BRAND

  • FUNQ
  • ランドネ
  • PEAKS
  • フィールドライフ
  • SALT WORLD
  • EVEN
  • Bicycle Club
  • RUNNING style
  • FUNQ NALU
  • BLADES(ブレード)
  • flick!
  • じゆけんTV
  • buono
  • eBikeLife
  • HATSUDO
  • Kyoto in Tokyo

STORE

MEMBER

  • EVEN BOX
  • PEAKS BOX
  • Mt.ランドネ

「ミズノ」の寝具「リフル マットレス 700」登場

2023年のタイ取材の際に宿泊した、パタヤビーチの高級リゾートのベッドの寝心地が忘れられない。硬すぎず柔らかすぎず、沈みすぎず反発しすぎずで、丁度良い塩梅。寝心地良すぎていつまででも寝ていられた(というか、普段の睡眠なんてすぐに腰が痛くなって、とても長い時間など寝ていられない)。あまりにも快適だったので、それがどこのメーカーのベッドかアレコレ調べたりもした。結局分からずじまいだったけど。残念だ。

あの極上の寝心地に“再会”

さて、あの総合スポーツメーカー「ミズノ」から寝具が発売されているのをご存知だろうか。いや、僕は知らなかった。ということで、「マットレスを是非一度使ってみてください」と有難いオファーを受け試してみた。横になった瞬間「!!!!」、あのパタヤで体験した極上の記憶が蘇える!

どうやら高反発系のマットレスで網状の繊維が絡み合って形成されるつくり。上、下の層で繊維の固さが異なり、それによって程よい柔らかさで身体全体を支えてくれるという算段。写真を見ると、頭から足先まで6つのゾーンに分けられていて形状が異なるのだが、これは身体のそれぞれの部位を支えるのに適した設計ゆえの意匠。これらによって、あの絶妙すぎる寝心地となっているのだ。

身体の動きをひたすら研究してきたミズノが生み出した休息のためのプロダクト。僕としては感謝の言葉しか浮かばない。

6つのゾーンに分かれた設計。それぞれ骨や筋肉の凹凸に沿うように身体を支える仕組み。

上層、下層で異なる固さの繊維を使用し、中間層で圧力を分散させる3層構造が柔らかさの秘密。

網状の繊維なので通気性は非常に高い。布団内は湿度が溜まりやすいのでこれも大きな利点。

「リフル マットレス 700」シングル88,000円、セミダブル99,000円、ダブル115,500円

【お問い合わせ先】
ミズノお客様相談センター(0120-320-799)

SHARE

PROFILE

水上貴夫

EVEN / 編集長

水上貴夫

モノ誌、ファッション誌を渡り歩き2008年に『Real Design』を作りたいと、枻出版社に入社。わずか1年半で編集長となるもその数か月後、朝4時に担当役員から「来週から『EVEN』の編集長やって」といわれて早10年を数える。もうすっかりゴルキチ。

水上貴夫の記事一覧

モノ誌、ファッション誌を渡り歩き2008年に『Real Design』を作りたいと、枻出版社に入社。わずか1年半で編集長となるもその数か月後、朝4時に担当役員から「来週から『EVEN』の編集長やって」といわれて早10年を数える。もうすっかりゴルキチ。

水上貴夫の記事一覧

No more pages to load