランドネ

杉浦悠太が「トミー ヒルフィガー ゴルフ」と世界を目指す!

クールなアメリカンスピリットが息づく「トミー ヒルフィガー ゴルフ」のウェアを、今シーズンから着用してツアーを戦うのが杉浦悠太プロだ。衝撃的なアマチュアでのツアーVを経て迎えるプロ1年目の意気込み、ウェアの気に入っているポイントやファッションのこだわりを聞いた。

「今シーズンの目標は賞金王です!」(杉浦)

2001年9月12日生まれ、愛知県出身。福井工大付属福井高2年時に日本ジュニアゴルフ選手権で優勝する。2019年にナショナルチーム入り。日本大学に進学し、在学中の2023年に「ダンロップフェニックストーナメント」で史上7人目のアマチュア優勝を飾ってプロ転向。今季から「トミー ヒルフィガー ゴルフ」のウェアを着用してツアーを戦う。

袖の配色がアメリカンなポロはさらりと軽いポリエステル素材を使用。テーパードパンツはヒップ部分がベンチレーション仕様だ。ポロシャツ13,200円、パンツ16,500円、ベルト8,800円。

スタイリッシュなウェアとアグレッシブなプレーに注目

アシンメトリーなストライプデザインがポイントのシャツと、ハリ感とストレッチのあるライトクロスを使用したパンツの組み合わせ。ポロシャツ13,750円、パンツ16,500円、ベルト8,800円。

「コーディネートはその日の気分で決めます」(杉浦)

「名古屋のゴルフショップでトミー ヒルフィガー ゴルフのウェアを見て、すごくお洒落なデザインだなと思ったのが第一印象です。実際に着てみると、生地の肌ざわりが良く、ストレッチ性も抜群でとても動きやすい。最高のゴルフウェアだと思っています」(杉浦)

豊富なアイテムの中から、その日に着るウェアを選ぶのが楽しいという杉浦プロ。コーディネートはどのように決めているのだろうか。

「その日の気分で決めることが多いですね。上を決めて、下を決めて、キャップは最後かなあ。一応、母校である日本大学のスクールカラー、ピンクが勝負カラーですが、トミーはカラバリも豊富なのでいろんな色を着こなしたいですね」(杉浦)

初のモデル役も「楽しかった」とのこと。父・博倫氏が「緊張しているのを見たことがない」と評する強心臓の持ち主だ。

トミー ヒルフィガー ゴルフといえば、今季から米女子ツアーでプレーしている吉田優利プロも着用している。

「先日お会いする機会があって、その時にウェアの話もしました。とても着こなしが上手な選手ですよね。僕もいずれは世界のツアーで戦いたいと思っています」(杉浦)

最後に今シーズンの目標を聞くと、迷うことなく「賞金王です!」と話してくれた。ルーキーイヤーではあるが、昨季は同じく本格参戦1年目の中島啓太プロが賞金王のタイトルを獲得しており、すでにビッグトーナメントの優勝経験がある杉浦プロならチャンスは十分にあるだろう。

「もう少しパッティングを決めきれるようになればビッグスコアを出せると思うので練習します。アグレッシブなプレーで頑張りますので応援よろしくお願いします」(杉浦)

トミー ヒルフィガー ゴルフとともに賞金王を目指す杉浦プロに注目だ。

トミー ヒルフィガー ゴルフのおすすめ春夏コレクション

左上/さらりと軽いポリエステル素材を採用したモックネックシャツ。衿後ろのシグネチャーストライプとフロントロゴがポイント。11,000円。右上/前立てのトリコロールラインがスポーティなスキッパータイプのポロシャツ。バックにはトラックをイメージしたシーズンロゴ入り。14,300円。左下/サスティナブルなリサイクルポリエステルを使用したカラーブロックシャツ。先染めのボーダー柄がコース映え間違いなし。13,750円。右下/全面にプリントしたハンドタッチのモノグラムプリントと衿のシャガードロゴが印象的なポロシャツ。15,950円。
左/裏側が点接触で肌へのベタつきを軽減するポリエステルドビーを使用したショートパンツ。全面にプリントしたハンドタッチのモノグラムプリントが印象的だ。17,600円。中・右/上品な印象のポリエステルツイルを使用した5ポケットタイプのレギュラーショートパンツ。ネイビー、グレーなど6色展開もうれしい。各14,850円。
左/トミーフラッグのワンポイントをフロントに施したキャップ。リアアジャスターのベースパーツにラバー素材を使用し、着用時の圧迫感を軽減してくれる。4,950円。右/スタイリッシュなデザインのブランドロゴ入りキャップ。ゴルフシーンだけでなく、タウンユースでも合わせやすい。4,950円。
左/ブランドイメージを落とし込んだシンプルなデザインに、軽量シボ合皮を使用したカートタイプのキャディバッグ。口枠5分割。セパレーター3分割。39,600円。右/ロゴが織り込まれたテープがデザインポイントのキャディバッグ。上部から握りやすい金属パイプの口枠仕様で、ポケットが多く収納力も抜群。テープに取り付けられたDカンにはポーチやタオルを取り付けられる便利機能付きだ。口枠5分割。セパレーター3分割。47,300円。

ヤマニゴルフ
公式ウェブストアへ

SHARE

PROFILE

フクダトモオ

EVEN / 副編集長

フクダトモオ

1973年生まれ。業界紙記者、フリーライター、ゴルフ週刊誌編集を経て枻出版社へ。187センチの長身で、自称“用賀のビッグイージー”。スイング理論からPGAツアー、ギア、コース、さらにはゴルフ女子に至るまで守備範囲は広い。ベストスコア78、平均スコア90。

フクダトモオの記事一覧

1973年生まれ。業界紙記者、フリーライター、ゴルフ週刊誌編集を経て枻出版社へ。187センチの長身で、自称“用賀のビッグイージー”。スイング理論からPGAツアー、ギア、コース、さらにはゴルフ女子に至るまで守備範囲は広い。ベストスコア78、平均スコア90。

フクダトモオの記事一覧

No more pages to load